転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!

黒烏

☆ 啓斗、ようやく自己ステータス確認

「…はあ!?無限ダンジョンに一人で行く!?アンタ正気!?」

朝食を終えてのんびりした雰囲気が流れる中で、啓斗はゼーテとルカにも無限ダンジョンに行く旨を伝えたのだが、ゼーテはシーヴァ以上に猛反対した。

「あのねぇ!ちょっといい加減にしなさいよ!毎日何かしらと戦ってるのよアンタ!」
「そうだよ!体が治ってるからってストレスまで解消される訳じゃないよ!?」

無限ダンジョンがどういう場所かは知らないが、ルカも啓斗が心配で止めにかかる。

「俺は行くと決めたんだ。シーヴァも賛成してくれたし、問題は無いはずだが」
「おいケイト!僕は君の説得を諦めただけであって賛成はしてないからな!?」
「シーヴァ!なに簡単に引き下がってんのよ!もっと全力で止めなさいよ!」

その後10分に渡ってテーブルを囲んだ論争は続いたが、啓斗が何を言っても頑として譲らなかったので3人がを上げた。

「ハァ…ハァ…ホントに…強情ね……」
「だから…僕も諦めたんだ……」
「むう……」

異常なほどヒートアップしたゼーテと、それに引っ張られたルカ、終始苦い顔をしていたシーヴァは全員息を切らしている。

「……分かった、もういい。ただし、これだけは約束して」
「50階層より奥には行かないこと。いい?約束しないなら、実力行使をさせてもらうわ」

そう言って双子が同時に眼帯に手をかける。

「ゼーテが本気でやるなら、僕も妹に加勢する。しっかり約束してくれ」

双子の今までにない眼光に圧倒された啓斗は、頷くしかなかった。

「…わ、分かった。約束するから殺気を放つのをやめろ」

啓斗の言葉にようやく落ち着いたゼーテは、そのまま席を立った。

「すまないな。昔、無限ダンジョンで少々僕が遅れをとってね。それからゼーテはあの場所を嫌っているんだ」

バツの悪そうな顔をしながらシーヴァは語る。

「そこが50階層。あそこから敵の強さが段違いになるんだ。だから僕も50階層以降はやめておいた方がいいと思う」
「……分かった。馬車はもう来てるのか?」
「ああ、正門に待たせてある。いつでも行くといい。10日経つ前には戻って来るんだぞ」

その後、ゼーテに続いて啓斗も席を立ち、馬車に向かった。




2人だけ残されたシーヴァとルカ。
のんびりコーヒーを飲んでいるシーヴァをじーっと見つめていたルカだったが、シーヴァがいきなりこちらを見返したので慌てて視線を逸らした。

「おや、僕に見とれてたのかい?」
「あ、いやそういうわけでは……」
「だろうね。君は…………いや、なんでもない。そうだ、ケイトから聞いたんだが、不思議な力が覚醒したらしいね。後で見せてくれないか?」
「あ……分かりました!じゃあ、また後で!」

ルカは焦ったように立ち上がると、足早に出て行った。

「ふむ、まだ僕には警戒心があるのかな?」
「ああ、地龍の森からケイトが持ってきた書物があったな。少し読んでみるか」

シーヴァは、現在啓斗が寝泊まりしている部屋へと向かった。









「……無限ダンジョン、一体何があるのか」

馬車の中、1人考え込んでいた啓斗の前に、いきなりナビゲーターが現れた。

『おい!おい、おい、おい、おい、啓斗様!』
『私の存在を忘れないで下さいって!ダンジョンに同行できるの私だけなんですから!』

ナビゲーターのホログラムは大きくなり、最初に会った時と同じ身長になった。

『これからは色々と私がアドバイスしつつの進行になるので、改めて宜しくお願いしますね』
「……そうだな。相談役がいるのは確かに心強い。よろしく頼む」
『それじゃあ、早速なんですが……ご自身のステータスを確認されてはどうでしょう?自分の能力を知るのは初歩ですから』

ナビゲーターの意見はもっともだったので、啓斗は腕時計のメニューを開く。
新しく追加されていた「マイステータス」をタップした。


藤崎 啓斗
種族 人間(異人)
Lv0
HP:1000/1000
MP:10000/10000

P・ATK:C
M・ATK:G
DEF:D
DEX:B
SPD:C
LUK:E

魔法属性適正
火:G 水:G 風:G 土:G 光:G 闇:G 無:G

状態:正常

特殊スキル:無し

固有スキル:
【スキルガチャラー】
腕時計を経由して「スキルガチャ」にアクセスすることが出来、排出されたスキルを自在に使用できる。
既に入手したスキルがもう一度排出された場合、スキルの「レベル」が上がり、効果が増す。
「レベル」の上昇によってスキル名が変更されるケースもある。
ただし、スキルガチャからどんな威力、種類のスキルが出現するかは本人の運次第。



『はい、そんな感じですね。ちなみにDEFやらSPDとかは1番上がSSで、1番下がGです』
『Lv0っていうのは、スキル抜きのステータスは上がらないっていう意味ですね』
『MPが10000もあるのは、サービスです。こちら側で一肌脱いだ形になります』
『魔法属性の全適正がGなのも、啓斗様がこの世界の人間じゃないからです』

ナビゲーターの説明を聞いた啓斗は、1つの疑問が浮かんだ。

「……なあ、なんでそっちで俺のステータスを自由に変更できるんだ?」

その質問に、ナビゲーターはあからさまに動揺した素振りを見せた。

『はえ!?まあ、それは、アレですよアレ。えーっと…あー……』
『……やっぱり言わなきゃダメですかねぇ』

口を尖らせて啓斗を見つめるナビゲーター。

「ここまで来たら教えてくれてもいいだろう。お前は何者だ?」

ダンジョンに到達するまであと数十分。
直に顔を合わせてはいないが、2人はお互いの目をまっすぐ見ていた。

「転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く