異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

☆ P.M.8~9時 混沌のゴーストタウン

「くそっ!何人いるんだこいつら!」

シーヴァが足止めした騎士達とは別の操り人形達が追ってくる。
先程からマップを見ながら逃げているが、方向感覚が既におかしくなってしまっており、目的の屋敷まで辿り着けない。

「まずいわね…このままじゃジリ貧になる」

ゼーテも走りながら歯ぎしりを繰り返している。
大通りを全力で走っていると、また別の怪物が出現した。

「おいおいおい嘘だろ……」


[マッドバーサーカー Lv58]

今まで見た中で最強のモンスターだ。
体長は5mほどだろうか。巨大な筋肉質の体にその巨体に見合った特大の剣を両手に持っている。
それだけならまだいい。啓斗達3人なら倒すことが出来るだろう。
だが、それが5体いる・・・・とすれば話は別だ。
前方、後方、そして両サイドの民家の屋根の上。

「これ、どうする……?」

もし、この場にシーヴァがいたなら話は別だっただろう。彼の引力操作なら5体を同士討ちさせるなり地面に埋め込むなりして倒せる。

「最初にシーヴァを分断したのはこのためか!やはり裏に誰かいるな!」

啓斗はここで、このモンスター達の追跡と分断に組織的な意図があると確信した。
だが、確信したところでこの状況がどうなる訳でもない。

「ゼーテ、ルカ、俺が隙を作る。そこで走り抜けろ!」

啓斗は分身を50体作り出し、10体ずつバーサーカー達に突撃させる。
バーサーカーは分身を切り刻み、血が撒き散らされる。

「最初はハズレだと思っていたが、案外1番使ってるかもな、このスキル」

そんな風に言いながら、啓斗は「C・バレット」を発動。
バーサーカー達の両足を撃ち抜き、動きを止める。

「そうだ、これを渡しておく!」

ルカにマップを表示したままの腕時計を投げ渡す。

「え、で、でも!」
「早く走れ!ちょうどモンスター相手の本格的な戦闘を体験しておきたかったところだ!」

ルカがオロオロしていると、ゼーテに腕を掴まれる。

「シーヴァもそうだけど、男ってカッコつけたがるのよ。彼なら大丈夫、行きましょう」

そう言って無理やり引っ張っていく。

「そう…だよね。大丈夫…だよね」

ルカは引っ張られて走りながらも、ずっと啓斗の方を見つめていた。
















「……やれやれ、これでもう追っては来られないだろうな」

操り人形にされていた騎士達を壁に埋め込んで行動不能にさせたシーヴァは、周りを見渡す。

「早く皆と合流しなければ……。そうだ、飛行魔法を使えばいいじゃないか!何故今まで忘れていたんだろう!」

シーヴァは魔力を足に集中させ、空中へ跳んだ。だが、その瞬間に地面に叩き落とされる。

「ぐあああ!!……ガハッ……なんだ?」

頭から流血しながら、上を見上げる。

「……コープスドラゴンだと?」

コープスドラゴン、死骸の龍。
その姿は、まさにドラゴンのゾンビだ。
体のほとんどは骨であり、所々に腐肉や皮膚が付着している。
頭蓋骨しかない頭の、空洞の両目でじっとこちらを見つめている。

「コープスドラゴンは自然には現れない。元はただの龍の死体だからだ。ならば、これを操っている敵がいる」

だが、今は黒幕を探している暇はない。
この龍の死骸は、明確な敵意を持ってシーヴァを見下ろしている。

(2戦目はこいつだな。だが、黒眼無しで勝てるか?いや、勝たなければならない!)

シーヴァは、コープスドラゴンを睨みつけ、剣を抜いた。










「……ハァ、ハァ、ギリギリだった」

啓斗は大通りの真ん中に仰向けに倒れていた。
結局、召喚獣とゴーレム、分身も大量に消費して何とか5体を倒し切ったのだが、疲労が大きかったので休憩している。
そんな風に倒れながら空を見上げていると、何かがこちらに向かって降りてきているのが目に入った。
それがなにか気づいた瞬間、啓斗は思わず笑ってしまった。
それが、空飛ぶ布団に寝そべった少年だったからだ。
更に、少年の姿は一言で言えば「寝間着」であり、更に異常さを増している。

「ちょっと、人のこと見て笑うなんて失礼だなぁ」

布団が地面に着地すると少年は起き上がるなりそう言った。

「やあ、僕はベルフェゴール。魔王様に仕える「7柱」の1人さ。呼びにくかったらベルでいいよ」

かなり(顔だけ見れば)好印象な笑顔で少年、ベルフェゴールは言う。

「ベルフェゴール……七つの大罪の「怠惰」を司ると言われる悪魔か」

啓斗は緩んでいた顔を一気に引き締めて立ち上がり、少年を見据える。

「へぇ、七つの大罪なんてよく知ってるね。まあ、僕らは能力を大罪に当てはめてるだけだけど」
「さて、前置きはここまで。魔王様に君を捕らえろって命令されたんだ。さっさと終わらせて寝たいから、大人しくして?」

ベルフェゴールはゆっくりと啓斗に向かって歩を進める。

「抵抗されると面倒だからさ。だからわざわざ操り人形と方角撹乱かくらんの魔法まで使って分断までしたんだし」

啓斗はジリジリと後退あとずさりする。

「ちょっとぉ、追いかけるのにも体力いるんだからやめてよぉー。1人ずつ分断も面倒になったからわざわざ自分で捕まえに来たのに」

変わらない笑顔でベルフェゴールは歩いてくる。

だが、その背後から突然咆哮が響く。


「オオオオオオオァァァァァァァ!!!!!!」

ベルフェゴールも思わず振り向き、啓斗は向こう側を凝視する。
そこには、体中が真っ黒な人影がいた。
周囲には亡霊のようなものがまとわりついている。

「あ……本物の・・・街の亡霊来ちゃった。僕、逃げよっと。またね」

ベルフェゴールは布団に再び座ると飛び去っていった。

啓斗は黒い人影を「サーチ」で見る。しかし、ここでも驚くことになる。

[該当モンスター無し]

と表示されたからだ。

「ここは……逃げるか」

啓斗は分身を2体出して突進させ、自分は先程ゼーテ達を向かわせた方へ走る。
迷わされていたのがベルフェゴールの仕業なのだとすれば、奴が逃走した今、もしかすれば魔法の効果が解けているかもしれない。
さっき地図を見て記憶しておいた街の中心まで啓斗は一直線に走り出した。



「……ここが、貴族の屋敷みたいね」
「うん、地図もここを中心にしてる。じゃあ、どうする?」

ゼーテとルカは、その後には特に何にも襲われずに、しかも迷うことなく屋敷に辿り着いた。

「私は、ケイト君達を待ちたいんだけど……」

ルカは街の方を振り向いて言う。

「私も同感。どうせ先に行ったって危険なだけだし」

ゼーテもルカと同じく街の方を見ていた。
だが、2人はもう少し屋敷に注意を払うべきだった。
街を見つめ続けたせいで、連れ去られる瞬間まで2人は屋敷の中から忍び寄ってきた巨大な影の手に気が付かなかった。

「ん!んん………」
「な!?に……」

影の手に体全体を握られ、2人は一瞬で屋敷に引きずり込まれた。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く