クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

104話 状況整理

ふぅ。
なんとか助かった。
だが今の状況は問題ばかりだ。
取り敢えず落ち着いて状況を整理しよう。

まず、気にすべきはリリアさんの怪我だ。
背中の傷は血が止まったから今すぐ命に関わりことはないだろうけど、横腹のダメージで肋骨が内臓に刺さったかも?と言っていた。
幾らなんでも内臓の怪我が自然回復で治るわけがない。
ヒールポーションでHPが全快まで回復している今なら、タイムリミットは残り2時間程度だろう。

次に考慮するべきはここが何処かということか?
そもそも何で僕達はメリスタではなく別の場所に来てしまったんだ?
確かに条件は満たしていたのに…………。
もう一度条件を思い出してみよう。

・事前にダンジョンの入口で魔力を注ぐ
・ワープする本人を合わせて重さが150kg
・魔力を注いでから20日以内

魔力は注いでからまだ15日程度だ問題ない。
重さもかなりの余裕を持たせていた筈だ。
僕とリリアさんとラズリ・ニキスとその他アイテム合わせて重さは110kg程度だった筈だ。
そして魔力を注ぐってやつもダンジョン初日に入り口でやった。

わからない。なにが原因なんだ?
………………?
そう言えば、前に僕の荷物が無くなっただの、無くなってないだの、話したことがあったな。
あれはなんでそんな話をしてたんだったか?

確か……、あれはダンジョンに泊まり込みで探索し始めた日の夜に、僕がテントから離れてニキスとラズリのご飯をあげて………………それで確かテントに帰る途中に遠藤と高橋に出会ったんだ。
それに疑問を持った僕は美樹ちゃん達が心配になってテントに行って………………あっ!あぁ~まあ、色々あって、結局美樹ちゃん達に何か酷いことをしたわけではなかったんだ。
だから、僕に対して高橋達はなにかしようとしてたんじゃないか?という結論になったんだったが結局部屋の中の物が無くなったり、トラップが仕掛けて有った訳ではなかった…………。
だから二人は、僕に対して何かしようとしてたけど、何らかの理由で諦めたのではないかと言う結論になった。

だがそれにしてはやけに二人の態度は自然過ぎる。
もしかしたら本当は目標を達成していたのか?
バッグの中身等の重要な物は無くなっていないってことは……………まさかすり替えたのか!
僕の帰還の札と別の帰還の札を!
まだ魔力を注いでいない帰還の札を僕の元に残すことで、僕を遥か遠くにワープさせようとしたのか?
それならあの二人がやけにダンジョンの中で急かしてきたことも、最終日に近付くにつれて機嫌が悪かったことにも説明が付く。恐らく僕が一人で強い敵と戦い負けて帰還の札を使うことをねらってたんだろう。

くそっ!あいつらのくだらない企みのせいでリリアさんまで巻き込んでしまった!
だが今は、あいつらに対するストレスを発散する時間すらも惜しい。

さっき居たジェネラルオーガのレベルは57。国のトップクラスに強い奴と同等クラスのレベルなんて普通に考えて化け物級に強いはず。
そんな化け物が村や町の近くに居るなんて普通に考えておかしい。領主が居るなら直ぐ様討伐するだろう。
逆に考えるならあんな化け物がいる以上ここの近くに村や町の類いはないだろう。
リリアさんを助ける方法の医者を探すのはむりかもしれない。

となれば他の方法だが………………。
そう言えばアイテム整理をしてたときに[アイテム創造]とかいうスキルを覚えてたな。
もしかしたらあのスキルを使えば、エクスヒールポーションとか再生能力のあるアイテムが、作れるんじゃないのか?




[アイテム創造]
主軸となるアイテムを母材とし、そのアイテムとその他のアイテム群を合成することで新たなアイテムを創造するスキル。
一度使うと1ヶ月使えない。
アイテムを創造する際にMPを消費する。必要MPが足りない場合は失敗する。
創造されるアイテムと必要MPは以下の要素によって決まる。

・素材となるアイテムは、母材との親和性が高いほどより創造されるアイテムはレアなアイテムになる。
逆に親和性の低いアイテム同士を混ぜると失敗する。
・素材となるアイテムによって創造されるアイテムの方向性が決まる。
・素材の種類が多い程より、レアなアイテムが、作成できるがその分消費するMPが増える。
・生き物は素材には出来ない。



このスキルだと、素材となるアイテムがないと、アイテムを作れないのか………………。
今手持ちにあるアイテムに回復効果の有るようなアイテムはない。ヒールポーションは使いきってしまった。
どうするべきか………………。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252836

    転落の異世界物語だなーʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    0
コメントを書く