異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

A.M.1〜3時 呪いが消えた街で

「ああ……まだ痛むぞケイト!手を抜いてるんじゃないか!?」

シーヴァが顔をさすりながら言う。

「ギャーギャーうるさいぞ……。俺はまだ他人をちゃんと治せる魔法は会得してないんだ。自分でやれ」

啓斗も床に座り込んでいる。

「むう…。それもそうか。よし、苦手だが、少しやってみよう。この僕にできない訳が無い!」

そう言うとシーヴァは手に魔力を集中して治癒魔法を試し始めた。


「あ、いた!おーい!ケイトくーん!シーヴァくーん!」

廊下の向こうから、ルカの声が聞こえた。
顔を向けると、ゼーテとルカが走って来るのが見えた。
しかし、一つだけ妙な点がある。
ルカが小さな女の子を抱えていることだ。

「……ルカ、その子は、マリーだな?」

啓斗は直にマリーの顔を見てはいないが、2人の様子からそれを察知するのは簡単だった。

「うん、解呪したんだけど、実は生きてたみたいで」

はい、とマリーの顔を啓斗に見せる。

「……起きる前に家から連れ出そう。変に刺激するといけないかもいれない」

啓斗はその後、3人とマリーを屋敷から出して迎えの手配を頼んだ後、1人地下室へ向かった。

「……遺骨くらい、埋葬してやらないとな」

地下室に無残に転がる骨を拾い集める。
いくつか集め、頭蓋骨を見つけた時、異変を感じた。
頭蓋骨が淡く光っているように見える。

「…これは?」

啓斗は、頭蓋骨に触れる。すると、頭の中に映像が浮かび上がってきた。


「兄貴……もう、俺らに望みはないんだな?」

ユーリが今まで見せたことのない悲しそうな笑顔で言う。

「ああ……後は、マリーに全部託すしかできない」

僕とユーリはもうすぐ殺されてしまうだろう。
両腕は綺麗に切断され、魔力も使い切ってしまった。
それでも、最後の魔力の使い方は間違っていなかったと願いたい。

「兄貴、俺達、マリーになにしたんだっけ?死ぬ前にもう1回教えてくれ」
「はぁ、今から殺されるのに案外余裕があるな」
「僕達は、マリーにありったけの魔力を注ぎ込んで、それを変異させて呪いへの抗体を作り出した」
「降霊術が完成した瞬間に、マリーの中の抗体が働いて魔神の召喚を妨げる」
「その後にどうなるかは予想がつかない。暴走して街一帯を消し飛ばすかもしれないし、上手く行けばマリーの体内に呪いが封印されるかもしれない」

そこでユーリの顔が少しだけ明るくなる。

「呪いが封印されたら、マリーは死なずに済むかな。それなら、あの「硫酸」を作った甲斐があるってもんだが」
「そうだな。マリーに呪いが封印されて、父様と母様に何かが起きるのが可能性が高いと思う」
「そうか。じゃあ、俺らも幽霊になれたりしてな!」

ユーリは、これから死ぬというのに、本当に明るかった。


「……今のは、生前のジョンの最後の記憶、か」

啓斗は頭蓋骨2つを拾い上げ、近くにあった大きめの瓶に入れる。
ふと、何故突然あんな映像が見えたのか気になった。

「ああ、スキルか?」

腕時計のスキル一覧画面を呼び出す。
案の定、答えとなるスキルがあった。


URスキル  「追憶の目」
死体や遺品に残る残留思念を読み取り、生前の最後の記憶を脳裏に呼び起こすことが出来る。
記憶の鮮明さは、残留思念の強さに左右される。


「……そういえば、一度に2つのUR出たの初めてだな」

今日はラッキーデーかな、なんて思いながら頭蓋骨と他数本の骨を入れた瓶を持って地下室を出る。

「……中々TR出ないな。まあ、チートって付いてるんだから滅多に出ないんだろうな」

啓斗はそのまま屋敷を後にした。






一方、ゼーテ、シーヴァ、ルカは、馬車を待ちがてら、マリーについて話し合っていた。

「それで、この子はどうするんだ?」

シーヴァの質問に、2人とも頭を捻る。

「んー、やっぱり保護するのが1番いいんじゃない?」
「そうね……。解呪したとはいえ、まだ危険が無いと決まったわけじゃないし」

やはり、騎士団で保護する方針で行くようだ。

「……ん?そこにいるのは誰だ?」

シーヴァが後ろに気配を感じて振り向く。
そこには、30歳前後であろう紳士と、同じくらいの年齢の女性が立っていた。
2人はマリーをじっと見つめている。

「………すまない」

それだけ言って紳士は消えていった。
女性の方は、月の形を象ったネックレスをシーヴァにそっと手渡し、マリーの方をもう一度見て消えた。

「……この子の両親だろう。コープスドラゴンを倒した直後に追ってきた怪物がこれを着けていた」

ネックレスをマリーの首にかける。

「最後に、娘の顔を見たかったんだろう」

ネックレスは大人サイズなので、マリーの体には少し大きかったが、地面に当たる程ではなかった。




「あ、ケイト君来た!」

その後、啓斗が高速で走ってきた。手には骨の入った瓶を持っている。

「ふう、遅くなった。まだ迎えは来てないか」

啓斗は瓶を持ったまま座り込む。

「ああ、長い1日だった」

シーヴァが空を見上げながら言う。

「俺はまだこの世界に来てから1週間と2日しか生活してない。なのにここまでやられるとは思ってなかった……」

啓斗は疲れきった顔で言った。

「そうか……。じゃあ、帰ったらしばらく休日をもらおう」

シーヴァの提案に、啓斗のみならず他2人も頷いた。
馬車はその数分後に到着。4人とマリーはすぐに馬車に乗り込み(マリーは何故か啓斗が抱えさせられた)、街を後にした。

(あの聖水は、呪いを解くためのものじゃあなく、マリーの体を呪いに適応させるものだったわけか)
(そういえば、結局マリー達の両親が禁術に手を染めた理由は分からなかったな)

馬車に揺られ、眠気に襲われながら啓斗は最後にそう思った。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    魔人を作るため?

    0
コメントを書く