クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

146話 精霊の想い出

「私はただ…………、後悔はしたくないだけ。」

ヒスイは僕の問いに俯きながら、そう答えた。

「………実は、輝夜がこの島に来る前にも一度、この島に人が来たことがあるの。まあ、私が生まれる前、先代の世界樹の精霊がいた頃の話…………。」

ということは、少なくとも500年以上前の話か。
ってか、唐突な過去編か?

「その人がこの島に来たときも、レヴィアタンの出産のタイミング。その人は若い青年で、自分の親と意見の違いによるケンカをして、家出して旅をしているところだった。そして、この島の近くを航海しているときに魔物に襲われて、漂流してこの島にたどり着いたようなの。
レヴィアタンが出産シーズンに入ると、世界樹の放出する魔力と、レヴィアタンの赤ちゃんを食べること、その二つを狙って様々な魔物が集まるので、その魔物に襲われたんだと思う。」

親とのケンカで家出したのか………。
どの世界でも、そんなことってあるんだな。
僕の家は、家族仲良好だったから想像できないけど…………。

それにしても、レヴィアタンの出産シーズンは魔物が集まるのか。
以前に、エミリアさんと再開した時に、戦ったクラーケンはレヴィアタンの赤ちゃんを食べること狙いでこの島に来てたのか?
超高位の魔物の赤ちゃんを食べることが、魔物にとって強くなる方法なのか?それとも単純に美味しいのか?
どうでも良いことを考えている間にも、ヒスイの話は続く。

「魔物しか居ないこの島で生活していた先代は、姿も魔物みたいで、当然思考も魔物寄りだったの。なので、島に訪れた青年を殺そうとしたのよ。しかし、その青年は精霊と親和性の高いエルフだったこともあって、先代が精霊ということに気付き、対話をしようとした。逆に、先代は初めて会った魔物以外の生き物に興味があったから、エルフの青年を生かすことにしたの。」

確か妖精種のうちは、自分を形作る想いや信仰を与えた者の影響を強く受けるんだったか?
魔物からしか影響を受けてなかったら、見た目さえ魔物の様になってしまうのか。
………何か引っ掛かるような?

「そして、1ヶ月近く共に過ごす頃には、凄く仲良くなってた。精霊の方はプライドが邪魔して、自分からは話し掛けたりは、してなかったけど………。親と離れたばかりの青年、ものすごい長い時をたった一人で過ごしてきた精霊、二人とも人の暖かさを欲っしていたんだと思う。そうして青年の心に余裕が生まれると、自分の意見ばかりで親言葉をしっかり聞いてなかったと思ったようです。そして、この島を出て、家に戻ることを決めたの。」

精霊がプライド…………。
まあ、何千年も生きてりゃ、たかが数十歳の若造に対して、自分から仲良くするのは、ちょっとシャクかもな。

「だけど、精霊は青年が居なくなることが嫌だったから、青年を引き留めようとあの手この手で青年で青年の気を引きいた。それでも青年の決心は固く、首を縦に振ってくれない。そして、あまりにも強情な青年にたいして、遂、家族を批判するようなことを言っちゃって、青年を怒らしてしまう。」

あぁ~。
そりゃ良くないな。
そのエルフの青年とやらが、親の話を聞くべきと思って家に帰ろうとするってことは、親の事をそれなりには尊敬していたんだろう。
それを、家出して来た身とは言え、見たこともない人に批判されるのは、なんとなく嫌なものだ。

「そのまま二人は、ぎこちない関係になって、結局二人は仲直りすることはなく、青年はレヴィアタンの出産シーズンが終わる前にと、島を出ていっちゃうの。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く