異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

第十九階層 地獄のブレイクタイム

ナビゲーターの言った通り、十九階層は小さな部屋になっていた。
一人用のミニソファとミニテーブルも完備してあり、淡い緑の光を放つ液体が入った瓶が1本置いてある。

『その液体はどうやら魔力回復薬みたいですね。しかも完璧な調合がされたMP完全回復レベルの』
「なるほど。親切だな」

啓斗は躊躇ためらいなく瓶の蓋を開けると、一口飲んでみた。

「……ぐ、がはっ!」
『ああ、言い忘れてましたけど、それめっちゃ苦いですよ』

吐き出しそうになりながらもどうにか飲み込み、一息つく。

「ああ、「良薬口に苦し」って奴か」
『ですね。まあ、一口で500MPも回復しましたし、全部飲まなくてもいいんじゃないですか?』

その後、吐き気を催しながらどうにか瓶の約半分を飲み干した。

「うおおおお………」
『啓斗様、無理しないで下さいね?6200まで回復したはしましたけど……見てられないです』

嗚咽を漏らして床に倒れそうになっている啓斗を上から見下ろすナビゲーター。

『ほ、ほら。後でも使えますし、取っておいては?』
「……正直、もう飲みたくないな」

どうにか歩き出すとと、啓斗はソファにどっかり座り込んだ。

「少し寝る。2時間経ったら起こしてくれ」

そう言い残すと啓斗は腕を枕にし、テーブルに突っ伏して寝息を立て始めた。

『お疲れ様です、啓斗様。私も報告書まとめますか』

ナビゲーターも自身のホログラムをフッと消した。

















一方その頃、魔法王国ヴァーリュオンの王城の敷地内にある練習場では、1人の青年と1人の少女が顔を向き合わせていた。

「すまないね、ルカさん。僕の検証に付き合ってもらって」
「ううん、大丈夫。私もこの能力がどういうものなのか詳しく知りたいし」

二人共、戦闘準備を万端にしている。
シーヴァは刃を最高に磨いた長剣を持ち、ルカも矢を数十本収納した矢筒を背中に背負っている。

「まず、自分で自由自在に龍になることは出来るのかい?」
「んー……っと……んんんんん……ぷはぁ、無理!」

ルカは何やら念を込めていたのだが、どうにも何も起こらなかった。

「そうか、じゃあプランBで行こう。戦闘開始だ!」
「お手柔らかにお願いします!」

シーヴァの合図と同時にルカはバックステップしながら矢を連続で3発放つ。

「物騒だね!いきなり怪我させる気かい?」

シーヴァは矢を剣の一振りで切り払う。

「うん、その気でやったんだけど簡単にガードされちゃった!」
「そうかい?なら、もっと本気で来ても大丈夫だよ?」

シーヴァの言葉を受け、ルカは俊敏に移動しながら矢を次々に放つ。
シーヴァは右に左に剣を振り、矢を切断して落としていく。

「ふっ!はっ!とうっ!」
「んん!中々だね!」

シーヴァは四方八方から飛んでくる矢を時には躱し、時には斬る。
彼の顔にはまだ余裕の色が見える。

「では、こちらからも攻めさせてもらおうかな!」
「うひゃああ!!」

シーヴァがダッシュで一気に距離を詰める。
横薙ぎに払った剣をしゃがんで回避し、また思い切り距離を取るルカ。
しかし、シーヴァの反射速度も超人的だ。
すぐにもう一度ルカに詰め寄る。

「もっとスピードを鍛える必要があるね!」
「アドバイスするのか攻撃するのかどっちかにして下さい!」

斬られるギリギリで剣を避け、シーヴァの腹に蹴りを入れて突き飛ばす。

「へぶっ!?」
「もっと防御を意識した方がいいですよ!」
「……言ってくれるね。変な声出たじゃないか」

服についた砂埃を払うと、何事も無かったかのように体勢を立て直す。

「さて、僕に一撃入れられる実力はあるみたいだね。じゃあ、少し本気で行こうかな!」

瞬間、シーヴァの目の色が変わった。
背筋の凍るような「殺気」を纏ったものになり、ルカの本能が「危険だ」と警報を鳴らす。

「ひぃっ!」
「行くぞ!」

すると、いきなり先ほどとは比べ物にならないスピードの刺突を繰り出す。
顔の数ミリ横を通過した剣先を凝視しながら、ルカは本格的に命の危険を感じた。

「次は外さないぞ?」

シーヴァはニヤリと笑うと、もう一度剣を構える。
ルカは恐怖から思考が停止してしまった。
剣が眼前に迫る。
そこでルカは、自分の心臓の音を聞いた。
ひどくゆっくりとした鼓動だった。











「……やはり、僕の予想は当たっていたな」

シーヴァは、ルカの5メートルほど先に転がっていた。
剣がルカに突き刺さる寸前、突風が巻き起こってシーヴァを吹き飛ばしたのだ。

「変身……でき…た……」
「どうやら、生命の危険を感じると自動的に変身するらしいね」

シーヴァは、目の前に立つ龍人の少女に向かってこう言う。

「じゃあ、本番開始だ。君も能力を最大限使ってくれ」
「はい、よろしくお願いします!!」

龍人状態になったルカと、どうやら本気で行くらしいシーヴァは、改めて一礼した。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く