異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

☆ (1100連目) まさかのディナーデート 上

「で、こんな朝っぱらからわざわざ部屋に僕を呼び寄せた理由はなんだ?」

時刻は午前5時。シーヴァはゼーテの部屋に呼び出されていた。

「まあその理由は追々説明するとして、こっちからも質問があるの」

ゼーテのけっこう真面目な表情に、シーヴァも耳を傾けることにした。

「シーヴァは、ケイトとルカの関係についてどう思う?」

だが、ゼーテの口から飛び出した質問に、大きくため息をついた。

「……ゼーテ、まさかあの二人をくっ付けようとか考えてるのか?」

的確に図星をさされたゼーテは、たっぷり10秒ほど固まった。

「な、なんで分かったの?」

少し肩を落として聞いてみる。

「ふん、17年間も一緒にいる妹の思考回路ぐらい大体読める」

シーヴァの返答にゼーテは更に肩を落とした。

「……まあ、常に一緒にいるにしてはあの二人の関係が煮え切らない気がするのも確かだが」

だが、続けられたシーヴァの言葉にゼーテは勢いを取り戻した。

「そうよね!ルカは「命の恩人」って言ってたけど、恩人だからこそ好きになるわね!」
「それに、ルカはどこか放っておけない所がある。男は天然で・・・そういう所がある女性は嫌いにはならないと僕は思う」

その後、啓斗達を上手くムードに入れるための作戦をあーだこーだ2人で考えた挙句、

「んー、やっぱり個室に閉じ込めて2人きりにするのがいいかしら」
「いや待て!確かに可能ではあるが、もしバレたらいくら僕達でもボコボコにされるぞ!?」

そして、結局たどり着いた案がこれだ。

「よし、ここは無難に2人きりのディナーをセッティングしよう!最高級のレストランを予約してくるよ!」

元気に走っていくシーヴァの背中を見送りながら、ゼーテはボソッと言った。

「……お兄ちゃんの方がノリノリじゃん」

ゼーテはルカ達に今日の夕食の場所を伝えるため、2人の部屋におもむくことにした。





「じゃあ、今日は今伝えたレストランで夕食だから。正装で来て、よろしく」

啓斗は今日の分のガチャを引き、変わらずURを1つ手に入れて確認していた。
ゼーテはいきなりノックもなしに部屋にやって来たかと思うと、今日の夕食が超高級レストランであることと、その場所にはルカと2人で来ること、そして正装で行かなければならないことを啓斗に伝えた。

「ん?ちょっと待て。ルカにもそうやって伝えればいいんじゃないか?」

そう言うとゼーテは突然キレ出した。

「うるっさいわね。男女同伴じゃないと入れないの!個々で行ってもつまみ出されるから!」

不機嫌気味にそう言ってゼーテは部屋を出て行った。

「何なんだ一体……」

部屋に1人放置された啓斗は頭を抱えた。





「ふぇ?男女ペアじゃないと入れないレストランで晩ご飯?」

啓斗は、ルカに事情を説明していた。

「ああ、しかももう予約してるから絶対に来い、だと」

ルカはマリーとの人形遊びを一旦やめる。

「しかも、正装で行かないとダメらしい。スーツとドレスも選ばないといけない」

啓斗のその言葉で、ルカの頭の中は真っ白になった。

(え…?ってことは、ケイト君と2人で、しかも私ドレスで行くの?)

ついこの間、ドレス姿を「綺麗だ」と言われただけで悶絶したルカだ。
もしも2人きりで食事などしたら、確実に固まるし、何かの偶然が起きた場合にパニックになりかねない。

「ふぁぁぁぁ……んんむ……」

ここでタイミング悪く、マリーが睡魔に襲われて眠ってしまった。

「ん、丁度いい。マリーも寝てしまったことだし、今からスーツとドレスを選びに行かないか?こういうのは早い方がいい」

そう言うと、有無を言わせずルカの手を掴んで歩き出した(もちろん、乱暴にしてはいない)。

(わ、ちょ、ちょっ……シーヴァ君の強引なのが移ってるよぉ……)

啓斗に引っ張られながらルカはそんな事を考えていた。








午後9時。
「ここが、指定されたレストランだな」

結局、この前のパーティの時に着たものがしっくり来た2人は、その黒スーツと緑のドレスでレストランに来ていた。
レストランは小高い丘の上に位置しており(移動にはゴンドラを使った)、非常に見晴らしのいい場所だった。
そのまま2人で入ると、予約の確認を取った後に、窓際の席に通された。
案内されるがままに席につき、向かい合って座る。
ルカは既にガチガチに固まっており、全ての動作がぎこちない。
啓斗の方はいつもと変わらず、下を向いたままのルカの代わりにコースを注文したり飲み物を注文したりしていた。
注文が一通り終わり、落ち着いたところで啓斗は確信した。

(見晴らしのいい超高級レストラン、しかも窓際、2人きり、正装、ディナー……か)
(ここまで大掛かりにするということは、本気で来てるというわけだな。あの二人)

啓斗は、顔に出してはいないがかなりウンザリしている。

(シーヴァ…ゼーテ…そこまでして俺たちをくっ付けたいのか)

そして、目の前の女性を見る。
緊張から完全に凍りついているルカだが、外見で見れば本当に可愛く見える。
だが、それを言えばルカの緊張ゲージをあげるだけだということも啓斗は理解している。
取り敢えず、腕時計の新機能の「トークシステム」を使用。ゼーテにかける。

『ん…?通信魔法?誰?』
「俺だ。やってくれたな、ゼーテ」
『やってくれたな、って言われる筋合いはないよ。じゃあ、ごゆっくりー』

ゼーテは一方的に通信を切った。

(これは……並の戦闘より神経使うかもな…)

休日2日目にして啓斗はまた疲れる羽目になるようだ。
だが、彼の長い夜はまだ始まったばかりである。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く