異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

鎮圧後、その夜

『はぁー、ようやく一息つけましたねぇ。お疲れでしょうから今日はもう寝たらいいんじゃないですか?』

暴走し、巨大な龍と化したルカの沈静化に成功した数時間後、啓斗は半壊した城で無事だった一部屋の中にいた。

「取り敢えずはルカも無事だし、双子も死んでいない。問題は………」

そこで啓斗は押し黙る。
戦闘が終わったあと、すぐに駆けつけたヴァーリュオンの救急隊にルカを渡した。
驚異的な自然治癒力があったとしても現在の彼女は瀕死状態。
明日には治るとしても安静にさせるため啓斗はルカを設備がある場所へ移すことを選択したのだ。
双子はどう見てもシーヴァが致命傷を負っているように思えたが、

「おいおい、僕達を甘く見ないでくれ。この程度では死なないくらい、頑丈に鍛えてある」

と血の滴る顔面をこちらに見せて普段と変わらない笑顔を向けてきたシーヴァには何も言えなかった。
ゼーテは、そんなシーヴァを(シーヴァ自身には見られていないが)心配そうにチラチラと見つめていた。





「それを考えると、俺は大分ラッキーだったようだな」
『ですねー。あんな災害の真っ只中みたいな場所の中心にいてほぼ無傷って、相当な幸運ですよ』
「だろうな。で、一段落ついた所でいくつかお前に質問したい」
『え?お疲れじゃないですか?肉体的ダメージは無くてもあんなに魔法を使いまくったら脳みそヘトヘトなはずですけど』
「それでも確認したいことが2、3個あるんだ。頼む」
『仕方ありませんねぇ。まあ、私もこれが仕事ですし、別にいいですけど』

いつものスマイルを向けながらナビゲーターは啓斗を見る。
彼女は、啓斗がどういう疑問を抱いているかだいたい予想がついているが、敢えて彼の側から質問が来るのを待った。

「まず、戦闘序盤の俺の記憶が飛んだ件についてだ。お前は一部始終を見てたんだろ?教えてくれ」
『はいはい、ではご説明させて頂きますね。
まず、啓斗様がいきなりなんかプッツンして大暴れし始めました。まさに「暴力的」でしたよ。性格も随分荒っぽくなってましたし』

ナビゲーターは啓斗がいつもの冷静な姿とは似ても似つかない荒っぽい性格になっていた状況を思い出しながら言った。

「……やはり、俺の中に何かいるのか?」
『いえ、そういう訳じゃないと思います。恐らく、多重人格ってトコでしょう。どれだけ性格が違っても結局自分なんですから、あんまり気に病まない方が宜しいのでは?』
「そういうものか?」
『詳しいことはこっちで調べときますから、今は安心して下さって結構です』

ナビゲーターは自信満々にそう言い放った。
ナビゲーターの言葉に誤魔化しは無さそうなので、啓斗もそれを信用することにした。

「それで、2つ目の質問だ。「取引」の内容を詳しく教えてくれ」
『やーっぱりそれですよねぇ。啓斗様、一応警告しときますね』
『あの【技能変貌スキルメタモル】は規制が強い、言うなれば外法の技です。万が一、私が無許可でコレをやってるってバレでもしたら、啓斗様もマジで危険な目に遭いますよ?魔王が直々に襲いかかってくるレベルでヤバいですよ?』
『さっきの一回でやめるならやめといた方がいいですよ。その方が安全ですし』

ナビゲーターはかなり念入りに啓斗に注意した。

(ナビゲーターのあの力の入りようを見るに、相当権威のある奴が規制をかけてるらしいな。闇雲に手を出すのは危険か?)
(いや、スキルをある程度狙ったものに変えられるのはかなり重要だ。やはり、ここは危険を冒してでもやるべきだろう)

しかし、啓斗は敢えて危険の中に突っ込んで行った。
彼の意識には登っていないが、心の奥底で「どうせ何が起きても自業自得なのだから仕方ない」と思っているのも影響したのだ。

「……大丈夫だ。教えてくれ、取引について」
『なんか、そう仰る予感はしてましたよ。では、交換条件について言います。それを聞いてもう一度考えて下さい』
『条件は、ある「鍵」を見つけ出して私に提示すること。鍵は合計5本あり、この世界の色んなところに隠されています』
『啓斗様には、その鍵を集めて頂きたいんです。時間はいくらかかっても構いませんが、必ず成し遂げて頂くためにこの「誓約書」にサインを頂きます』

そう言ってナビゲーターが指を鳴らすと、ホログラムの誓約書が出現した。
内容はこうだ。

私、藤崎啓斗は、特別技能【技能変貌スキルメタモル】の使用権限を取得する代わりに、「世界の鍵」をこの命に変えてでも全て集め切ることを誓います。
失敗した場合、魂の処遇を「ナビゲーター」・イヴに全て委ねます。

『これが条件です。本当にいいんですね?良いならば、そこの署名欄に指でお名前を書いてください』
「………分かった」

そして啓斗は、ナビゲーターの「誓約書」に署名した。

『はい、取引成立です!では、明日アップデートとして追加しておきますね。あ、鍵についても明日話しますよ。ご自分で気づいてませんか?啓斗様、今すごい眠そうですよ』
『あ、いっそのこと明日大掛かりなチュートリアルでもやりますか!啓斗様、今の状態だと「世間知らず」ですしね!』

一方的に喋りまくると、そのままナビゲーターは姿を消した。
啓斗は、簡易ベッドに倒れ込むとそのまま寝息を立て始めた。









『いやー、順調順調!全て計画通りに進んでる!』
『ふっふっふ〜ん♪楽しみだなぁ〜!今から楽しみだなぁ〜!!』
『バレなきゃいいんですよ!どれだけ大きい反逆でも、直前までバレなきゃ、それまでは「普段通り」ですからね!』

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く