クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

84話 別れ

何とか体を動かせるまでは回復したかな?
そんなことを考えていると勇義が歩いてきた。

「ちょっと!こんな大怪我するような攻撃するなんて!もうちょっと考えて戦ってよ!死んでもおかしくなかったのよ!」

歩いてきた勇義に対して沙耶さんが喰ってかかっている。
美樹ちゃんは下を向いていて表情は読めないな。

「あれば、僕の美月君の男の勝負だ。他の人に文句は言わせない。それに加減しての勝負なんて僕も美月君も納得できないだろう。」

まあ、試合結果には文句はない。
途中、いろいろあったが結果は僕の負けで間違いない。
あの時点では、まだ勝者の発表はされてなかったはずだしな。

「これで僕の勝ちだね。これからは美樹さんには僕のパーティーに入ってもらうよ。僕の方が彼女を守れるんだ。文句はないだろう。」

そうだな…………。
あんな皆の前で戦ったのに今さら約束を破るようなことは出来ない…………だが!
どんなに情けなくてもいい。
美樹ちゃんは勇義と一緒のパーティーなんて嫌だろう!
僕は悲しくて悩んでる美樹ちゃんなんて嫌だ。

「確かに僕は負けた。だが十分な力を示せたはずだ!魔道具なんて要らない。だからパーティーくらい美樹ちゃんの自由に選ばせてあげてくれないか?」

「負けたのに見苦しいな。」

見苦しいのは自分でも分かっている。それでも!

「力については、まあある程度は認める。」

「じゃ、じゃあ!」

「だが!ここは異世界だ。戦闘のある世界で力はあるに越したことはない!ならば君より強い僕が守るのが道理じゃないのか?それを君とパーティーを組むようにするのは君の身勝手だろう。」

それは…………、だがそれでも!美樹ちゃんは勇義が嫌だろうから………………。

「それに始めからそうゆう約束だったじゃないか、なのにその約束を反故するのはおかしいじゃないか。」

「だけど!」

「もういいよ…………。私、勇義君のパーティー行くから。」

!?

「だって!美樹ちゃんは……。」

「私気付いたの。私いつの間にか駄目になってたって。一年前から変わったと思ってた。自分一人でやっていけると思ってた。でも、そう思ってたのは私だけだった。美月君は自分一人で色んな事から私達を守ろうとしてるんでしょ?」

「そっ、それは僕が勝手に!」

「うん。知ってる。美月君優しいから。でも私ももう守られてるだけなのは嫌なの!私の知らない所で私を守って傷付いてる美月君なんて嫌なの!私なら大丈夫。頑張ってみるから!勇義君は悪い人ではないし、暴走しちゃわないように頑張ってみる。だから安心して私なら大丈夫だから。」

美樹ちゃんには僕の力なんて必要ないのか?
心配になるって、弱い僕が不安なのか……。
僕に力がないから……。だからまた、一年前みたいに美樹ちゃんを守れないのか?

「夏蓮!私も一緒に行くよ!」

「ううん。沙耶ちゃんは美月君とパーティー組んでて。私なら勇義君もいるし、勇義君のパーティーは人数も多いから、強さだけなら問題はずだし。それより沙耶ちゃんまで来たら美月君が一人になって危ないから、沙耶ちゃんが私の変わり美月君を支えてあげて。」

「分かった。何かあったら私の所に来なさいよ?別にパーティーが変わるだけなんだから。」 

「うん。分かったよ。ありがとうね。」

僕は去っていく美樹ちゃんの背を見ることしか出来なかった。


「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252836

    誤字が多いな

    0
  • はるしお

    この小説の評価が180度変わりました

    悪い方に

    0
  • ノベルバユーザー208148

    ユーザー207934さんに完全に同意。
    こんな感じの別れ方にするぐらいなら、転移トラップとか適当にその辺のネタ使って別れさせる方が胸糞じゃない分マシだわ。登場人物とのやり取りも何言ってんの??ってなる事も多いしもうちょっと考えてから話書いてくれ。

    0
  • ノベルバユーザー218610

    確か体力半分で決着じゃなかったけ?どう考えても半分切ってたでしょw

    2
  • ペンギン

    スゴく悲しいですね...
    これから良くなってくれればいいのですが...

    0
コメントをもっと見る / 書く