スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第二十七話 バーサーカー

――モーションが変わるのかッ⁉

 脇腹に強い振動。次いで空と地面がグルグルと交互に視界へ映り、セリアの一撃で地面を転がっているのだと気付く。
 追撃はなく、勢いを利用して立ち上がる。
 セリアが笑顔で会場を見渡していた。

『さあ、皆様!
 もうお気づきでしょうが、対人戦においては“レベルによるステータス、スキル補正”はなくなります。
つまりは、プレイヤースキルと習得したスキルが勝利のカギを握るのです!』

 違和感の正体はそれか。
 レベルの差を無くす。スキルの構成次第ではどんな者でも勝てる可能性があって、どんな者でも負ける可能性があるということ。
 観客席がどよめきに包まれる。強者の戸惑いと、弱者の感嘆に。

「ブレイズ・ショット!」

 解説の途中、再びレナがスキルを発動する。
 サッカーボール程の炎の弾丸を放つ、魔術師の初期スキルだった。
 ゆえに、その速度は容易く避けられる程度のもの。射線からして、一歩下がればかわされてしまうだろう。

 そうと知って放ったレナ。
 狙いは、目を合わせずともわかった。

『だから、説明途中の攻撃はやめろっていうのに』

 全神経を、セリアに集中する。
 ぶつくさ言いながら、右足を地面から離し、後ろへ――今ッ!

 ダンッ、と俺は力いっぱいに大地を蹴る。
 スキルと同等とまではいかないが、一段劣る程度の速度で彼我の距離を詰める。
 炎弾へ意識を取られていたセリアの対処は遅れる。右足を一歩後方に降ろした直後であったから、なおさらに。

 右手による上段からの振り下ろし。完全に虚を突いた攻撃、紙一重で朱色の剣に防がれる。
 彼女の顔に安堵の色が滲む。俺は、ニッと笑って見せた。

 ――お返しだ。

 真下から。俺は逆手に持った鞘を逆袈裟に振り上げ、彼女の脇腹を打ち据える。
 予期せぬ連続攻撃に、セリアの目が見開かれた。

「ヨルムンガンド」

 その隙をついて、俺は後ろへ跳ぶ。同時、彼女の足元が割れ、真っ赤な光が溢れ出す。
 轟音と共に爆発を起こし、セリアは上空へと吹き飛ばされた。

 HPはもう三割もない。
 くるくると宙を舞う彼女の体が瑠璃色のエフェクトに包まれる。
 俺を苦しめたバッドステータス。

 レナが杖を構えている。着地の瞬間にヨルムンガンドの発動を合わせるつもりなのだろう。
 終わった。会場中の誰もがそう確信する中、

『……いいなぁ、やっぱり』

 ポツリと、セリアが呟いた言葉をマイクが拾う。
 何気ない一言に、底冷えするような悪寒を覚える。

 そう感じたのは、俺だけではなかった。
 湧き上がっていたはずのアリーナ、いつの間にか静まり返る。

 やがて重力へ引かれ始めるセリア。その相貌を見て――俺は背筋を凍らせた。
 この状況でなお、爛々と瞳をたぎらせる薄暗い笑みに。

『――戦うのって、やっぱり愉しい……ッ‼』

 直後。
 轟ッと彼女の肉体から赤い闘気が爆発し、瑠璃色の輝きを消し飛ばす。

「なっ……⁉」

 驚愕の声は、誰のものだったか。
 セリアは闘気を纏ったまま、宙を蹴る。狙いは、レナだった。

 一歩も動くことが出来ず、動こうとした時には終わっていた。
 彗星の如き速度から放たれた一撃。レナのHPを全て刈り取る。

 だが、その体は少し薄く半透明になってしまってはいるが、光になって消える様子はない。

『このようにPvPで倒された場合は拠点に戻ることはなく、装備を失うこともないのでご安心を!
 そして、お得情報! 
 これは斧のスキルを上げることによって得られるパッシブスキル、バーサーカーですッ! その効果は、なんと! HPの三割を切った時に全ステータスを上昇させ、状態異常を無効にします!』

 司会の役割をきちんと果たす彼女。
 だが、豹変した彼女の言動を観客たちが受け入れられているかは疑問だった。

『制限時間があるので、説明はここまでッ!
 さあ、愉しみましょうか、ゴーレムキラーッ!』

 鬼気とした笑みを浮かべ、双剣を構える。
 俺もまた、全力で彼女を迎え撃つべく、唯一のスキルを発動した。

「クリムゾン・ブレイズッ‼」

 刀身の根元から切っ先まで、刹那に紅い焔へ染まる。
 死んでもデメリットがないのならば、使わない道理はない。

 彼女は嗤った。

『あははっ! 何それ⁉ 知らない、私も知らないよ、そんなスキル!
 バグッ⁉ それともスタッフたちの悪ふざけッ⁉』

 瞳孔を目一杯に開いたセリアへ、俺は真紅の刃を手に迫り、逆袈裟に斬り上げた。
 彼女は双剣を交差させ、ハサミのように受け止める。

『なるほど、このスキルでゴーレムを倒したんだ!
 でも、いいやっ! あいつら許しちゃおう! おかげで私、今こんなに愉しい……ッ!』


「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く