異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

800連目 特別入団式

翌日、怪我が自動完治した啓斗は、シーヴァに連れられて王の間まで来た。
隣にはゼーテに連れられたルカがいる。
扉が開くと同時に、拍手の雨が2人に降り注いだ。
王座へと続くカーペットの両脇に数十、いや100以上はいるだろう。甲冑を身につけた騎士達が整列し、皆が皆啓斗達に暖かな拍手を送っていた。
双子に(物理的に)背中を押され、王座へと2人は向かう。
ジェイド王は、王座には座らず、その前に立っていた。

「やあ、我らの親愛なる旅人達!よくぞ騎士団に入団する決意を固めてくれた!」
「いやぁ、僕が自分で入団式を全部やるつもりだったんだが、立場上そうも行かないみたいだ!」

ジェイド王はそう言うと、王座の隣に立つ厳しい顔つきをした男性に声をかける。

「じゃあ、あとは任せるよ、レイザック君」
「承知しました」

ジェイド王は王座に座り、レイザックと呼ばれた男性が2人の前に出る。

「私が騎士団長のレイザックだ。これから君達が入る組織のリーダーと言えばいいか」

そこで優しい笑顔に表情を変える。

「パレード襲撃の際は本当に助かった。騎士達全員を代表して礼を言う。ありがとう」

そう言ってレイザックが頭を下げると同時に、他の騎士(シーヴァ達も含め)全員が2人に敬礼した。

「では、君達に入団の証として、この指輪を与えよう。これは騎士団全員がそれぞれ持っている仲間の証だ。ケイト君とルカさん、だったかな。受け取ってくれ」

レイザックは2人に一つずつ金色に輝く指輪を渡し、左手の薬指を見せる。
そこには今渡されたものと同じ指輪がはまっていた。
2人はそれにならってそれぞれの左手薬指に指輪を着ける。

「よし、これで君達は今から我々騎士団の一員だ。皆、新たな仲間にもう一度盛大な拍手を!」

そう言うと同時に、また騎士達の拍手が鳴り響く。
そうして、啓斗とルカの入団式は盛大に終了した。


「いやぁ、無事に終わったね!変な緊張もしてなかったようで良かったよ!」

城の廊下を歩きながら、シーヴァは笑顔で言う。

「ホント、誰かさんの入団式とは大違いだったわ」

ゼーテが人の悪い笑みを浮かべてシーヴァの方を見る。

「なっ……あ、あれの事は忘れるよう約束しただろう!」

シーヴァはみるみる内に顔を真っ赤にした。

「えー、もう数年前じゃない。だってただ式中にこ……」
「う!る!さい!」

ゼーテの言葉を無理やり遮ったシーヴァの顔は半端なく赤かった。
そんな兄妹のやりとりを啓斗とルカは半笑いで見ている。
すると、廊下の奥から現れたレイザックに声をかけられる。

「シーヴァ、ゼーテ!旅人のお2人も、至急作戦会議室に来てくれ!」

そう言ってレイザックは姿を消した。

「作戦会議室だって!?よし、今すぐ行くぞ!ケイト、ルカ、僕に着いてこい!」

シーヴァが突然廊下を全力疾走し始め、ゼーテも無言でそれに続く。
啓斗達もシーヴァを見失わないように駆け出した。


「早かったな。流石は次の団長候補最有力の双子だ。しかし、それにほぼ遅れずに着いてきた君達も凄いな」

作戦会議室は、巨大なテーブルの周りに十数脚の椅子が置かれた部屋だった。
レイザックはその内の一脚に腰掛けており、テーブルにはこの国の全体地図と思わしきものが置いてある。

「入団初日からでケイト君達には悪いんだが、緊急の任務が入った」

そう言ってレイザックは地図のある地区を指さす。

「この地区、「リュートタウン」についてなんだが……」

そこでシーヴァが驚きの声を上げる。

「リュートタウンだって?あそこは何年も前に封鎖されているはず…」
「ああ、封鎖されている。だが、あの地区の中心、貴族達の屋敷だった場所から大量の魔力が放出されたのを研究者達が観測した」

双子の表情が更に険しいものになる。

「そこで、屋敷に十数名のベテラン騎士達を派遣したんだが……一人も帰ってこなかった」
「という訳で、私は君たちを送る決断をした。王国最強の戦士2人と、それに引けを取らない君らなら調査できるのではと思ったのでね」
「君達2人にとっては初任務だが、恐らく非常に危険だ。受けてくれるか?」

啓斗とルカはお互いを見て、すぐにレイザックに向き直る。

「もちろん、やらせていただきます」
「はい、大丈夫です!やります!」

2人の迷いのない返答に、レイザックは少し笑った。

「フフ…頼もしいな。よし、なら今すぐ準備だ。私が馬車を手配しておこう。各々準備を整えておいてくれ。1時間後に出発だ」

レイザックはそう言って部屋を出ていった。

「じゃあ、僕は服を着替えてこよう。また後で」
「私も準備がある。それじゃ」

双子も続いて部屋を後にする。

「…よし、じゃあ俺達も行こう」
「うん!初任務、ワクワクするー!」

啓斗達も自室に向かった。



「……これは、また変わったスキルだな」

自室に戻ってきた啓斗は、早速今日の分のガチャを回していた。
今回は新SR2つという結果だった。
「ノイズィークラップ」と「呪い憑き」。


「ノイズィークラップ」
発動すると、拍手が全生物に対して不快な音響を発するようになる。敵の動きを一瞬止めるのに使うのが一般的。


こちらはまだいい。だが、問題なのがこの「呪い憑き」だ。


「呪い憑き」
自身に身体能力が0.9倍になる呪いを付与する。


それだけの能力だ。これが一体何の役に立つのか一切分からない。

「まぁ…ガチャだからハズレもあるよな」

啓斗はそうは言ったが、テンションが少々下がったのも事実だった。







啓斗がリュートタウン調査の任務を受ける約1時間前。

「……結局、あの者は使えなかったな」

世界のとある場所、常夜とこよの孤島。
「魔王」と呼ばれし者は城の王座に座り、隣の従者に話しかけていた。

「まあ、あの奇襲作戦にも穴しか見つかりませんでしたので。しかし、ああも一瞬でやられるとは……」

従者は骸骨の仮面を被っている。

「それで、如何いかがいたしましょうか?異世界人の捕獲をなされますか?」
「そうだな……あの双子との戦闘を見る限り、かなりの実力のようだが、本当にあの予言の通りの者かまだ確認しきれておらん。まずは慎重に見極める所からだな」

魔王は顎に手を当て、考え込む。

「では、誰か向かわせましょう。中級悪魔で宜しいでしょうか」
「……いや、7柱の1人を向かわせよう。今、手が空いているのは誰だ?」

仮面の従者はふところから何やら本のようなものを取り出し、ページをめくる。

「……ベルフェゴールが今、何も任務を受けておりません」
「よし、奴をヴァーリュオンのリュートタウンに向かわせよ。それで実力が分かるだろう」
「かしこまりました」

従者は影に同化して消えていった。

「異世界人か……本当に奴の回し者なのかきっちり見る必要がある」

魔王は立ち上がり、王の間を出て廊下を歩き出した。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー267627

    馬車移動より車で移動出来ないかな?乗り物召喚!みたいなスキルないかな?

    0
コメントを書く