スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第三十四話 カーレル

 なんでよりにもよって、会いたくない人物と出くわしてしまうのか。
 自分の運の悪さを呪いつつ、俺は路地裏へ首を隠した。

 もし、彼の前に姿を現せば、何かしらの接触を図られるのは必至。
 あの世紀末覇者の如きオーラでギルドへ誘われたら、断れる自信がない。
 そんな友好的なものならばいいが、因縁を付けられようものなら、立ったまま気絶する自信がある。

 そもそも、なんでそんな大物が酒場の前で仁王立ちしているのだ。
 再び顔を出す。当然ながらまだ居る。
 誰かと待ち合わせだろうか。

 彼のせいか客足もかなり悪いようで、NPCのマスターが窓から困った顔をして大男を見ていた。
 とりあえず、和樹にメールを送って待ち合わせ場所を変えるか。
 そう考えた矢先、ピロリーンと脳内で電子音が響いた。

 タブレットを開いてみると、和樹からメールが届いていた。
 もしかして、和樹も似たような状況で困っているのだろうか。
 メールを開き、その内容に俺は目をしばたかせた。

『もう酒場の前に着いてるぞ。
 お前今、どこに居るんだ?』

 酒場の前には、あの男しかいない。
 ならば、まさか彼が和樹だとでもいうのだろうか。いや、それはない。
 メールの差出人の名前はカーレル。これが和樹のキャラ名なのだから。

 酒場の場所を間違えたのだろうか。
 メールに書かれていた店名は“白猫のタンゴ”。間違いなく、この店だ。
 黒猫のタンゴや白猫のダンゴの間違いではないだろう。そんな似通った店を点々と設置する理由もないし。

 三度、俺は路地裏から顔を出す。
 まだシヴァはそこに居る。だが、先と違う光景が一か所。その巨体の影から、タブレットを持つ手が出ていた。

 …………。
 ……まさか。うん、まさかね。
 いくら幼馴染の猛アタックに気付かないほど鈍感とは言ってもさ。
 あの鬼人の隣に並んで暢気にメール打てるほど、頭のネジは緩んでは――。

「いやぁ、にしてもユウトの奴遅いっすね。
 メール送っときました。一体どこで道草食ってるんだか」

 ひょっこり影から姿を現した茶髪の青年がそう言って、きょろきょろと辺りを見回した。
 白金の鎧を纏ってはいるが、間違いなく和樹だった。 

「お前の話を聞く限りは、理由もなく約束の時間へ遅れるような人格とは思えん。
 何かあったのかもしれぬな。“黄昏の円卓”に目を付けられているという話もある」

 重い威厳のある声で答え、シヴァが組んでいた腕を解く。
 どうやら、和樹とシヴァは知り合いのようだ。道理で隣でへらへらとしていられる訳――。

 ……ちょっと待て。
 なんで、和樹が『蒼穹の証人』のマスターと一緒に俺を待ってるんだ?

「そうでしたね。
 昔から質の悪い奴らに好かれやすいんすよ、アイツ。お人好しな上に引きはいいんで」

 鬼が頷く。

「ああ。それも聞いた」

 ……ちょっと待て。
 和樹は、俺のリアルの話をどこまで話してるんだ?

「だからこそ、私は彼に会いに来たのだからな」

 シヴァは真剣な声音でそう言った。

 それは一体、どういう……?
 俺が頭を捻る中、和樹はニヤけた口元を引き締め、タブレットを叩いた。

「先手、打たれたかもしれないっすね。
 他のメンバーも招集しますか?」

「ああ、頼む」

 何やら、大ごとになっている気がする。
 状況は全然飲み込めていないが、しょうがない。
 俺は大きく息を吸い、深呼吸。覚悟を決め、足を踏み出した。

「よ、よぉ、和――カーレル」

 あくまで自然な笑みを浮かべようと努力して、俺は和樹へ声を掛けた。
 努力が果たして形になっているかと聞かれると、自信はなかったが。

 声に振り返ったシヴァの鋭い双眸が、俺を射抜く。
 視線だけで人が殺せるというのも、あながち嘘じゃないのかも。
 なるべくそちらへ目を合わせないようにして、俺は進んだ。

 和樹はこちらを見て目を見開いたあと、いつもの軽薄な笑みを浮かべた。

「……お前、ユウトか。
 マジで本名使ってんのな。SNSじゃねえんだからリアルの名前を持ち込まなくたっていいのに。
 アバターもそっくりだし、ここじゃあ悪いこと出来ねえじゃん」

「いや、やるつもりもねえから」

 話して確信する。ああ、やっぱり和樹だ。
 適当なやり取りに、少し恐怖が紛れた。
 

「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く