異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

「追放処分済の天使」イヴ

「聞きたいことというのはだな、イヴ。貴様が「ナビゲーター」の役職を超えた対応を異世界人にしているという報告が入っている。そこを確認しておきたい」
「ははあ、さてはメタトロン様直々の遣いですね?」
「察しがいいな。その通りだ。それで、どうなのだ?返答次第では貴様を尋問せねばならん」

そう言うとミカエルはおもむろにサーベルを抜き、イヴに向けた。

「おや?ミカエル様、私の能力をご存知ない?」
「……?どういう意味だ」
「あらぁ、知らないんですねさては。それもそうか、もう数百年も前の話ですしねぇ」
「どういう意味かと聞いている!」

1人で何かを思い返すように遠くを見始めたイヴに向かってミカエルは怒気を飛ばした。

「おわ、怖い怖い。では、最初の質問にお答えしましょうか」
「私はこの場所に来てから、7060名の異世界人の方々をナビゲートしてきました」
「そうして、何度も後悔と挫折、そして絶望を味わい続けました」
「何度も、何度も」

「何度も、何度も、何度も、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も」

「何度も!何度も!自己紹介からやり直して、例の「ガチャ」の説明をして!最後に非情なルールの犠牲になった方々の魂を安らかに消滅させてきました!!」
「何回「この人なら」と思ったでしょうか!何度「これなら魔王を倒せる」と希望を抱いたでしょうか!」
「しかし、結果は全てが異世界人の死。更に、異世界人は死んだらこの世界の生物全ての記憶から自動的に消去される。そのせいで幾度辻褄合わせのために面倒なことをさせられたことか!」

イヴは怒りと憎しみ、悲しみなどが大量に混ざり合った表情をして語る。

「もう何度諦めかけたことでしょうか。魔王を討伐できそうな素質を持った異世界人をピックアップしてはあの「上様」に提出して、転移させて……死なせて」
「今考えれば、「上様」もといメタトロン含めた天界全体で私の苦しむ姿を観て楽しんでたんでしょうね」

一転してイヴはふてくされた顔になる。

「はあ……100年もあんな牢獄みたいな場所で過ごさせられて、やっと出られたと思ったら待っていたのは追放処分」
「翼をもぎ取られて、リングも消されて堕天させられ、そして天界に戻ることすら叶わない」
「それでも、どうにかこの世界の役に立とうと魔王を倒す手助けにためにあんな機械を作って、プログラムして………」
「気づけば、もう何百年あの時から経ったか覚えてないですよ。しかも、私は愚かだった」
「ずっと前から思いつくことが出来たであろう「スナっち」のアイデアすら最近まで思いつかなかった」
「まあ、この世界中の情報集めて整理整頓して内容確認しての作業が終わったのが3、4週間前の話だっていうせいもありますけど」

イヴは疲れ切った顔になったあと、不敵にニヤッと笑った。

「そんな長い長い準備と試行の期間を終えて、ようやく見つけたんですよ。本物の「希望」になりうる人間を」
「それが彼、「藤崎 啓斗」!既にあのベルフェゴールとマモンに襲われたのに死ななかった!ヴァーリュオンの双子騎士の信頼を勝ち取った!」
「呪われた幼女を救った!暴走した半龍人の少女を沈静化させ、守護することまで誓った!」
「彼には他とは違う何かがある!だから、私は決めたんです!彼に最大最高のナビゲートをする代わりに、これを最後の挑戦にすると!」

イヴの声はみるみるうちに、希望に満ちた明るいものに変化していく。

「私は、彼を最後の「主人公」に決めたんです。正真正銘ファイナルトライです。ですから、どうか、どうか……」

そして、笑顔が一瞬にして冷たい威嚇の表情に変わる。

「私達の邪魔をしないでください。ミカエル様がお帰りになったら、もう一切の来訪者を私は敵とみなします」
「ですから……そう、お伝えください。にね」

一通り喋り終わると、イヴはミカエルに背を向けて歩き始めた。






「待て。追放処分を受けたほどの大罪人の貴様が、何故にそこまで一方的に条件を述べる?」
「そんな戯言ざれごとに我々が耳を貸すと思うか?イヴ・「アズラーイール」よ」

背後から投げかけられた言葉、とくに自身の姓にあたる箇所の言葉に過敏に反応した。

「黙れ……!!私をフルネームで呼ぶんじゃあねぇですよ!!」
「さっさと帰りやがってください!それであのゴミ大天使に私の意見を伝えろって言ってんですよ!」

その明らかに激昴した様子を見て、ミカエルはサーベルを構え直す。

「このミカエル、我らの主たる上様への冒涜を見過ごす訳にはいかん。1度貴様に教えておこう。我ら天界軍と貴様に、どれほど力の差があるか」
「へぇ……良いですよ!試してみて下さいよ!でも、逆に言葉を返させていただきますよ!?」







「どうせ血筋で「ミカエル」になっただけだろう貴方の力なんかたかが知れてんですよクソガキが!」
「他の天使たちがどうしてもどうしても殺処分出来なかったから追放せざるを得なかった私に、1対1で勝てるとでも!?」

ブチ切れモードでそう叫んだイヴは、この空間に響き渡るほどの大きさで指を鳴らした。

「いいでしょう!戻った後のお土産話をあげますよ!いかにして私にボッコボコにされたのか、天界の皆さんにお話ください!!」

純白のワンピースがイヴの全身に密着していき、運動を阻害しないラバースーツに変化する。
どこからともなく飛来したイヴ専用の武器を彼女は掴み取った。

「久しぶりにこれを使う!ああ、この指にフィットする冷たい感覚!戦いの前のこの!!」

イヴは、その武器を両の手に

「敵をのに最も適したこの武器!」
「さあ、行きますよ!いやね、私が自分で戦えば魔王討伐かなり楽になるんですが、天使って不便ですよ……ねぇ!?」

イヴが両手に装備したのは、天界で独自生成した専用の合金で作り上げた、1対1で相手を叩き潰すための武器。
イヴ専用の、「ヘヴンズ・スマッシャー」。
それは、彼女の前に立つ邪魔者を完膚無きまでに滅するための拳具である。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く