異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

ゼーテ 「決意」

「シーヴァ、入るよ」

ノックもせずにいきなりそう言いながらドアを開けて中に入る。
ゼーテの予想通り、兄シーヴァは窓からぼんやり外を眺めていた。

「調子は?」
「……良くはないな。見ての通り、外観は綺麗だがね」

そう言って朗らかに笑うシーヴァの体の表面の傷は綺麗に治っている。
しかし、ゼーテは医者からこんな話を聞いていた。

「シーヴァ様の容態ですが、外見からは分かりませんがかなり悪いです。傷口一つ一つが余りにも細く深い」
「つまり、外傷より体内へのダメージが深刻なのです。回復に向かってはいますが、一週間以上は前線に出られないでしょう」

それを聞いた時、ゼーテは地の底に叩き込まれたような感覚に陥った。
シーヴァを見て改めて湧き上がったその感情が表情に出てしまったらしい。

「おいおい、そんな泣きそうな顔するなよ?僕はこの通り生きてるし、ルカさんも元に戻った。万々歳じゃないか」
「万々歳!?これのどこがよ!!」
「アンタが内臓ズタズタにされてベッドに寝てることが!?私の腕が関節と逆方向に曲がったことが!?周辺の街一帯が崩壊して死傷者が大量に出たことが!?」

ゼーテは壁に右手の拳を叩き付けながら叫ぶ。

「ゼーテ、落ち着け。こうなったものは仕方ないだろう?もう鎮静化したのだから……」
「良くない!1ミリも良くないわ!!私の怪我はもうすぐ治るからいい!でも、でも………」

激情のままに言葉をぶつけるゼーテと、どこか物悲しい目をしてそれを受け止めるシーヴァ。
この兄妹の対照的な性格には理由がある。

「……僕だけの前でくらい、自分を作らなくてもいいだろう?」
「う……るさ…………」
「目尻に涙が零れ落ちかねないくらい溜まってるぞ?17年もの間ずっと隣に立ち続けた僕に隠し事なんて無駄だ」

その言葉を聞くと、ゼーテは黙ってしまった。
唇をぎゅっと結んだままゆっくりと歩いて行き、ベッドの端に腰掛けた,

「……なあ、ゼーテ。もう無理しなくても良いんだぞ?」
「「魔眼」なんてただのリスクの塊だ。僕を気遣ってその体に無理やり宿しておく必要も無いだろう?」

薄暗い部屋でも不自然な輝きを放つ妹の銀色の髪を撫でながら、シーヴァは言う。

「僕はもうお前に怪我なんてして欲しくない。戦って傷付くのは僕だけで十分だ。なあ、頼むよ」
「………………嫌」

シーヴァの「提案」を、ゼーテは涙声で突っぱねた。

「元に戻す方法をちゃんと探そう。ゼーテ、「自分のものでない力」を体に宿し続けたらどうなるか分からないんだぞ?」
「元々なんだ。あの日から成長もしたし、制御できるさ」
「……「黒眼」だけでも眼帯しないと暴発するのに?」
「それは…………………」
「ね?だから、まだ私が借りとく。それに………」
「それに?」
「…………ううん、何でもない。とにかく、この眼帯さえあれば力は制御出来るんだから問題ないじゃない」
「いや、そうは言ってもだな」
「だから大丈夫!10年も経ってるのに変な症状出てないんだから良いでしょ!」

頬を涙で濡らしながらも大声でシーヴァを圧倒するゼーテ。
シーヴァも説得は無理だと悟った。

「全く、泣き虫なのに強情なのは変わらないな」
「泣き虫は余計よ」
「いいや、余計じゃないさ。小さい時はよく虐められそうなお前を助けてやったものだ」
「……思い出したくないわ」
「だろうな。近所のガキ大将に楯突いて叩かれてたこともあったな。あれは正直面白かった」
「……そのガキ大将を殴り飛ばして父さんにお小遣い3分の1にされてたっけ」
「いやいや、本当にあれはおかしいだろ!愛する妹に手をあげた奴を見過ごすわけにはいかない!」

拳を握り締めてシーヴァは断言する。
しかし、ゼーテはそのままこう言った。

「ねぇ、それは、あの「悪魔」相手でも?」
「それ、は……………………」

黙りこくってしまったシーヴァの目を見つめながらゼーテは更に言う。

「アンタは私を守りたいって言うけど、今の状態でどうするっての?」
「……勢いが戻ったな」
「うっさい。ねえ、私決めた。怪我治ったら予定通りマギクニカにケイト達と一緒に行く」
「……そうか。正直、行って欲しくないな」
「でしょうね。でも、いい機会じゃない?しばらくお互いに別行動して相手への感情を見つめ直すには」
「まあ、それもいいか。では、数日後に旅立つ妹に課題をやろう」

指先でゼーテの涙を拭いながらシーヴァは言った。

「そんなに守られるのが嫌なら、借り物じゃない本当の「力」を目覚めさせて戻って来い。お前に才能は絶対にある」
「それまで、その「銀眼」は貸したままにしておこう。忘れるな、僕はいつもお前の隣にいる」
「……カッコつけんなっての」

そして兄と妹は、右手で固い握手を交わす。

「我、「偽りの銀騎士」ゼーテ。内に宿る真の力目覚めさせんために今、我が兄の元を去らん!」
「いい口上だな。良いだろう、僕も待とう!その「偽り」を己から引き剥がし、真なる輝き放つ姿での帰還を期待する!」

握手を終え、頷き合う。
ゼーテはそのまま右手を額に当てて「敬礼」すると、回れ右をして部屋から出ていった。





廊下で、ちょうど同じタイミングで病室から出てきた啓斗と鉢合わせした。

「あ、ルカとの話は終わった?」
「一旦は、な。シーヴァの容態は?」
「全然問題なし。でも、意外と傷が深いっぽくてアイツはマギクニカに同行ムリ。一応話したら?起きてるし」
「そうする。ゼーテもルカと話せ。逆にそっちにはだと思うが」
「……お見通しなのね」
「そりゃ……な。だが、一つだけ言っておく」

啓斗の目は鋭い光を帯びている。

「ルカはまだ不安定だ。あんまり刺激しないでくれ」
「……りょーかい。別に、恨んでない」
「だと、良いんだがな」

そして啓斗はシーヴァの病室に、ゼーテはルカの病室に入っていった。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く