クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

60話 [ヒール]


魔物との戦いも一段落した頃にエミリア王女から声が聴こえてくる。

「そろそろ終わりにしましょう。今戦っている方は戦闘終了後に私のところに来て下さい。」

かれこれ5時間くらいは戦ってたかな?結構お腹も空いてきたし丁度良かった。

「はぁ~、やっと終わった。もう、虫ばっかでもう気持ち悪すぎるよ。」

「そうね。ダンゴムシみたいなのとか緑色の体液が気持ち悪かった。」

流石に1日中虫ばっかりってのは疲れたな。
小っさな虫なら可愛いもんだけど1mくらいもあると流石にね。

「ケガされた方は居ませんか?」

「あっ!佐々木の転んで擦りむいてましたよ。まあそのくらいで重症の奴は特にいませんね。」

「それは良かったです。佐々木様はパーティーに[ヒール]を使える人がいるようならその方に、もし居ないなら私のところに来て下さい。」

佐々木君はクラスの中でも結構ドシな奴だ。日本でも良く転ぶことも多かったし、ケガもその程度なら良かった。
佐々木君のパーティーメンバーには[ヒール]を使える人はいなかったようでエミリア王女の方へ行っている。

「では[ヒール]。」

エミリア王女が佐々木君の肘に魔法を掛けている。

「うお~~~~~~………………あれ?」

「どうかされましたか?」

「いや、傷が治ってないんですが?」

「はい。そうですけどそれが一体どうしたんですか?」

「え![ヒール]って傷を直す魔法じゃないんですか?」

「えっとですね~。[ヒール]の効果は体を活性化されて体力を回復させることだけです。まあ、体を活性化させるので傷の再生速度も少しははやくなります。ですが所詮、そのまま放置しておくよりはマシと言ったところでしょう。」

「そうなんですか……。」

「もし傷そのものを治すとなると最低でも[エクスヒール]以上の魔法でなければなりません。腕一本治すなら国一番の使い手でも何とかなるか分からないほどですよ。まあ、男の子なんですから我慢してください。」

佐々木君は「トホホホ」と言っている。
それにしてもまさか[ヒール]に体を再生する力がないとは、異世界だから多少怪我しても不思議パワーで何とかなると思ってたけど、そんなの分かったら余計怪我するわけにはいかないな。




「それでは今からご飯にしましょうか。まあ、ご飯と言っても乾燥肉と硬いパンなので準備することは殆どありません。」

今からはご飯を食べるので皆で集まっているところである。
流石に寝るたり、ご飯を食べたりしてるときは危険度があがるので明日以降もダンジョンにいる間は、皆で集まって過ごす予定なのだ。

「あっ!それと食材アイテムをドロップした人は教えて下さい。食材アイテムはあまり時間を置くと腐って価値が無くなってしまうので食べてしまいましょう。私に渡してくだされば私が調理しますので。
無論、自分達で料理しても構いませんし、他の方に譲渡しても構いません。ただ、ドロップ品の魔物肉は地上で食べていたダンジョン以外の魔物肉と違って下処理が完璧に行われた状態でドロップするので宿で食べていた料理と比べるとかなり美味しいですよ。」

基本的に魔物肉がドロップしたら地上に持ち帰る前に腐るからダンジョン内で食べるのか……。
そういえば僕らのパーティーはどんなアイテムがドロップしたんだっけ殆どを美樹ちゃんが拾って直ぐに自分の]アイテムボックス]に入れてたから全然知らないや。
まあ、聞いた話によると魔物肉のドロップ率はそんなに高くないって話だし僕らのところにはないだろうけど、一応確認しておこう。

「ねぇ、美樹ちゃん僕らはどんなアイテムをドロップし……た………の?」

美樹ちゃんの方を見ると顔を引きつらせて僕の方を向いてきた。

「どうしようか………?魔物肉ドロップしちゃってたんだけど…………。」

「ちょっと!私も殆ど見てなかったからどんなのがドロップしたか知らないんだけど何の魔物の肉なの?」

「私達は[高位鑑定]を持ってないからアイテム名を知りたいならエミリア王女様に鑑定もらわないといけないけど、ビッグゴロンからドロップした魔物肉で、見た感じでは殻付きの肉だよ…………。取り敢えず[アイテムボックス]から出してみるね。」





「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く