異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

☆ 100連目 初回限定ガチャですよ!

第1部 0章 「プロローグ」


カチカチ…カチカチ…
照明を切った部屋にマウスのクリック音だけが響く。
パソコンを操作しているのは、藤崎ふじさき 啓斗けいと、17歳。
世間は既に夏休み。
今日やると決めた分の学校の課題も片付けたので、趣味のネットサーフィンに没頭しているところだ。
季節は夏、手近にあったTシャツとハーフパンツを適当に着ている。
リンク先にあった動画を見ようとすると、
《おめでとうございます!抽選の結果、あなたが当選致しました!》
というポップアップが突然表示される。
その字の下にはURLが表示されており、クリック出来るようになっている。

「何だこれ…。古めの手口の詐欺か?」

ポップアップを消そうとするが、何故か右上の赤×をクリックしても消えない。

「おいおいおい…。マジかよ…」

啓斗は、パソコン自体の電源を切るか、このURLのリンク先に飛ぶかしばらく迷った後、好奇心と再起動が面倒という考えに負け、URLを押すことにした。
少し深呼吸しながらマウスカーソルをURLに持っていき、素早くダブルクリックした。

「な……!」

瞬間、目が眩む閃光に包まれる。
5秒後、光が収まった部屋は誰もおらず、パソコンの電源も消えていた。


















「……ん……あ?」
「おや、お目覚めですね!」

啓斗が目覚めると、目の前には少女、そして周りには真っ白な空間が広がっていた。

「では、改めまして……当選おめでとうございます!貴方様には異世界への転移権限がプレゼントされました!」

少女は満面の笑みを浮かべながら高らかに叫ぶ。

「………は?」

勿論、啓斗は状況を全く飲み込めていない。

「「は?」じゃないです。全く、最近の奴らは理解力が低くて困りものですねぇ」

少女は苦々しげに言う。
少女の外観は、150cm程の身長に、真っ白なワンピース、金色の瞳、整った顔立ち、さらに白髪と、どこか神秘的なものがある。

「まぁ、初っ端から突然こんなこと言われても困惑する人の方が多いか…」

ただし、口調のせいでかなりイメージが崩れている。

「じゃあ、説明しますね。貴方は、「あるお方」が戯れにお引きになったくじ引きで、転移権限を持った人間として登録されることになったんです。普通の人間には1000%不可能なことなんですから、ありがたく思ってくださいよ」
「そして、私はそういうイレギュラーな方々に異世界の説明をする、所謂いわゆる「ナビゲーター」です。以後お見知りおきを」

少女は優雅に一礼する。

「あ……つまり…俺は異世界転移した…ってことでいいか?」

啓斗は恐る恐る聞く。

「まぁ、ざっくり言うとそんな感じですね」

少女は何も特別感なくあっけらかんと言い放つ。

「じゃあ早速異世界の解説を始めます!一回しか言わないのでよく聴いてくださいよ!」

啓斗は戸惑いつつ頷く。

「では!(ここで小さく咳払いをして)これから貴方が行く世界は、魔法や妖怪、呪い、魔物など、貴方達の「空想」が現実になったものだらけの世界です」
「そして、貴方にはそこで生き抜いてもらいます。まあ、色々探せば元の世界に戻る方法も見つかる……かも。そこは実際に頑張ってみてください」

少女は少し意地悪そうに笑う。

「はい、重要なのはここから!元々異世界の住人ではない貴方は、異世界で手に入るスキルや魔法に適性が一切ありません!」
「……じゃあ、どうやって生き残ればいい?」

告げられる絶望的な言葉に、少しのんびり話を聞いていた啓斗は思わず話を遮る。

「ですから、それを今から説明するんです!」

少女は目頭めがしらを釣り上げながら啓斗を制止する。

「では、貴方に与えられた「イレギュラースキル」を見せて差し上げましょう!」

すぐに笑顔に戻った少女がパチンと指を鳴らす。
すると、啓斗の目の前にホログラムが現れた。
ホログラムは、ガチャの形をしている。

「はい、「スキルガチャ」です!貴方はこれを引くことで異世界にある全ての能力を「運次第で」手に入れられるのです!」
「スキル数は……えー、詳しい数は忘れました!あ、因みにレアリティは威力、習得難度で5段階に分けてあります」
「分け方は、ノーマル、レア、スーパーレア、ウルトラレア、そしてチートレアです」
「そして!なんと貴方は毎日このガチャを100回連続で引けるんです!同じスキルが被っても、スキルレベルがドンドン上がるので問題なし!」

少女の説明を聞きながら、啓斗はガチャを眺める。
どこか不思議な感じがするが、それほどまでに凄いものには何となく見えない。

「それじゃ、初回限定、SR確定で100連回せますよ。SRくらいから並の魔物は圧倒出来るので、心配せずドカンと回しちゃってください!」

その言葉と同時に、ガチャに「TAP!!」という表示が現れる。
啓斗が、その表示に触れると、中から光の玉が現れ啓斗の体にドンドン吸い込まれていく。

「因みに金色がSRスーパーレアで、Rレアが銀、Nノーマルが銅色の光です」

言われて改めて確認すると、ほぼ全ての光球が銅色だ。
しかし、最後の100個目、金色の光球が現れ、体に吸い込まれる。

「SR獲得おめでとうございます。まぁ、確定でしたけどね。では、最後にこちらをどうぞ」

少女から腕時計型の端末を渡される。

「これを操作すれば、ガチャ画面を呼び出したり、スキル図鑑を確認したりできます。是非ご活用ください」

啓斗は端末を腕に巻く。

「では、そろそろお時間になりました。貴方は見知らぬ場所で目覚めるでしょう。最初に、スキルの確認をしておくことをオススメします。」

言葉にしっかり頷いた啓斗を見て、少女は今までで1番優しげな笑顔を浮かべる。

「それでは、良い旅を、啓斗様。あ、そうそう。恐らく目覚めたら今この時から1日経過しているはずなので、もう100連してみるのもいいかもしれませんよ」

その言葉を聞いた次の瞬間、啓斗の視界はまた閃光に包まれた。






「あ、ガチャの排出率、言った方が良かったかな。まぁいいや」

啓斗が消えた後の空間で少女は1人呟く。
手元に隠し持っていた端末には、
N:50%
R:40%
SR:9%
UR:0.98%
TR:0.02%
と表記されていた。

「確率見ればすぐ分かることですけど、SRは本来9個くらい出てフツーなんですよねー」
「すいません啓斗様。こっちの都合で色々と苦しくなっちゃうかもしれません」
「なんて言っても本人には聞こえませんけど。さあて、様に報告しなきゃ」
「……あのバランス主義者の保守派野郎、ふざけんな!!」
「「5段階」すらも嘘ですしね」

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー143140

    チートってcheatだからCレアでは??

    1
  • 真砂土

    なんか悪そうなやつだなぁ?

    0
  • ノベルバユーザー173109

    SR9%なのに100連して確定の奴しか出なかったの?
    本当にそうなら逆にすごい確率だと思う

    0
  • コオリ(氷織)

    良心的

    1
  • ノベルバユーザー5685

    良心的ガチャ率笑

    0
コメントをもっと見る / 書く