スキルを使い続けたら変異したんだが?

クルースニク

第一話 初めてのVRMMO

「おおっ!」

 目の前に広がる光景に、俺は思わず驚嘆の声を上げる。
 そこには、アニメや漫画でしか見たことのない、いかにもファンタジーらしい草原が広がっていた。

 世界初のVRMMO、《サクセスオブスキル》。
 今年四月に発売され、現在熱狂的な人気を誇っている。テレビやCMでもひっきりなしに宣伝されていたので、目にはついていた。

 しかし、俺自身は特に興味はなくスルーしていた……のだが、高二の一学期の終業式。
 発売日直後にプレイを始めていた悪友の林原和樹に「どうせ暇なんだろ」と招待ボーナス目的で誘われたのだ。

 まあ、夏休みは特に予定もなかったので暇潰しに手を伸ばすことにした。どうせ子供騙しと軽い気持ちでログインしてみたのだが、俺はその凄さに圧巻する。
 風の匂い。踏みしめた草むらの感触。プレイヤーとモンスターの戦闘の音。その臨場感は、まるで異世界に飛ばされたかのようだった。
 俺は先までの考えを心中で開発スタッフに謝った。

 次いで自分の服装を見る。
 皮のブーツに皮のズボン。皮の服に、枯れ草色のマント。腰には細めの剣が鞘に入れられて提げられている。
 確か、これらの装備を確認するにはステータス画面を開く必要があった。

「えーと、確か指でSって書くんだっけ」

 ぶつぶつ呟きながら、俺は指で宙にSの文字を描く。
 すると、目前にタブレットのような物が現れた。これでステータスや装備の変更を行うのだ。
 まず、ステータスを見る。

名前:ユウト・カミシロ
性別:男
レベル;1
クラス:剣士
HP:15/15
MP:5/5
攻撃:8
魔攻:2
防御:10
魔防:3
敏捷:3

 クラスはキャラクター設定時に剣士、魔術師、僧侶、弓士、騎士の五つから選べる。そこは無難に剣士を選ぶことにした。
 しかし、初期レベルだけあってステータスのショボいこと。
 まあ、和樹の話だと10レベルごとに能力値にボーナスもあるらしいし、まずはそれを目指して頑張るかな。
 さて、次は装備と。

武器:鉄の剣
頭部:
腕:皮のグローブ
胴体:皮の服
腰:皮のズボン
足:皮のブーツ
装飾品1:マント
装飾品2:

 初期装備らしい名前がずらりと並んでいる。。
 しかし、某RPGをやっている身としては、最初に鉄の剣をもらえるのはかなり嬉しい。いやまあ、その分数値は低いのだけど。
 そうしてタブレットをめくると、次はスキルの設定画面だ。生活スキルなんて言うのもあるが、とりあえず攻撃だ攻撃。
 攻撃タブをクリックすると、こんな画面が表示される。

スキル1:ブレイズソード
スキル2:

 スキル2から下は黒くなって、触ってもうんともすんとも言わない。何か解放条件があるのだろう。
 とりあえず、初期スキルのブレイズソードを指で弾く。

ブレイズソード
消費MP:2
威力:15
発動速度:B

 これまた初期スキルらしい性能だ。今の俺のMPだと2回が限度。
 威力というのがどういう意味かはわからないが、なんとなく弱そうに感じる。

 チラッと、横目で辺りを観察する。
 他のプレイヤーがうねうねとした液体状のモンスターや、狼のようなモンスターと戦っているのが見える。
 ぶるっと体が震えた。すごい、戦ってみたい。

 善は急げと、手頃な所にいる液体状のモンスターに近づく。タブレットで調べると、どうやらありがちなスライムという名前らしい。だが、変に凝っていないところは好感が持てる。
 ピコンと脳内で電子音が響き、スライムの上に赤のバーが出現する。どうやら、モンスターのターゲットになったことを知らせてくれるようだ。

「さて、いきますか」

 タブレットを放り投げると、途中で粒子になって消える。こうやって消すらしい。慣れて現実でもやらかさなきゃいいな。

 そんなことを考えつつも俺は剣を鞘走らせ、中段に構えた。
 鉄の剣という設定らしいが、京都の修学旅行で買った木刀ぐらいの重さに感じる。
 あまり現実に近付けすぎても振れないので、ちょうどいい重さだ。
 装備のレベルが適正以下だとかなり重くなるそうだが、今の俺には関係ない。

