異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

第十八階層 ルーム・オブ・マジック

十一階層からは、1階層につきモンスターとの1戦、という形になっていた。
十二階層では電撃を放つ小型のネズミの大群、十三階層では火炎を吹き出す石像3体と戦闘を行った。
十四階層では砂の中から現れた巨大なムカデを相手にし、十五階層ではアラクネラに酷似した巨大グモと戦った。
十六階層の敵は一つ目巨人で、パワーが非常に高かった。
更に床がわざと脆くしてあったようで、戦闘中に巨人が床をぶち抜き、十七階層で待ち構えていた巨大アリジゴクとの混戦にまで発展した。

「ゲホゲホッ……くそっ、砂まみれだ」
『でも凄いですねー。最後は「ソニックブースト」と、エンチャントしたとはいえただの「マジックソード」で倒しきっちゃうんですもん』
「ワン!ガツガツ……ハフハフ……モグモグ……」
『ほら、大喜びでがっついてますよ』




死体が消滅していない、もしくは原型を留める程度に破壊した敵がいると自動的にスナッチャー(スナっち)が現れ、まだ帯電しているネズミだろうが石像だろうが喰らい尽くした。
ナビゲーターいわく、

『成長のかてにできそうなものは何でも食べますからねぇ。無機物食べちゃうのはあの子特有の癖でしょうか?意味無いのに』

そのまま進んで第十八階層まで来た。
また円形の闘技場で魔法陣が中央に敷かれている。

『またですかぁ?もうマンネリですよホントに。やる気あるんですかね?』
「知らん。だが、どうにも今回はそう簡単に行かなさそうだぞ」

魔法陣からは、魔物が出現しなかった。
その代わりに………

「撃ってきた!」
『部屋に入ってきた人間を無差別に魔法で攻撃する、まさに魔法陣ですね』

魔法陣の真上の空中にいきなり火球が出現して啓斗に向かって飛んできたのだ。
間一髪で回避には成功したのだが、第2第3の火球が次々に襲いかかってくる。

「おい、これはどうすればいい!?」
『今探してますって!えーっと……あと12秒待ってください!』

ナビゲーターが魔法陣について検索する短い時間の中、啓斗は火球を全力で避けまくっていた。

「おい、まだか!?」
『ちょ、あと2秒!…………あった!』
『これはトラップタイプの魔法陣で、規定時間内殺されなければOK!』
「規定時間は!?」
『120秒。残りは……100秒です。ただし、残り時間が少なくなるにつれ魔法の威力と攻撃頻度が上がります!』

ナビゲーターの言う通り、火球の攻撃速度が上がってきている。

『全身全霊で避けてください!URスキルでも何でも使って!』
「MPが無くなるぞ!本当にいいのか!?」
『問題ありません!今は回避に集中して!あと85秒!残りMPは5200!』

啓斗は「ダッシュアップ」「3倍速」の併用によって火球から逃げていた。
ナビゲーターはタイマーをどこからか取り出し、残り時間を示している。
残り時間は70秒。
そこで、魔法陣の攻撃方法が変化した。

「石の槍と、巨大なひょうか!」

床から即席の石槍が飛び出し、天井に分厚い雲がかかったかと思うと野球ボールサイズの雹が降り注ぎ始めた。
上と下からのダブルパンチとなり、更に避けるのが困難になる。

「くそっ、本気で殺しに来てる!」
『「ソニックブースト」も使って!』

「3倍速」が無ければ恐らく反応し切れずに串刺しにされるか頭蓋に穴を開けられていただろう。
しかし、槍はピンポイントで足元に出現するためどうにか避けられるが雹のほうは範囲内にランダムに降ってくる。
そのため避けきれない体勢で雹の真下に移動することがある。
そこで使うのが「ソニックブースト」だ。
一気に部屋の端まで移動できるため緊急回避には最適。
ただし、1度につき300MP消費するのに7秒に1回のペースで使用してしまっている。

『あと20秒!残りMPは………2150!』

ここで攻撃方法がまた変化した。
最初に攻撃してきた火球が追加されたのである。しかも追尾機能付きのグレードアップ版だ。

「嘘だろ!?」
『死ぬ気で避けてください!でも死んじゃダメですよ!』

走り続けて火球から逃げ回りながら石槍を避け、雹をかわす。
正直、一発も食らっていないのはもはや運がいいとしか言えないだろう。
それほどのレベルの密度の攻撃である。

『あと10秒!頑張って!』
「ぬあああああああああああああ!!!」

なりふり構わず「ソニックブースト」を使い続ける。
火球からは距離が離せるが、移動場所にピンポイントで石槍が出現するためすぐに横っ飛びで避けなければならない。

『あと5秒!』

するとピタリと攻撃が止む。
しかし、もちろん安全になったわけがない。
いきなり魔法陣が空中に浮かび上がり、そのまま極太のレーザーを発射した。

「ラストアタックまで手を抜かないか!」
『防御ぉぉぉぉぉ!!!!』

啓斗は、自身の体にレーザーが触れる瞬間に「ジャストシールド」を行使した。











「…………今までのどの魔物よりもキツかった」
『ギリッギリセーフでしたね。残りMP……50です』

啓斗は床にバッタリ仰向けで倒れ込んだ。
ナビゲーターも緊張からか疲れ切った顔をしている。

「で、MPほぼ全部使って無傷で済んだ訳だが、どうするんだ?」
『はい、実はですね、このダンジョンの十九階層が休憩ポイントらしいんです。なのでここで使い切っても大丈夫かと』
「……なるほどな。よく調べたもんだ」

啓斗は疲弊し切った体を起こすと、ヨロヨロと十九階層への階段を下りていった。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く