転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!

黒烏

地龍鎮圧戦 7

「邪魔だっつってんだろ!この雑草共がぁ!!」

まるで何かに取り憑かれたように性格が豹変した啓斗は、街を飲み込んだ大森林の中を猛進していた。

「吹き飛べオラァ!」
「ゴオオォォ………」

啓斗は、両手にガントレットを装備し、更に火炎エンチャントを施している。
両者ともに、通常時の啓斗が使用していなかったものだ。
理由は、正体が掴めないモンスター相手に近接戦闘は効率が良くない、というものだった。
が、現在の彼は逆に直接攻撃で敵を薙ぎ倒す手法を主にしている。

SR【ハイ・パワーガントレット】
両手に鋼鉄のガントレットを召喚する。
ガントレットには筋力増強の魔法陣が刻み込まれており、装備と同時に物理攻撃力が上昇する仕組み。

SR【フレイムエンチャント】
装備している武器に、火炎属性を付与する。
魔法の武器には使用できず、実際に質量を有する物体にしか効果が無い。

「ケッ。現代の不良共の方がまだ手応えあるぜ」
『えーと……啓斗…様?』
「あ?「様」なんて付けんな。気持ち悪ぃ。呼び捨てで良い、呼び捨てで」
『いや、そこは業務立場上の都合と言いますか、その……』
「知らねー。ま、お前も大変なんだろうよ。そこは分かった」
「おっと、それより残りMPいくつだ?」
『ああ、はいはい。えーっと、5950ですね』
「リョーカイ。接近までは俺の好きにやらせてもらう。そっからは作戦立てろ」

ガントレットを装備した両拳をゴツゴツとぶつけ合い、気合を入れ直す。
ついでに首をゴキゴキと鳴らした。

「進軍再開だ。変わらず一直線で……行かせて貰うぜ!」
『アイアイサー!(って、私まで乗せられてる!)』

次々と襲い来る植物や木製ゴーレムを時に焼き、時に殴り飛ばしながら啓斗は進撃を続ける。






状況は入れ替わり、こちらは既に地龍ルカのすぐ近くまで接近している双子とマリーである。

「さて……情報の収集は終わったかな?どう思う?ゼーテ」
『まあ、大体ね。取り敢えず整理しましょうか』
「ああ。まず、攻撃が広範囲のものが多い……というか、逆に単体相手のものがほぼ無い」
『それに、持続型が大半ね。さっきの大森林化も然り、今も周囲に残ってる竜巻攻撃も然り』
「防御力も尋常じゃないな。龍鱗の硬さがまた一段と上昇している。並大抵の攻撃じゃ1ダメージも与えられないだろうな」
『……やっぱり、合体技に頼るしかない?』
「おや、そっちから言うとはね。僕はいつでも行けるぞ。まあ、そっちが恥ずかしいって言うならまだ待っても………」
『だからうるっさーい!!良いわよ!やってやるわよ!ただし、ケイトが到着してからね!』
「分かったよ。まあ、合体技の詠唱中だとお嬢さんの護衛が居なくなるからね」
『そういうこと。それで、今ルカはどうなってる?』
「ああ、それなんだが………」

ここで、現在のシーヴァの状態を説明しよう。
現在シーヴァは、マリーをお姫様抱っこで抱えたまま、有り得ない距離を有り得ないスピードで伸びてくる植物のツルから逃げ回っている。
勿論、飛行魔法は常時発動中だ。

「と、言うわけで僕は現在まともに戦えない!ケイト君が到着したら彼にこの子を預けてすぐに合流する!」
『はい、はい』



「あーもう、なんで私一人でこのヤバい状態のルカの足止めしなきゃなんないの!」
「遥かなる太陽の輝きが生み出せし数多の光槍よ!我が敵に聖なる鉄槌を!【シャイニング・レイ】!」

ゼーテが呪文を唱えると同時に、その頭上に大量の光の槍が作り出される。
ちなみに言うが、この魔法を使うにあたって、【シャイニング・レイ】と言う前の長い下りは一切必要ない。
つまり、「カッコイイから」自分でわざわざ考えて叫んでいるのだ。
閑話休題。
ゼーテが放ったシャイニング・レイは地龍ルカへと降り注ぎ、その龍鱗を貫通した。

「グオオオオォォ!!」

龍鱗を貫通され、皮膚に魔法ダメージを受ける地龍ルカ
ようやく、まともに攻撃が入った。

「よし、行ける!このまま戦術級魔法で削ってダメージを………っ!?」

しかし、やはり人間の思い通りには事は運ばないものだ。
地龍ルカは素早く首を動かすと、口を開けた頭をゼーテに向ける。

「ヤバッ……!!」
「ゴアッ!!」

空気を超圧縮した空気塊が地龍ルカの口から音速で発射される。
回避する時間もなく、ゼーテは咄嗟に魔法防御を展開して受け止めた。

「あ……ぶなかっ……って!?」

一発目を防御できたからといって安心はできないようだ。
地龍ルカは次々と風塊を作り出してはゼーテ目掛けて飛ばしてくる。

「こ……のぉ……!!」

ゼーテは防御魔法を発動しながら、再び【シャイニング・レイ】を作り出す。

「少しでも……少しでも……!!」

ゼーテはもう一度光の槍の大群で地龍ルカを攻撃した。
槍は今回も地龍ルカの鱗を貫き、その皮膚から血を吹き出させた。
更に、そのうち一発が口内に入った。

「ゴバアアァァァ!?」
「やった…!」

体内に直接攻撃を喰らった地龍ルカは、体勢を大きく崩した。








「チッ、結局クソ雑魚の相手だけで終わっちまったじゃねぇか」
『……………容赦ないですね』

啓斗は現在、地龍ルカの全身がよく見える高台の屋根の上にいた。
彼の後方には、粉々に粉砕された木々、焼け焦げたり溶け落ちたりして原型を留めていない何かたちが散乱していた。

「タイムアップか。またあのに乗っ取られて牢屋に逆戻りは癪に障るが、仕方ねぇな」

啓斗は発動していた魔法とスキルを解除すると、目を閉じた。
数秒そうした後、ゆっくりと目を開けた。

「……俺は、何をしてたんだ?」

目を開けた啓斗の雰囲気は、いつもの冷静なものに戻っていた。

『よ、良かったー……。啓斗様、元に戻ったんですね!』
「なあ、俺は何を……?」
『啓斗様、今はそれどころじゃありません!前見て、前!』
「………っ!」

ナビゲーターに言われて前を見ると、想像を絶する光景を目の当たりにした。
龍が、街を破壊しながら大暴れを始めていた。

「こ…れは……!」
『急ぎましょう!とにかく皆さんと合流しないと!』

元に戻った啓斗は、双子とマリーの姿を探しながらもう一度進行を開始した。









「やあ、お帰り。どうだった?」
「どうもこうもねぇ。最高だったぜ」
「それは良かった。早くボクも出たいなぁ」
「だが、如何せん主導権はアイツにある。まずは、俺らを完全に認知させねぇと」
「そこは心配いらないさ。向こうはボクらについて疑問を持ってるからね。勝手に探し当ててくるさ」
「ま、そりゃそうだな。あと数週間くらい、気長に待ってやるとするか」
「そうそう、その気持ちが大切さ」

「転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く