「はぁっ!」

 それらしく声を出して、スライムに剣を振る。
 その液体に鉄の剣が突き刺さると、HPバーが半分ほど削れる。流石、名前にふさわしい弱さだ。
 スライムが体を丸める。どうやら攻撃態勢に入ったようだ。俺は迷った末、その攻撃を喰らってみることにした。ダメージを受けるとどうなるのか知りたかったからだ。
 スライムが飛び掛かり、俺の腹部にぶつかる。

「おぉ?」

 その部分が軽く振動する。携帯のバイブより少し弱いぐらいだ。
 自分のHPをタブレットで確認する。

HP:14/15

 おお、流石スライム。なんともないぜ。
 とりあえず、動作が面倒なので視界の邪魔にならないところへ俺のHPとMPバーを表示させ、タブレットを放り投げる。

 スライムが再び体を丸めていた。トロい。普通にステータス確認している内に何回か喰らうと思ってたのに。
 スライムが飛び掛かってくる。速度的には小学校のドッジボールで女子が投げたのと同じぐらいだ。
 掴むことさえしないのだから、避けるのは簡単だった。
 身を開いてかわすと、スライムは放物線を描いて地面に落ち、べちゃ~と広がる。
 なにこいつ、ちょっと癒される。

 しかし、倒さないことには次に進めない。
 鉄の剣を思いっきり振り下ろす。スライムの体に突き刺さり、HPバーが真っ黒になる。すると、スライムの体が光り、粒子となって消え去る。
 すると、目前にタブレットが現れ、戦闘結果が表示される。

経験値:1×2
ゴールド:1
ドロップ:

 まあ、あの弱さでは妥当な数値だろう。
 二倍になっているのは招待ボーナスの効果のようだ。確か一ヶ月ほど続くらしい。

 あ、そういえば、あまりにも弱すぎてスキルを使っている暇がなかった。
 俺は再びモンスターの姿を探し、狼の魔物を見つける。タブレットで調べると、ウルフという名前だった。

 少し強そうだが、まあ、さっきの感じならなんとかなるだろう。
 俺はウルフに近づき、戦闘状態に入る。
 今度はこちらが剣を振るうよりも早く、ウルフの方から攻撃してくる。体を丸めての体当たりだ。

 ……馬鹿の一つ覚えだろうか。まあ、初期エリアでそんな強いモンスターが居てもやる気を削ぐだけか。

 今度は、小学校高学年の男子が投げるドッジボールの速度だ。しかし、毎回最後までコートに残っていた俺には、どちらにせよ関係ないことだ。
 再び身を開いてかわす。ガラ空きの背中が目に入った。
 そこで、俺はスキルの名を叫ぶ!

「ブレイズソードっ!」

 鉄の剣が刀身の根元から炎のエフェクトが燃え上がる。間近で熱を感じるが、暖かい程度だ。

「おおっ!?」

 次の瞬間、俺は驚愕に悲鳴じみた声を上げた。
 体が勝手に動く!
 まるで自分の身体とは思えない。剣道の達人のように、一拍でウルフと間合いを詰め、炎の剣が瞬きの間に振り下ろされる。
 ウルフの赤いバーが一瞬で真っ黒になり、その体が光に包まれ……粒子となって消え去る。

「す、すげえ……!」

 炎の消え去った剣を手に、俺は感動していた。
 すごい。現実ではできない動きを、現実と同じ感覚で体験できるなんて!
 そんな俺の耳に派手な電子音が響き渡り、タブレットが現れる。
 こんなメッセージが表示されていた。

経験値:2×2
ゴールド:2
ドロップ:

 レベルが2に上がりました。

HP:15→20
MP:5→8
攻撃:3→5
魔功:2→3
防御:2→4
魔防:3→4
敏捷:3→4

 上がり幅はしょぼい。普通のオンラインゲームなら投げるところだが、数値なんて今はどうでもいい。

「よっし、とりあえずレベル10まで上げるか!」

 そう意気込み、俺はモンスターを探しに行くのだった。


「スキルを使い続けたら変異したんだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ヒナキ

    ス、ステイシアの窓だと!?

    0
  • 冬空星屑

     テンポ良く進んでいて、良いと思う。
     ただし、一話のステータスの数値が前と後で明らかに違う。どちらが正しいのでしょうか?

    0
コメントを書く