異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

帰還中の相談 下

『啓斗様、気絶している間に不可思議な夢を見られましたね?』

いきなり確信をつく質問を投げかけてきたナビゲーターに、啓斗は数秒の間返答に戸惑った。

『あ、予想外の質問でした?天使は、夢の中身の全容までは分かりませんがアバウトな概要は寝てる人見ると理解できるんですよね』
「万能だな、天使様は。ああ、俺は確かに奇妙な夢を見た」
『内容を教えていただけますか?それを参考にしてこっちで調べれば何かしら分かるかもしれません』
「分かった。じゃあ、まず夢の中でいた場所から話そう」

啓斗は、無限に続くような廊下、そこにあるたった一つの牢屋、中にいた2人の人物についてナビゲーターに詳しく話した。

『うーん、ピエロマスクとジェイソンもどきですかぁ。ホラー映画っぽい組み合わせですね』
「確かにな。その意味もよく分からない」
『そうですねぇ、まず前提として、その牢屋のある場所は啓斗様の頭の中と推測されます』
「そうだな。俺も同意見だ。意識だけ別の場所に直接ワープさせられたとは考えにくい」
『ただの蛇の毒液ですからね。そんな副次効果ありませんから』
「だよな。じゃあ、あの二人は俺の意識の権化ってことになる。しかし、何者なんだ?」
『そこなんですが、私にもまだ分かりません。今、会話しながら情報を下ろしてくれるよう要請しましたが、調査にしばらくかかるらしいです』
「そうか。じゃあ………お手上げだな。40分も考えて一切何も思い出せなかったんだ。どうにもならない」
『ちょっと待ってください。あの、もう1回会話の内容を教えて貰えます?特に1番最初と1番最後の方』
「ん?ああ」

啓斗は、あの2人の言動をもう一度思い出しながらゆっくり話した。

『なーるーほーどぉ……少しだけ分かりましたよ』

聴き終わったナビゲーターは、何やらしきりにウンウンと頷いている。

「何が分かったんだ?」
『はい。まず、ピエロさんの方が言った「久しぶり」と、ジェイソンもどきが言った「さっさと出せ」という2つのワードから、この2名は啓斗様と非常に親密だと容易に解釈できます』
「……俺は見覚えは無いんだが」
『そこなんですが、多分記憶を封じ込めてるんじゃないですかね?啓斗様、小学6年生から・・・・・・・中学3年生までの間に・・・・・・・・・・記憶の無い期間は・・・・・・・・ありませんか・・・・・・?』

その質問に、啓斗は数分黙り込んだ後こう答えた。

「ある。中学1年から2年の間の記憶がうろ覚えすらも無い」
『ということは、その時期に何かがあったんでしょうね。忘れたいことなら、深刻な友人トラブルとか……あるいは……』

そこで一旦ナビゲーターが言葉を濁らせる。
彼女は少し言うか迷うような動作をした後、意を決して言った。

『あるいは、記憶の消去を脳が指示するような強烈なトラウマに遭った可能性があります』
「…………うっ」

いきなり、啓斗の頭に貫くような痛みが走る。
たまらず頭を抱えてうずくまった啓斗を、ナビゲーターが心配そうに見つめた。
少しすると痛みは治おさまり、息を整える。

『大丈夫ですか?頭痛ですか?』
「ああ、心配いらない。もう消え去ったよ」

そうは言ったものの、冷や汗はまだ止まっていなかった。

『じゃ、じゃあ続けます?』
「ああ、頼む」
『分かりました。私の仮説が正しいとすると、その2名は「トラウマの記憶そのもの」か「トラウマを忘れる際に封印する必要があったもの」のどちらかの可能性が非常に高いです』
『そして、最後にピエロが言った「鍵を持っていない」「ボク達を忘れないで」という言葉から察するに……』
『その2名について決定権があるのは啓斗様本人ただ1人。例の「鍵」とは、恐らく「記憶」のことでしょう』
「……なるほどな。俺が全部思い出さないと何も進展しないって訳か」
『その通り。なのでヴァーリュオンに帰還して最初にすべきことは…………あっ!!』
「ん?どうした?」

最初にすべきことは「記憶を取り戻すこと」だと言われると予想していた啓斗は、ナビゲーターの思わぬリアクションに目を見開いた。

『やっば!忘れてた!啓斗様!今、ルカさん達がヤバイ状況に!』
「なに?どういう意味だ!?」
『いや、あの、そのぉ………』

ナビゲーターは、シーヴァからの連絡を一方的に切っていた。
それを言えばどんな罵倒が来るか、啓斗のボキャブラリーを考えると底が知れない。
ナビゲーターは、脳を最大限活用して言い訳を考えた。
そして、怒られる量が最小限であろうと考えて導き出した答えはこうだ。

『はい、実は啓斗様が寝てる間にシーヴァさんから連絡があったんですが、どうにも回線が悪く断片的な情報しか聞き取れなかったんです』
『かろうじて分かったのは、「ルカ」「暴走」「危険」の3語だけ』
『シーヴァさんの性格から考えて、「ルカの能力が暴走しかけてる。危険だがどうにかするから一応なるべく急いで帰ってきてくれ」という内容だと推察して起こしませんでした』

それを聞いた啓斗は、少し前に見せた怜悧な視線をナビゲーターに向けた。

「最悪の判断ミスだな。それでもし、シーヴァ達に万が一のことがあったら……」
「俺のこの世界での目的にお前を見つけだして報いを受けさせることを追加することになるぞ?」

そう言って御者に向かって叫んだ。

「もっとスピード出せますか!?最高速でお願いしたいんですが!!」
「了解です。では、加速魔法も使いましょう!手すりにしっかり掴まってて下さいね!」

すると、馬車のスピードが約3倍になり、本当に手すりに掴まらないと壁にぶつかりかねなくなった。

「くそっ!頼む!間に合え!」
『あわわわわわ………私、どうしましょ………』

ヴァーリュオンまであと12kmほど。
啓斗は祈る思いで窓の外に小さく見える王城を凝視していた。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く