転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!

黒烏

侵入直前 最終確認

『それじゃあ、行ってみますか?それともまだ準備します?』

妖精サイズのナビゲーターが周囲を飛び回りながら聞いてくる。

「そうだな、まず、戦闘スキルの確認とセットでもするか」

啓斗は「スキルセット」を呼び出す。

『スキルセットモードに移行する時は私に一声かけてくだされば大丈夫なので、ここぞという時用だと思ってください』

ナビゲーターの説明を聞きつつ、スキルセット枠に強力スキルを移動させていく。

UR「ソニックブースト」
SR「C・バレット」
SR「騎士王剣技」
SR「マジックエンチャント」
R「マジックソード」

ここまでは今まで使用したスキルだ。
残り5枠には新URをセットする。


「サウザンドダガー」 
名前の通り、1000本のダガーナイフを召喚して操る魔法。
エンチャントを付与すればバリエーションは多岐に渡る。


「カウンターバリア(物理ver)」 
相手から受けたダメージの50%を相手に返すバリアを展開する。
ただし、あくまでカウンターなのでダメージが軽減されるわけではない。


「貫通力増強」
自分の使う武器の「貫通力」のあたいを上げる。
皮膚の硬いモンスターや鎧を纏う敵を相手に剣で戦う際に特に有効。


「ボルテージ」
発動すると、1秒に1%ずつ攻撃力が上昇する。
最大で300%まで上がり、MAX状態は30秒持続する。


「ジャストシールド」
敵のいかなる攻撃も防ぐシールドを前方に一瞬だけ展開する。
「ジャスト」の名前の通り、展開するタイミングが非常に重要。


かなりボス戦に特化したラインナップになった。
「サウザンドダガー」とエンチャントを施した「マジックソード」で戦い、「ジャストシールド」や「カウンターバリア」で持ち堪え、「C・バレット」も使用する。
唯一の欠点は、

「回復魔法が無いことか……」
『そうですねぇ、ダメージは最小限に抑えた方が宜しいかと。MPには上限がありますし』

そこで、そういえばと思い出すことがあった。

「なあ、MP消費って具体的にどうなってるんだ?」
『ああ、説明してませんでしたね。MPは、大体レアリティで消費量が決まってます』
『ただし、持続型魔法は個別に毎秒のMP消費があります。あと、自動発動型は一律で50消費ですね』
『じゃあ、レアリティ別の消費量をスキルセット画面に追加しときますね』
『個別に消費量が設定されているスキルは、スキル説明欄に書いてるのでそちらをどうぞ』

啓斗はそのまま消費MPの確認に入る。


レアリティ別MP消費

Nノーマル 10MP
Rレア 50MP
SRスーパーレア 150MP
URウルトラレア 300MP
TRチートレア 600MP


(最大値が10000だから……意外と使い放題かもな)

啓斗がそんな風に考えていると、ナビゲーターが口を挟む。

『ちなみに言うと、今は奪われてしまった「ドッペルメイカー」ですが……』
『分身を1人作る度に20MP使うんです。最初の時に100人も作るから、一気に2000MPも使っちゃったわけなんですよねぇ』

啓斗は、ドッペルメイカーの説明をスキル図鑑から見る。


「ドッペルメイカー」
自分と身体能力、魔法、スキルなどのステータスが全て同一の分身を500体まで出現させる能力。
ただし、数が増えるほど、分身は大雑把な命令しか聞かなくなる。


この最大値「500」は、MPを全て消費することが前提だ。

「なあ、ナビゲーター。説明が色々と足りなさ過ぎなんじゃないか?」
『あはぁ、すいません。こちらもこちらで忘れてまして。スキルシステムに疑問があれば何でもどうぞ。すぐお答えします』

啓斗は持続型魔法のMP消費も確認する。


「マジックソード」
使用時50MP消費後、1分ごとに2MP消費

「貫通力増強」
使用時300MP消費後、30秒ごとに10MP消費


(覚えることが多いな……スキル内容の記憶で既にパンク寸前なんだが……)
『啓斗様、今「覚えきれるか」って心配になりました?』

ナビゲーターに悩みを的確に当てられ、啓斗は嫌そうな顔をした。

『ちょ、そんなに嫌悪感けんおかん丸出しにしないで下さい。私がサポートしますって言おうとしたんですよ』
『啓斗様のMP消費量や持続消費を私が良いタイミングでお教えしますので、ご安心ください!』

啓斗の目の前でビシッと親指を立てて見せる。

「……じゃあ、頼むぞ。戦闘中にもしっかり報告してくれよ」
『お任せ下さい!しっかりと啓斗様をナビゲートして見せます!』

自信満々のナビゲーターと、やや疲れ気味な啓斗。
そんな雰囲気の中、啓斗はダンジョンの第一階層へと降りていった。

「転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く