クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

50話 まだ戦闘は始まりません。

メリスタダンジョンの探索をしはじめて約3時間でようやくダンジョンに層にたどり着いた。
ダンジョンの層と層の境界線には緩やかなスリーブとドアがあるだけで特にボス的な奴はいないようだ。
ダンジョンにもよるが基本的にボスの魔物が居るのは10層毎らしい。
見た目は一層と何も変わらない。

「ここがダンジョン二層になります。始めは特に危険なので今日は勇者様方全員で行動していただきます。」

今日はどうせクラスメイトと行動することになると思ってたから、ラズリとニキスは宿で留守番だ。
二人も[アイテムボックス]の中にいるよりそれぞれ訓練をしたかったようだしちょうどいい。

「じゃあ皆様、この広場で広がって魔物が湧くのを待ちましょう。」

周りを見てみると美樹ちゃんが不安そうにしている。

「大丈夫?戦えそう?」

「あっうん。見てみないと分からないけど何とか戦えそうかな?」

「もし、何かあったらその時は僕が助けに入るよ。まあ、スキルが大したことない僕じゃ頼りにならないかもだけど。」

「ううん。そんなことないよ!戦闘面だけじゃなくて精神面でも頼りにしてるから。」

「そこまで言ってもらえると僕も嬉しいよ。」

「でも美月君も本当に大変な事があったら私を頼ってよ?私も美月君の助けになりたいんだから!」

「うん。その時はよろしく頼むよ。」

そんな事を話ていると隣から声が掛かる。

「あの!私が隣にいるのに二人だけで話をしないでもらえるかな~。」

「あっ!ごめんごめん沙耶ちゃん忘れてたわけじゃいよ。」

「そんなこと言って二人して自分達の世界に入っちゃうんだから。で美月君もだよ。」

「あ~、ごめんね水澤さん。」

この人は水澤みずさわ沙耶さやさんと言って僕達のクラスメイトだ。
実家は両親が警察官で祖父も警察官で幼い頃から剣道などをやってたみたいだ。
身長は155cmくらいで茶髪で短髪だ。
性格は活発的で友達思いで結構いろんな人と話したりする社交的なタイプである。
小学校の頃から美樹ちゃんとは仲が良く、家がかなり近いこともあり家族ぐるみの関係らしい。
中学3年生の時の美樹ちゃんのねくらなイメージからのイメチェン?(イメチェンというかもはや人格改変)の手伝いもしていたらしい。
僕は中学校2・3年生の頃一度同じクラスになったことがあるけど特に仲が良かったということはない。
ただ引きこもる前までは普通の人程度はクラスメイトと話していたから、彼女と話をしたことは始めてではない。しかし、高校1年生になってからはほぼ会話をしていなくて昔の自分を知られていることもあり少し緊張する。

「美月君は、これから亜人系魔物との戦いがあるのに緊張してないね?危機感的なのはないの?夏蓮なんか朝の説明のあとからずっと緊張してるのに~。」

「もー、私もそんなに緊張してないよ。」

結構久し振りに話すのに何でこんなに当たり前のように話してくるんだろうか?
お蔭ですごく話しやすい。こういった所が社交的なんだろうな。

「僕はまあ、ゲームとかやってましたしこうゆうのはこの世界に来たときから覚悟してましたからそれにダンジョンで出会う魔物は倒すと消えてなくなりますしね。とはいえ、それでも緊張はしてますよ。ただそれを知られないようにつよがっているだけです。
逆に水澤さんはあまり緊張してなさそうですね?やっぱり剣道とかやってたからですか?」

「まあ、両親の仕事とか剣道とかも関係ない訳じゃないけど昔に知ったから、大切なものを守るためには戦わないといけないことがあるって。だから、美月君と一緒で緊張してるけどしっかり戦えるように心の準備はしてたってこと。」

大切なもの……か水澤さんにも昔何か大切なものを失うような出来事があったんだろうか?

「そうなんですか?じゃあ、美樹ちゃんの事をよろしくお願いしますね。」 

無駄に勇義に絡まれても水澤さんがいるならある程度は対応出来るだろう。僕は無駄に絡まれないようにここからはなれよう。
そう思い僕は背を向け歩こうとすると呼び止められる。

「ちょっと待ってよ美月君。折角だし、今日は3人でパーティー組もうよ。
他のクラスメイト達のはなんか相手が悪だから倒すって感じでなんか、相手を殺すっていう覚悟から逃げてるみたいで不安だし、その点君はしっかりそこのところを考えた上で覚悟してる気がする。私も他に覚悟を持って戦う人がいると気持ちが楽だし君も他にパーティー組む人なんていないでしょ?
あと、私のことは水澤さんなんて他人行儀な呼び方しないで沙耶でいいよ。同じパーティーになるんだしね!よろしく。」

あまりにも急にまくし立てられたので反対できなかった。
仕方ない。まあ、たまにはクラスメイトとも友好を深めることとしよう。

「じゃあよろしく。え~と沙耶さんでいいかな?」

「まだ他人行儀な気がするけど、取り敢えずそれでいいや。よろしくね美月!」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パパ6年生

    誤字報告『ダンジョンに層に到着』Χ『ダンジョン二層』○

    1
コメントを書く