スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第三十話 祝杯

 モンスターたちの群れを仕向けるが、ナツメはそのことごとくを斬り屠っていく。
 敵の攻撃が間に合っていない。
 スカルソルジャーが剣を振り上げた時には既に粒子となって消え、ケンタウロスが強靭な前足で撥ね飛ばそうとすれば、四脚の足が斬り飛ばされ、残った胴体へ止めの一撃が刺される。

 ナツメの刃がセリアへと近づく。
 二現れれば二を切り裂き、五現れれば五を薙ぐ。
 その度に会場が歓声に揺れた。

 代わる代わる立ち塞がる壁が崩し、遂にセリアの前に立つ。
 烈光を纏うナツメが、ようよう追い詰められた彼女へ切っ先を向ける。

「――覚悟」

『……その力。エモーションハートですか。
 あの馬鹿ども、だから深夜テンションで変なスキル作んなって言っといたのに……』

 ようよう思い至った彼女が舌打ち、双剣を地面へ突き差した。
 どんなスキルを発動してくるのか。俺とナツメは身構える。
 セリアはタブレットを呼び出すと、タァンッと勢いよく画面を叩く。

 すると、背後からナツメに近付いていたモンスターたちが消え失せる。
 同時、俺、ナツメ、レナの前にタブレットが現れた。
 そこに表示されたメッセージには、YOU WINの文字。

『降参です。
 流石に、MPがすっからかんの状態でステータスお化けに勝てる気がしませんし』

 唖然とする俺たちに、彼女は先ほどまでの狂人振りが嘘のようにアンニュイな様子で言った。
 ひゃっはー、愉しくなってきやがったぜ!
 ぐらいな勢いで挑んでくると思っていただけに、かなり肩透かしを喰らった気分だ。

『なんですか、その目は。
 負けが見えていてなお足掻くような無様なことはしませんよ。
 私にもそれなりの品位があるので』

 どの口が品位などとほざくのだろうか。
 恐らく会場中の心が一つとなっている中、彼女は観客たちへ向かって優雅に一礼。

『皆さま、先ほどは大変失礼いたしました。
 私、興奮すると少し周りが見えなくなることが多々あるのです。
 心からのお詫びを申し上げます』

 …………。

 今更の陳謝。良い顔をしているプレイヤーなど一人もいない。
 彼女は運営の人間として、やってはいけないことをした。
 俺や彼らの不信感は、この先も根深く残ることだろう。

 いや、それどころかこのことが明るみに出れば、大事件になる。
 メディアで大々的に取り上げられていただけに、一週間後にはサービス終了なんてこともあり得るだろう。

 だがその時、俺はもっと疑問を持つべきだったのかもしれない
 そんなこともわからない人間が、ゲーム会社の運営の中にいるのだろうかと。
 そして。
 運営の人間が誰一人として、あんなセリアの愚行を止めないなんてこと、あり得るのだろうかと。

 顔を上げたセリアの顔に現れるのは、諦観の色。

『なぁーんて言って、許してもらえるわけありませんよね。
 “サリア”。出番ですよ』

 呼ばれ、司会席の奥。
 蒼髪の少女がゆったりと立ちあがり、壇上へ現れる。
 会場がざわめく。

『“やっちゃってください”』

 サリアと呼ばれた少女は頷き、胸の前で両手を組む。

 なんだ、一体何をするつもりなんだ?
 胸の奥に酷い焦燥感が生まれる。このままではいけない。だが、確信が持てずに動けない。

 そんな葛藤の中、徐々に彼女の体が蒼い輝きに包まれ――その姿を最後に俺の意識は暗転した。


          ◆


 その夜。
 シグナスの街の酒場で、俺、レナ、ナツメの三人で祝杯を挙げていた。
 もちろん、闘技場のエキシビジョンを勝ち抜いたためだ。

「いやぁ、でも本当にレナが一緒に戦ってくれて助かったよ」

 茶色いしゅわしゅわとした液体が注がれたグラスを手に、俺は心からの言葉を向かいの席へ座るレナに掛ける。
 彼女の隣に座るナツメも、こくこくと頷く。

「はい、本当に助かりました。お陰様で私の名を広げることもできましたし」

「別にあなたのために戦ったわけじゃないんだけどね。
 暇だったから一緒に出てあげただけよ」

 照れ隠しではなく、本心なのだろう。
 それもまたレナらしい。

「っていうか、あなた。本気を出すならゴーレム戦で出しなさいよね。
 装備忘れて来たとか言って、ちゃっかり本命の装備持ってきてたし」

 彼女の言葉に、ナツメは「あれ?」と小首を傾げて沈黙する。

「どうした?」

「いえ。物珍しくて露天商で日本刀を買ったのは覚えてるんですけど……、アイドルとしては使わないようにしていたはずなんです。
 なのに、なんであの時使ったんでしょうか?」

「いや、俺に聞かれても」

 そういえば、変なタイミングで刀を出していたな。
 まあ、観客たちも盛り上がっていたので逆効果ではなかっただろう。
 むしろ。

「もうアイドル美少女剣士っていうことで通したらどうだ?
 太刀捌きとか、凄い綺麗だった――って、誰だ足踏んでるの⁉」

 足先が何かに潰されて、ダメージによる振動が走る。

「あ、ごめん。足滑らせちゃってる」

 ぐりぐり。
 滑らせちゃってるってなんだ。そんな現在進行形があるか。
 だがレナの異様な圧力に、俺はちびちびとグラスの液体を飲んで気を紛らわせる。


「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く