異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

無限ダンジョン 第一階層

「思ったよりも明るいな」

無限ダンジョンに侵入した啓斗とナビゲーター。
目の前にはまさに「ダンジョン」が広がっていた。
全面石造りの壁、床、天井。
廊下の壁の所々に取り付けられた松明の数々が視界を確保してくれている。

『うっはー!外見とは比べ物にならないくらい壮大ですねこれは!』

ナビゲーターが歓喜と驚きの入り交じった声を上げる。

『ではでは、最初のアドバイスです。まずはこのダンジョンの仕組みを把握しましょう』
『どういう仕掛けがあるのか、敵の種類、効く攻撃などなど。知るべきものは山積みです』
『この先、長い冒険になること確実なんですから、じっくりここで練習した方が良いですね』

ペラペラと喋るナビゲーターの声を聞きつつ先に進む。
すると、道が二手に別れていた。

「……さっそく分かれ道か。面白い」
『ずっと思ってましたけど、啓斗様けっこう神経ぶっ飛んでますよね』
「そうか?」
『はい。なんというか……感情に少々異常があるかと』
「例えば?」
『例えば、恐怖の度合いが低くて、好奇心が高かったりしますね』
『普通なら足がすくむであろう所で冷静に状況を分析したりしてますよ貴方。気づきませんでした?』
「……そういえば、そうだな」
『ね?でも、戦いには好都合なのも事実。理由はこっちで調べますんで今は探索に集中しましょうか』

通路に視線を戻す。
右か左か、どちらを選ぶにしろこの先は未知の領域だ。あまり選択に意味は無い。
啓斗は、右の道に進むことにした。
深い考えは無く、ただナビゲーターが右側にいたというだけだ。

『んー、ダンジョンの分かれ道!いつ見てもドキドキしますねぇ!』
「いちいち騒がないでくれ。気が散る」

大はしゃぎするナビゲーターに少しイライラしながらも、警戒しつつ先に進む。


2分ほど進むと、いきなり頭上から何かが降ってきた。

「うおっ!なんだ!?」
『うっは!これアレですアレ!スライムって奴ですよ!』

【ジェルスライム Lv10】

「サーチ」で確認すると、確かに「スライム」だ。
小型のジェル状生物で、特に強そうには見えない。
やはりスライムだからなのだろうか。

『スライム族はモンスターの中で1番弱い種族ですからねぇ。Nスキルで大丈夫でしょう』

ナビゲーターのアドバイスに従い、啓斗はNスキル「アイス」を使用してみた。


「アイス」
小さな氷のつぶてを生成して敵にぶつける。
初級魔法のため、威力は低い。


氷のつぶてをスライムにぶつけると、スライムは一瞬身悶えした後に消滅した。

『弱いですねぇ。まさに雑魚って感じ』
「第一階層だしな。まだ弱い敵しかいないんだろう」

そのまま細い通路を進む。
所々でスライムが出現して襲いかかってくるのだが、Nスキルの魔法や、「ただの蹴り」などで倒せる。

『ちょ、啓斗様!キックて!流石にむごい!』
「MPの節約だ。10でもなるべくとっておきたい」
『それでも蹴り飛ばすのはちょっとキモイです……ってなんで踏み潰してんですか!』

地面の中から現れたスライムを啓斗は思いっきり踏んでいた。
見た目とは裏腹にグニッとした感触だった。

「意外と弾力があるな。ちょっと面白い」
『なんで冷静に踏み心地を確認してるんですか……』

そして、小さな扉に辿り着いた。
扉の上には「第二階層へ」と書かれている。

「さっさと進もう。ここじゃ練習になりやしない」
『そうですけど……啓斗様って容赦ないんですね……』

躊躇ちゅうちょなく扉を開けて先に進む。
心なしかナビゲーターの顔色が悪い。







「……これは、確かに重要だな」

シーヴァは啓斗の部屋で「壱」「弐」「参」の本を数時間かけてじっくり読んでいた。

「龍となり、野生に取り憑かれて死に至る呪い……強力なものに間違いない」
「啓斗が必死になるのも頷ける。是非ともどうにかしたいところだ」

読み終わった3冊の本を重ねてテーブルに置き、一息つく。
すると、ガチャリとドアを開けてゼーテが入ってきた。

「ん?どうしたゼーテ」
「いや、伝言。ルカが練習場で待ってるってさ」
「ああ、そうだった。手合わせの約束をしていたんだった。今から行くよ」

シーヴァは部屋を後にした。
1人残ったゼーテは、部屋をなんとなく眺める。すると、テーブルの上の3冊の本が目に入った。

「え?何これ」

ゼーテは、「壱」の本を開いて読み始めてしまった。





「………嘘、でしょ?」

ルカに起きている異常を知ってしまったゼーテも、急いで練習場へと向かった。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く