クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

149話 ○○日後

えーと、あれから数日経ち、今日がヒスイの誕生日。
まあ、この数日間やったことには、わざわざこの場で語るほど面白いエピソードはなかったし………、まあ、一言だけいうなら、この数日間の詰め込みレベルアップで、エミリアさんの体重がかなり落ちた。
しかし、痩せたというよりは、痩けたこけたように見える。
これは、数日間のエミリアさんの心労を表しているだろう。

「にしても、妖精と精霊ってどんな違いがあるんだ?」

今は、「一旦、精霊になるために、世界樹に戻ってくるわ!」とか言って、昨日の夜に何処かに消えていったヒスイを待っているところだ。

「そうですね…………。精霊族については、研究がまだまだ進んでいませんので、あまり多くのことは言えないですが、妖精から精霊に進化?をすると存在が実体化するらしいです。」

僕の半ば、一人言のような疑問に対してエミリアさんご答える。
それにしても………らしいって…………?

「そもそも実体化って?」

「どうやら妖精時代は、見た目に見えている姿はほぼ実体が無くて、ありとあらゆる物理攻撃は、ダメージとして受け付けないようです。もし物理攻撃で体を破壊されても、時間経過と共に復活するそうです。なお魔法攻撃は普通に効くようですが、それでも力を減少させるだけで、妖精を死に至らしめることは出来ないそうです。」


~よくわからんが、端的に表すと妖精は死なないってことか。
そういえば、以前にヒスイのステータスを見たときに、[物理完全無効]とかあったなぁ。その他にも、物理系ステータスが低かったりとか………。
[高位鑑定]の結果によると、ラズリの持っている[物理攻撃無効]とは違い、[物理完全無効]はどんな物理攻撃でさえ、無条件に無効化するとこことだ。

「精霊になると、姿は固定化して変化することが、出来なくなくなり、逆にそのお陰でエネルギーが、体から流出することがなくなり、自分の御神体を離れて行動が出来るようになるようです。」

なるほどなぁ。
その実体化によって、エネルギーの流出?を防ぐことが出来る精霊になってもらうために、何日間も待っていたと言うことか。

「精霊族の生態の話もとても興味深いですが、それよりは間近に迫った島脱出作戦を詰めていくべきじゃないですか?」

そう質問したのはリリア。
そして、エミリアさんは少し考えるそぶりをしたあとに、質問に答える。

「ですが、今更話し合うことも少ないのでは?今日までに何度も何度も話し合いはしましたし。」

実は、結構この二人は仲が良い。
うーん。二人だけの共通点と言えば………、敬語口調で………あとは…………ないなぁ。
僕とニキスと一緒に魔物と戦いに行った次の日から、何かと仲良さそうに話すようになってたな。
そして、レヴィアタンとの戦闘の為のレベル上げを初めてからは、夜になると毎日二人で話をしているようだった。
二人が仲良いのは、良いのだが…………何故か釈然としない。
僕らに何か非でもあったというのだろうか?

「ま、まあ、そうなんですが………、何故か、頭の中に読者?とか言う人の為にもう一度おさらいしろ。という謎の声が聞こえたような気がして…………。」

「?リリア、あなた無神論者じゃなかったの?…………まあ良いわ。確認することは大切だしね。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバライター

    できれば美樹サイド沙耶サイドをも少し増やして欲しいです。

    3
  • ノベルバユーザー234144

    賛成!ぜひやって下さい

    1
  • TNKt_k

    少し頭痛がするので、キリが良くないですがここで投稿します。
    それと、私の作品昔から、物語の進行速度かなり遅いですよね。
    本編に全く無い本人の気持ちとか、どうでも良いような日常とか、皆さんはすきですか?
    私は好きなので増やしたいというのが本音です。(本編考えるのは、割りと神経を磨り減らすので疲れます。日常エピソードが好きなのも本当だよ?)
    皆さんの意見はどうでしょう?

    あと、147話ネタバレの無いタイトル募集中です。
    こちらも、意見頂けると嬉しいです。

    6
コメントを書く