転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!

黒烏

P.M.11時~0時 暗黒の騎士の戦い

「コー…コー…」

コープスドラゴンは、その空洞の両眼をシーヴァに固定して目の前を羽ばたいている。

「ちっ!目障りだ!どけ!」

頭の流血は無視して龍に怒鳴るが、もちろん敵がどく訳もない。

「そうか…良いだろう。この暗黒の騎士に本気を出させたいようだな」

だが、シーヴァは眼帯を取ることはしない。今使えば、この後に何かが起きた場合に対処出来なくなるかもしれない。
シーヴァは自分の「眼」の威力を過信してはいないまでも充分に理解している。
彼の力を使えば、戦況を一瞬でひっくり返すのも容易であるし、シーヴァ本人も何度か実際に相手の軍勢を一瞬で叩き潰したことがある。

(時間的に考えれば、さっき使った分を計算すれば…使えるのはあと1分ほどしかない)

決心を固めると右手に魔法剣を作り出し、闇のエンチャントをほどこす。

「この暗黒憑依、ケイトには遅れをとったが、貴様程度を消すのは容易たやすいぞ!」

そう言って一気に跳躍し、龍の体に斬りつける。
コープスドラゴンの骨のみの体の一部は、あっさりと斬れた。
シーヴァの手には、いつもの敵を斬る「嫌な感触」が残る。

「はっ!」

更に細かく分解するように、切り離した骨を斬り刻む。
コープスドラゴンは、龍の死骸に魔力を流し込んで動かす魔法によって戦闘を行う、言わば操り人形の龍版と言ったところだ。
故に、体を真っ二つにしようが頭を消し飛ばそうが問題なく動く。
よって、この龍を倒すは方法は大まかにこの3つに限られる。

1.操っている術者を発見して倒す。
2.龍にかけられている術を無効化する。
3.術が効かなくなるようなレベルまで操られている物体を細かく分解する。


1は、まずその時間が無いため不可能。
2は、ゼーテなら可能だが、シーヴァでは実力不足だ。
よって、3以外に選択肢が無くなってしまう。

「骨粉になるまでバラバラに粉砕してくれる!」

シーヴァは、剣をつちの形に変化させる。

「こっちの方が効率いいか。そうだな…「シャドウハンマー」とでも呼ぶか」

闇を纏ったハンマーは、みるみるうちに巨大化していく。

「更に、1から10まで魔法で生成してるから、大きさ自由自在だ!」
「一撃で粉微塵こなみじんにしてやる!」

そのまま更に上空に跳躍し、狙いを定める(槌は魔法製なので、重さなどはない)。
コープスドラゴンも反応して飛び上がろうとしたが、シーヴァの方が一手早かった。
龍を覆い尽くすほど巨大化した槌がその体を一瞬で叩き潰した。
街に轟音が響く。コープスドラゴンは、原型を留めないほど完璧に粉砕された。


「ふぅ、やはり魔物相手の方が気が楽だな」

念の為にもう2回残骸を砕いたあと、ひたいぬぐった。
汗は出ていたが、出血は止まっていた。

「軽傷で助かった。さて、早く3人を追わないとな。僕の助けが必要なはずだ」

民家の屋根に飛び乗って屋敷の方向を確認する。

「…結構遠いな。急いだ方が良さそうだ」

すると、目の前に「影」を人型に切り取ったような何かが現れた。

「……あ…えああ…ううううう…」

その「影」は、ぎこちない動きで近づいてくる。明らかに普通の人間ではない。
「闇」や「黒」には目がないシーヴァだが、これには得体の知れない危機感を持った。
試しに小型の魔法弾を影に撃ってみる。
高速で影に接近した弾は、影が体にまとわりつかさせている黒い霧のような何かにかき消された。
それだけでもかなり驚愕きょうがくしたシーヴァだが、更に驚かされた。
その霧のような何かが腕のような形を作り始めたのだ。
そして、その霧の手は無数に増えていき、そのまま襲い掛かってきた。

「これは、逃げるが勝ちだな」

急いできびすを返して屋根から屋根へ飛び移る。
そのまま全速力で屋敷を目指す。
「何か」は、霧の手を増殖させ続けながらシーヴァをゆっくり追跡し始めた。



「……これは、僕をとことん足止めしたいらしいな」

屋敷の周りには、先程倒した個体とは別のコープスドラゴンが3体旋回している。
龍達はシーヴァの姿を見つけると一斉に襲い掛かってきた。

「くそっ!もう少しで辿り着けるのに!」

爪や尻尾での攻撃を回避しながら、槌を振り下ろす機会を伺う。
だが、1体だけならまだしも、3体の攻撃を全て避けていてはその隙は中々来ない。
回避に集中せざるを得ない苦しい戦闘が続く中、背後にコープスドラゴンとは違う異様な雰囲気を感じ取った。

「…よし、来た」

先程の「何か」だ。霧の手はもう300本は超えているであろう数が背中に繋がっている。
よくよく見れば、限りなく分かりにくいが本体であろう影には顔があり、しっかりとした「人間」の構造をしている。

(ということは、これは怨霊か何かだな。あとはタイプに掛けるしかないが…)

シーヴァは霧の手に絡めとられないように全力で怨霊の横をすり抜ける。
コープスドラゴンもシーヴァを追って怨霊に近づいた。
瞬間、無数の霧の手が龍の内の1体に絡みつき、「本体」の「中」に引きずり込んだ。

「よし、無差別に敵を殺害するタイプだ。すまないが利用させてもらおう」
「正直、その暗黒の力は羨ましいが取り込まれるのはゴメンだ」

怨霊が2体目を捕縛している間に飛行魔法を使って屋敷に向かって飛ぶ。
3体目はシーヴァを叩き落とそうとしたが、それより前に絡めとられた。





「……5体目は流石にうざったいぞ!」

屋敷の庭に辿り着いたシーヴァだが、そこには翼が無いタイプのコープスドラゴンが座っていた。

「まぁ、それくらい敵に評価されてると思えば、悪い気はしないな」

最後の龍が立ち上がると同時に、シーヴァも魔法の槌を作り直した。

「転移世界 与えられたのは100×∞連ガチャ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く