スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第二十一話 世界の悪意

「ですが、そのオンラインゲームがサービスを終了してしまいまして。
落胆しつつも次のゲームを探していた時に見つけたのが、このVRMMOでした」

「それで、このゲームでアイドルになろうとしてるってことか?」

「はい。でも、これだけリアルなゲーム世界だったのは予想外でした。
 だから、現実で叶えられなかった夢がここでなら追うことが出来ると思ったんです」

 現実では無理なことでも、ゲームの中ぐらいならば叶えられてもいいか。
 俺には彼女の夢を手助けする義理はない。
 だが、彼女の夢を手助けする力はある。

 結局はあの森でナツメを助けた時と同じだ。
 自分には少女を助けられる力があって、事情も知ってしまったのだから。
 今さら断って進むようなことはできない。

「そうか。それで、俺は一体何をすればいいんだ?」

「え?」

 俺の問いかけに、ぽかんとした表情を浮かべるナツメ。

「言っとくが、こっちはプロデューサーでもなんでもないんだ。
 知名度もゼロに等しいし、お前が言うように有名人になる可能性も絶対じゃない。
 それをわかった上で、ダメだったとしても恨み言を吐かないっていうなら、協力してやる。
 乗り掛かった舟だしな」

 どうせ無視して進んだところで、気に掛かってしょうがなくなるのだ。
 それが嫌だというだけで、彼女に手を貸す理由としては充分だった。
 ナツメが顔を輝かせ、頭を下げた。

「あ、ありがとうございます!」

 舟は用意したのは彼女でも、それに乗ったのは自分の意志。
 乗り掛かったのだから最後まで付き合おう。



「ま、マジでレベル50だ……!」

「あんなガキがゴーレムキラー⁉ し、信じらんねぇ」

「《蒼穹の証人》の総メンバーでも、一割すら削り切れなかったって話だぞ。
それを……? でも、レベルは確かに50だしな」

「どんな廃人かと思ったら、あんな可愛い子供が……」

「チートでも使ったんじゃねえの?」

「よく考えろよ。そんなあからさまなチート使えば、あっという間に垢BANされてるだろ」

「っていうか、あのゴーレムキラーの隣の可愛い子誰だよ」

「そういや、リーレの街で変なことを言ってる奴がいたな。
 初期装備の黒髪のガキが、見たこともないスキルを使ったって」

「マジであの子可愛いな」

「ああ、《黄昏の円卓》の奴らだろ。目立ちたがり屋だから嘘でもついてんのかと思ったが……」

「ユニークスキル持ちか」

「ユニークスキルってマジであんの?」

「フレンドに見せてもらったけど、マジであったよ。
 敵の戦闘から逃げまくったらなんか習得してたらしい」

「なんか結構な数が習得報告掲示板で上がってるよな。今まで被りは見つかってないらしいが、特殊な行動を繰り返してるとメッセージが来るらしいな」

「じゃあ、女の子のステータス覗きまくったらスリーサイズとかわかる素敵スキルが――」

「「「ねえよ」」」

 突き刺さる視線が痛い。耳に届くひそひそ声が、俺の心臓を跳ねさせる。
 シグナスの街について三十分。どうゆう情報網が通っているのか、町中にレベル50のプレイヤーが現れたという噂が広まっていた。
 いつの間にか俺の呼称も《ゴーレムキラー》に変わっている。なんか、あんまりカッコよくない。武器とかスキルの追加効果的な感じじゃん。
 もっとこう、巨兵殺しとかそういうのがよかった。

 肝心の隣のナツメはと言えば、ニコニコと愛想の良い笑みを浮かべ、他愛のない話をこちらへ振ってくる。

「うーん、今日も流れ星が落ちてきそうないい天気だね」

 大災害だよ。
 とんでもないキラーパスだ。しかし、自然に会話して欲しいという彼女のお願いがある。
 俺はぎこちない笑みで返した。

「そ、そうだなぁ。
 まだ昼だけど、これなら夜にはそうなるかもな」

「うんうん、空から天使が降りてきそうな天気だもんね」

 二人で空を見上げる。曇天だった。

「…………、」

「…………、」

「…………、」

 黙んなよ。こっち見んなよ。
 お前だろうが、一番最初にいい天気だって言ったの。

「ほ、本当、良い曇り空だよねっ。あたし、こういうちょっと薄暗いのがワクワクして大好きなんだぁ」

「あ、ああ、俺もだ。ずっとこんな天気が続けば――」

 言葉の途中、曇り空が割れて光が差し込んでくる。
 世界の悪意を感じた。

「ああ、せっかくいい天気だったのに! なんで晴れるのかなぁ」

「がっかりだな」

「お日様なんて大っ嫌い!」

「ずっと雲に隠れてくれてればいいのにな」

 設定の引っ込みがつかなくなり、そんな話を続けながら俺たちは進んでいく。
 どんどん人垣が遠巻きになっていく気がするが、気のせいだよね。

 宛もなく進んでいる内、幾度となくナツメは微光を纏った。
 どうやら、彼女の考えは功をそうしているようだ。

 そのうちに、巨大なドーム状の建物の前に着いた。かなりの人数のプレイヤーが人だかりを作っている。

「? なんだ、あの建物」

「あたし、知ってるよ。闘技場なんだって。プレイヤー同士じゃなくて、プレイヤー対モンスターの」

 そんな施設があるなんて、初耳だった。
 ふと名案が浮かび、ナツメの顔を見ると視線が合う。どうやら、考えることは同じようだった。


「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く