スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第二十九話 業【わざ】

『さあ、わかって頂けたところで、戻したくない話に戻りましょうか。
 ナツメ・カミツキさん、できることならタブレットを呼び出して、ポチっとリタイアボタンを押していただけると嬉しいんですが』

 くるりとナツメの方を振り返り、セリアは言った。

 渦中の少女は、何を想っているのか。
 色の無い表情でタブレットを手にし、その画面を眺めていた。

 再び、会場中の視線がナツメのもとへ集中する。

 セリアの横暴に抗って、無様に負けるか。
 セリアの横暴を許して、無様に負けを認めるか。

 二つの選択肢。
 どちらも結果は同じ。
 そのどちらを選んでも、ナツメが望む結末は待っていないだろう。
 前者は同情を買い、後者は侮蔑を買う。

 彼女は目を閉じて深呼吸。
 そうして開かれた瞳には、諦観の色。
 震える指先で、ナツメはタブレットの画面を弾く。

 セリアの口元が、愉悦に歪んだ。
 しょうがないと、俺は顔を俯けた。
 次いでくるであろう彼女に対する嘆息や罵倒に、せめて彼女の心が折れないことを祈った。

 だが、いつまで経ってもそんな声は聞こえてこない。
 耳に届くのは会場のどよめき。
 不思議に思って顔を上げると……、ナツメが日本刀を目前へ真横に構えていた。


『え? まさかあなた、戦うつもりですか?
 初期ステータスでこのモンスター達と?』

 目をぱちくりと。
 信じられないモノを見るような表情を、セリアが栗色の髪の少女へ向けた。

「…………、」

 答えず、ナツメは黒塗りの鞘と鍔を結んでいる紙縒りを、唇で挟んでしゅるりと解く。
 その凛とした相貌はアイドルとしてのそれではなく、素の彼女のもの。

『へえ、日本刀を取り出して本気モードですか。
 まあ、ちょっとした余興にはなるかな』

 嘲弄し、セリアが指先を向けてモンスターへ指示を出す。
 間近に居た五匹のウルフが時間差で女剣士へ飛び掛かる。

 ナツメがウルフに引き倒され、牙と爪に蹂躙される様を俺は幻視した……直後。
 鮮血が舞う。

「…………ッ‼」

 地面に重低音を伴って、丸いモノが地面を転がる。
 それが狼のものだと気付くのに時間は掛からなかった。

 わからなかったのは、彼女が抜刀した瞬間。
 あれだけ集中していたはずなのに、気付けばその刃はウルフの頭と胴体を分断していた。
 遅れ、投げ捨てられた鞘が落ちる。

 恐怖を持たない獣は、仲間が死してなお果敢に彼女へ飛び掛かる。
 ナツメは自らその内の一頭へ向かって足を踏み出す。同時、上段からの斬撃。

 その切っ先は、目で追うことすら叶わない。
 視認できたのは左右へ両断されて消えるウルフの残骸のみ。

 目標を見失った残りの狼三頭が斬り刻まれるのには、五秒も必要なかった。
 残心から刀を翻し、ナツメは冷たい光を宿した瞳で中段へ構える。

 派手さはない、ゆえに精練された剣技。

 その様に、俺は見惚れた。
 心を揺れ動かされた。

『ウルフ相手に無双されても、ねぇ。
 なら、どうしようもないステータス値の違いって奴を教えてあげましょう』

 淡い光を帯びつつある彼女へ向かい、人狼が大地を蹴った。
 大砲から放たれた弾丸の如き速度。
 ナツメは目立った回避行動を取ることはなかった。
 すぅーっと。まるで氷上を滑るように、彼女の体が射線から外れる。

 そして、一閃。
 すれ違い様に放たれた剣撃が、上下にワーウルフの身体を分かつ。 

「……すげえ」

「カッコいい……」

「美しい……」

 感嘆の声が、ちらほらと耳に届き始める。
 比例して、ナツメが纏う光は強くなっていく。

『はあ⁉ なんで初期ステータスでワーウルフが倒せるわけ⁉
 全武器最高のクリティカル率を持つって言っても、そこまで壊れ武器にした覚えはないのに!』

 反比例して、顔を曇らせるのは彼女を雑魚と呼んでいたセリア。

「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く