クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

67話 3層と4層の違い

二日目のダンジョン探索は初日とは打って変わり何も大きなことは起こらなかった。
むしろ、今日はパーティー単位で行動が許される日なので周りの目を気にせずに戦闘が出来たのでとても楽に戦闘を進めていけた。
そして、パーティー事の戦闘が終わりになってから皆で集まり四層入口近くまで行ってテントを張って寝た。

三日目は、エミリア王女の説明から始まった。
「今日からはダンジョン四層で戦っていただきます。ですが一つ注意事項があります。以前話したことが有るかもしれませんが、ダンジョンの入口近くは冒険者が沢山集まっていて魔物が湧いてくるのをまっています。ですが疑問に思いませんでしたか?
ずっと戦っていれば、levelは上がるため、いくら皆さんよりステータスの成長度が低くてもそれなりにlevelが上がれば、もっと下層に行けるのではないか?と。」

あー、確かにそれは思ったかな 
。今日までダンジョン3層分歩いてきたが、一層の入口にいた人達は本当に戦闘経験が少なそうな人や物乞いと言うのだろうか?日本で言うホームレスのような人達だったが、それ以外はどの層ですれ違った冒険者もそれなりに戦闘を経験しているような感じだった。特に3層はその傾向が顕著だった。
そこにクラスメイトの一人が答える。

「ほとんどの人が家族が居るだろうし、家族の世話をするために長期でダンジョンに滞在出来ないからとか?」

「違います。もちろん、そういう事情を抱えた人もいるかもしれないですがそれでは大きな要因ではありません。」

エミリア王女は他に何か答えを言う人を探しているようだ。
僕も答えてみようかな。

「じゃあ、長期滞在によるダンジョン下層探索がコストが高くて利益に見合ってないからとかですか?」

「それも違います。ダンジョンは下層へ行けば行くほど良いアイテム・素材が採れます。4,5層位で留まるならともかく、6層以下に潜れるならまず間違えなく1~3層で稼ぐより儲けが大きいでしょう。皆さんに渡した帰還の札などはメスリタのダンジョンの10層以下で稀に手に入りますが、値段はそのうちの一枚でも、皆さんがこのダンジョンに来て手に入れた全ての素材の売却額より高いですよ。」

と言うことは今まで稼いだ素材やアイテム=このダンジョンに潜った日数(5)×クラス人数(43)だ。
だから、5×43=215。つまり単純計算にはなるが帰還の札の最低金額は一般的な1~3層のダンジョン探索の215日分以上になるわけだ。
低確率とはいえ、10層以下に潜れるなら十分狙う価値のある金額だろう。

「そして、帰還の札は稀に出るアイテムですが、普通に魔物を倒して得られる素材でも1~3層の物の10倍から数十倍の差がありますよ。」

なるほど、だがそうなるといよいよこんなに低層に冒険者が集まっている理由が分からないな。

「そうですね………………。答えが出てきそうにないので言ってしまいましょうか?冒険者の多くが3層までで留まる理由はずばり、トラップの存在です。今2層や3層にいる冒険者の多くは、実力的には4層の敵を倒すことは可能でしょう。しかし、このメスリタのダンジョンでは4層以降の層ではトラップが出現し始めます。」

その言葉に多くのクラスメイトが疑問を浮かべている。
僕はリリアさんから、[隠密術]や[索敵術]を教えてもらったとき簡単にではあるけど、トラップについても教えてもらったから危険性は理解できてる。
だが、その事を理解できていないクラスメイト達を代表して勇義がエミリア王女に質問している

「トラップですか?魔物に比べれば意思を持ってこっちを襲ってくることはないのできないですし安全なのでは?」

「魔物に比べればトラップは危険が少ないと考えるのはとても危険です。確かに魔物も危険ですが、4~10層位の間ではトラップによる死者の方が多いと考えられています。」

死者という言葉にクラスメイト達の緊張度が少し上がる。だが、今までが特に怪我という怪我がなく楽に来れたので油断した空気はけして消えてはいない。
良くないことではあるが、勇義がそうゆう空気を作り出してしまっているので僕にはどうすることも出来ない。

「トラップの中には、落とし穴やモンスターハウス・弓矢・毒ガス等など沢山の種類があります。そしてその中の幾つかは盗賊系のスキルがなければ、見付けることが出来ないものもあります。そういったトラップに引っ掛かってしまうと死んでしまうこともあります。」

クラスメイト達もなるほど!と言う程度には理解出来たようだ。

「という訳で副騎士団長のフューリ様は低レベルではありますが[トラップ探知]と[トラップ解除]を持っているのでフューリ様に着いて離れないように歩いていきましょう。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く