スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第六話 救えたもの

 愕然とする俺に、レナがフォローの言葉を続けた。

「でもまあ、ゴーレムを倒せたぐらいだしね。このデメリットも飾りみたいなものかもよ?」

 つまり、開幕ぶっぱで終わる可能性もあるということか。

「それはそれで、他のプレイヤーの目が痛いな」

 羨望や嫉妬の視線で見られることは、まず間違いないだろう。
 ダンジョンボスの攻略などに引っ張りだことなり、いつしか覇者ギルドのエース、真紅の騎士という二つ名を得て……ないな。
 うん、ない。そんなガラじゃない。ゲームでそんな地位に縛られて、自由に動けないのも嫌だ。

「平穏に過ごしたかったら、滅多に使わないのが正解かもね。でも、このゲームを開発したスタッフはずいぶん強気だなぁ」

「強気?」

「だってそうじゃない?
 普通のMMOじゃ滅多にユニーク装備やユニークスキルなんて出さないし。
 手に入れなかったプレイヤーが萎えて、ゲームをやめちゃう可能性があるから」

 確かに、手に入れるのが難しい装備はあっても、手に入れられるのが一つだけというゲームは珍しいかもしれない。

「実は、ユニークスキルじゃないってことは……ないか」

 自分で言って、自分で否定する。
 レナが同意する。

「うん、ないと思う。こんな破格のスキルを何人も使える人間が居たら、それこそゲームバランスなんてあったものじゃないし」

「ということは、ユニークスキルがあってもプレイヤーがやめない自信があったってことか、運営は。
 確かに初のVRMMOだし、批判する人間はいてもやめる人間はいないかもな」

 こんな楽しいゲームを、それぐらいの不都合でやめる人間がいるとは思えない。

「まあ、公平過ぎてもつまらないし。これぐらい刺激があった方が面白いか。
 ところで、このスキルの習得条件って何だったの?」

「…………、さあ?」

 自分でも不思議に思っていたぐらいなので、首を傾げてみせる。
 レナはイタズラな笑みを浮かべた。

「またまた~。フレンドなんだし、隠さなくてもいいじゃない。一体、いつどこで習得したの?」

「さっき」

「……え?」

 即答すると、彼女はきょとんとした表情で聞き返してきた。

「……ゴーレムと戦っていた時だよ。お前も見てただろ。あの時に初めて習得して、初めて使ったんだ」

「え? え? ちょっと待って。
 じゃあ、あなたはあの時、初期スキルに初期装備でゴーレムに挑んだの?」

「まあ、そうなるな」 

「え? 馬鹿なの?」

 助けた彼女にまで馬鹿と言われるとなると、もう本当に俺はただの馬鹿だったんじゃないだろうか。
 ずーんと気分を沈める俺に、なお彼女はわからないと続ける。

「じゃあ、なんで私を助けに来たの? 絶対に死ぬじゃない。あなたには私を助けるメリットなんて何一つなかったでしょ?」

 今更隠してもしょうがない。

「……お前が、ゲームをやめることになったら嫌だなって思ったんだよ。
 あのまま一人で死んで入口に戻ったら絶対辛いだろうしさ。
 例え一緒に死んだとしても、二人なら少しは辛さも和らぐだろうって考えたんだ。
 そんな心配いらなかったみたいだけど」

 結局、一人で空回りしていただけだ。
 あの時のことを思い出すと顔が熱い、すごい恥ずかしい。
 俺の答えを聞いたレナは、ぽかーんとした表情を浮かべて固まっている。
 きっと本当に馬鹿だとでも考えているのだろう。

 やがて、彼女は口を開いた。

「――あなた、本当にバカね」

 そう言うレナの口元に浮ぶ笑みは、俺を小馬鹿にしたものではなく、とても穏やかなものだった。

「お人好しが過ぎるわ。……でも、嫌いじゃない。
 あなたが言う通りにあのまま一人で死んでたら、それからのゲームを心からは楽しめなかったかな。
 アイツらに復讐したとしてもさ」

 でも、と彼女はこちらの目を見つめて続けた。

「あの時にあなたが一緒に死んでくれたなら。それでそんな話を聞かされたら、私はこんな風に笑えていたと思うわ。
 ああ。あんな奴らだけじゃなく、こんなバカみたいにお人好しな人間もいるんだって。心機一転してゲームに望めたんじゃないかな。
 どちらにせよ、あなたには救われていたのかも。本当にありがとね」

 そう微笑む彼女に。
 あの時、あの覚悟は何一つ間違っていなかったのだと。そう言われた気がした。
 思わずジーンときて、何も言葉を返せない。鼻の奥が熱くなって、じわっと視界が滲む。
 こんな涙が出る仕様とかいらない……‼

「……そ、それで、これからどうする?」

 このまま沈黙が続くと本当に零れてしまいそうだったので、俺は話題を変える。
 唐突な俺の問いかけに、何も言わずに彼女は答えてくれた。

「そうね。さっきも言ったけど、一緒に生活スキルでも上げる?」

「ああ。それがいいな」

「町には戻れないし、適当な小屋を拠点にして活動しよっか」

「ああ」

 感情を抑えるのに必死な俺は、何も考えずに彼女の意見に同意する。
 その時は、全然気づいていなかった。
 それがレナとの共同生活を意味するということに。


「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く