転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!

黒烏

第十一階層 食事の時間

『それにしてもホント人工物ばっかりですね』
「……というかもう、ダンジョンと言えるのか?これ」

十階層のゴーレムを倒し、さらに奥へと進んだ啓斗。
しかし、十一階層は様相がまるきり違っていた。

『確かに、どう見ても闘技場ですよねココ』
「だよな。ほら見ろ、下から何か出てきた」

ダンジョン内の床に突然出現した魔法陣から魔物が召喚される。
容姿を簡潔に説明すると、筋骨隆々な狼が二足歩行で歩いている。
そのような魔物が五体。しかも、一体一体が別々の武器を持っている。

『えーっと……?お、あったあった。こいつらは【ウォーリアウルフ】というらしいです』
『数体の群れで行動し、魔力で生成した武器を使う。武器はあくまで魔力の塊、実体は無いので本体を真っ直ぐ狙うべし、だそうです』

ナビゲーターの解説を聞いている間にも、狼たちは啓斗を取り囲むように散開する。

「戦略的だな。囲んで一気に……ってわけか」
『啓斗様、こいつらレベルならスナっちのいい餌になります。死体を残して下さいね』

啓斗は、まだ散開途中の狼の中の一匹へ突進した。
敵が反応する前に頭部に拳撃を叩き込む。


SRスキル「ハイパワーガントレット」
両手に鋼鉄製のガントレットを召喚し、更に自身の筋力を増大させる。


シンプルなスキルだが、発動すれば解除するまで消えないので利便性が良い。
強力なパンチを顔面に喰らった狼は大きくよろける。
そのまま間髪入れずに腹を殴打すると、狼は思わず前屈みになる。

「格ゲーのキャラにでもなった気分だ!」

屈んだ狼の後頭部に全体重を乗せた拳を叩き付けた。

『うーわ、嫌な殺し方ですね。撲殺て』
「死体を残せっていう指令だろ?なら、その中で戦い方を研究するまでだ」

話しながらガントレットを解除し、人差し指の皮膚を歯で噛みちぎる。

『ちょ、痛い痛い!何してるんですか!』
「何って、血を出してるんだよ。いつもの弾丸作りさ」
『ああ、なるほど……ってなるかぁ!なんなんですか!?バカなんですか!?皮膚感覚無いんですか!?』

叫ぶナビゲーターを尻目に、啓斗は血のしたたり落ちる指を前方に構える。
「C・バレット」が発動。血のしずくが細くも貫通力抜群の弾丸に姿を変える。

『確かに脳天を的確に貫けば即死させられますね。コントロール性能も良いですから』

計4発、血で作られた弾丸は狼へと高速で飛んでいく。
寸分も狙いを外さず、弾丸は全て狼たちの眉間に着弾した。
脳を貫かれた4体の狼は膝から崩れ落ち、仰向けに倒れた。

『お見事ー!消費MPも300に抑えましたね!じゃあ、呼びますよ!』
『スナっちー!こいつら食べていいよー!』


「ワン!」

ナビゲーターの呼びかけに呼応し、小型犬が姿を現す。
子犬は狼の死体の内一体に駆け寄ると、もうひと鳴きしてナビゲーターを見つめた。

「ワン!?」
『うん、食べていいよ!いっぱい食べて成長するんだよー!』
「ワンワン!」

すると子犬は、いきなり狼を脚から貪り食い始めた・・・・・・・・・・・・
グチャリ、グチャリと肉の千切れる音、ゴリゴリという骨を砕く音が響く。

「おい、魂を食うんじゃなかったのか?」
『ああ、それなんですが、スナっちは厳密に言うと死体ごと・・・・魂を食べるんですね』
『死体が残ると、ほんの少しの間ですが魂は体に残留します。スナっちの種族はその状態の死体が大好物なんですよ』

おぞましい音を立てながら死体をがっつく子犬を、啓斗は直視出来なかった。

『スナっち達の種族は、そうして殺した敵の魂を食らうことで能力を奪う力を持っています』
『今では地上から駆逐されてしまったので、天界で保護されてますがね』
『更に彼らの特徴はその成長の早さにもあります。獲物を食えば食うほど圧倒的な早さで成長し、奪い取った能力も簡単に使いこなせるようになります』
『古い文献になら載ってますが、彼らは人々から「奪魂魔スナッチャー」と呼ばれました』
『でも、逆に魂の力が強くて奪魂魔を吸収しちゃう人間がごくごくごくたまーにいたりいなかったり』

ナビゲーターの言葉に、啓斗は思い当たる節があった。

『ちなみに言うと、奪魂魔を取り込んだ人間は半魔になって暴走。普通は死にます』
『ただし、ある人物だけがどんな悪魔も手懐けて制御できるようになってしまう能力を持っています』
『それが「魔王」です。そして、奪魂魔を吸収したのに生き長らえて敵からスキルを奪う能力を入手したのが……』
「マモンというわけだな」
『ご名答。一見、人の下になんてつかなそうなマモンが魔王に忠誠を誓ってるのはそういうカラクリがあるんです』
「命の恩人……か。重要だな」
『あ、そんなこんなしてる内に食べ終わったみたいですよ。ほら』

ナビゲーターが指さした方向を見る。
そこにはついさっきまでの可愛らしい子犬とは違う生物がいた。
つい先程まで捕食していたウォーリアウルフと似ている。

『奪魂魔は特定の姿を持ちません。最後に食べた生物に似た姿に変身するからです』
『この前に吸魂犬って言ったのは、啓斗様以外に正体を知らせたくなかったからです』
『私は子犬が大好きでして。子犬の死体を後で食べさせますから、次呼ぶ時には可愛いワンちゃんに戻ってますよ』

「ウオオオオオオオオ!!!」

狼が咆哮する。

『ほら、喜んでますよ。スナっち、戻っておいでー!』

ナビゲーターが一声かけると、狼は腕時計に吸い込まれるように消えていった。

『そうそう、啓斗様はあの子のことスナっちって呼ぶの抵抗ありそうですね』
『なら普通に「スナッチャー」って呼んであげて下さい。無視したりはしないと思います』
『それじゃ、改めて先に進みましょうか!』

疑問は少し残るが、啓斗はひとまずナビゲーターの言う通り先に進むことにした。

「転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く