俺が過保護な姉の前から姿を消すまでの話

無花果

好きな人 1

姉から姿を消したとは言うが、そう思った理由、切っ掛け、色々ある中何処から話せばいいのか。
端的に話せたら楽なのだが、一先ず
俺に好きな人が出来たと言う所から。

姉と俺の共通の知り合いであり、俺の好みどストライク。
小柄で男女問わず誰からでも愛される様な優しい子。
それを八方美人とも言うんだろうが名を小日向と言う。
好意と言うものはどう足掻いても持っている以上隠しきれないもので、傍目からしたらバレバレなものだったんだと思う。
当然姉もそれには気付く訳で、他人の色恋沙汰なんて放っておいて欲しいものだけどそうもいかなかった。
禁忌の恋をしている訳でも無いのだが、いつの間にか許されない恋の扱いになってしまって。
細々となるべく面倒事を避けて過ごしていた俺の世界は、その日から独占欲の強い姉に睨まれ、彼女と二人で遊ぶだけで小言を食らう様なそんな面倒極まりない世界と化した。

「遊んでると私まで文句言われるの嫌だよ」

こうなってくると色々と影響力の強い姉の言葉は周りの思考すら変えてしまう力がある様にも思えてくる。
小日向が姉と仲が良かったばかりに俺の先手先手を取られ、俺と小日向を引き剥がそうと言う魂胆が丸見えの中、俺は小日向を諦めざるを得なかった。

元々小日向と俺は住んでる地域もそう近くはない、俺に遠距離恋愛が出来るかと言われればそんな堪え性も無い。
けど好きだと思える相手がいるだけで満足だった。
出来れば触れないで欲しかった。
だが自分よりも優先された他人がいるというだけで姉は癇癪を起こす。
姉とその延長線上の事で喧嘩をした事もあったが、感情論の上に感情論をぶつける様な酷い会話が三時間近く続いただけだったので話に解決も何も無くただただお互いが徒労に終わっただけだった。

結果的に俺が下した判断は、小日向より姉を優先したと言う事と同義になってしまった。
当の本人に悪意も何もなく、そこにあるのは単なる過保護過ぎる歪んだ姉弟愛なのは重々承知の上で
心の底からそれが邪魔だと思ったのが一つ目

「俺が過保護な姉の前から姿を消すまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く