クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

39話 秘密の打ち明け

エミリア王女の質問のあと、すぐに周りを魔力視の状態異常で見てもリリアさんは居ないみたいだから、リリアさんにばれてないな。
それにしても、メイドの秘密を知っているのでしょう?……か。
それはつまりリリアさん達が国王直属情報隠密部隊の人間であることを知っているか?と聞いているのだろう。
まさか秘密を知った可能性がある僕を消すためにこうやって二人に!?
だがどうして僕が疑われているんだ?[高位鑑定]でもない限り[遮蔽]によってステータスを隠してあるメイド達の秘密はわからない。
僕は[高位遮蔽]によって[高位鑑定]を隠しているのに。
とりあえず否定しておこう。

「すいません。意味がわからないです。メイドの秘密?って言うのは一体?」

「メイドの秘密しってらっしゃるんでしょう?出なければ、幾らなんでもそこまでスキルを強くすることは出来ないんじゃないですか?」

「よくわかりませんが、僕はリリアさんがメイドになる前は冒険者をやっていたと聞いて、魔法が使えないならせめて近接戦くらい出来るようになりたいと思ったのでリリアさんの弟子にしてもらっただけですよ。
クラスの皆が訓練してるなか遊ぶわけにもいかないですし。」

「そうですか…………、あまり警戒されなくても別に貴方を害そうという訳ではありません。ただ少しお願いがあるのです。」

お願いか……。
何か隠し事をしてわいるものの僕達に魔王を倒してもらうことが目的である国王や国王直属情報隠密部隊の人達を国王陣営というなら、エミリア王女は国王陣営の人間のはずだが。
僕を殺すつもりならこの場面でわざわざメイドの秘密なんて言葉を言う必要はない。
お願いがあるというのは本当の事なんだろう。
だとすると警戒すべきなのは僕を介してのクラスメイト達への介入か?
だがそれこそあり得ない。
クラスへの影響力も低くてステータスも低い僕を介しての影響なんてたかが知れている。
それならもっと単純で扱いやすいような人間に声にかけるだろう。
なんにせよ話を聞かないことには何も分からない。

「先程の話しはわかりませんが、エミリア王女にお願いがあると言われれば、やるかどうか置いておいて話を聞かないわけにはいきませんよ。」

「信用はしてもらえませんか……。まあ、そんなに簡単に信用するようでは私も困りますし、仕方ありません。願いというのは簡単です。勇者様方へ都合の良い事ばかり言ったりしてコントロールしようとする者等が居れば教えてほしいのです。」

「はぁ、それは構いませんが……。かわりに僕の方も質問いいですか?」

「先程の願いは、勇者様方が悪い貴族などに手を出されないようにという配慮のための願いです。
それとかわりにということになると私にもメリットのある質問でないと聞くことはできません。」

さっきの王女様の願いを考えると二つ以上の勢力が有るってことか?それとも王女個人が王国陣営の人間でないってことか?
おそらく、僕にメイドの事を話したってことは僕がメイド達の本当の仕事についてある程度知っていると確信しているのだろう。
何故ならもし僕が知らなかったらそれこそ国が隠し事をしているっていう証拠になってしまうし。
それを考えるとエミリア王女が敵であれ味方であれ、多少僕の事を話してでもエミリア王女との関係を強くすることはの方が大切だ。

「最初にあったメイドの秘密について思い出したことがあります。まず、始めに僕は[高位鑑定]と[高位遮蔽]の二つのスキルを持っています。
僕は始めてステータスを得たときに、失礼だとは思いますがこの国の人が僕達の敵である可能性があると思っていました。なのでステータスににあった[高位鑑定]で[高位遮蔽]の効果を確認したあと、周りのクラスメイトを[高位鑑定]した結果、[高位鑑定]や[高位遮蔽]を持っている人は居なかったことを知りました。
エミリア王女は[鑑定]を珍しいスキルと言ってましたし、[高位遮蔽]と[高位遮蔽]を遮蔽することで簡単にこの国の人達が僕達に敵意があるかどうか確認出来ると思ったのです。
そして、僕達に付けられたメイドのステータスを確認して彼女達が国王直属情報隠密部隊という組織の人間ということを知りました。
彼女達が国王直属情報隠密部隊のメンバーであるというのがエミリア王女の言うメイドの秘密ですよね。」

ちょっと格好つけてしまい、狙って[高位鑑定]を遮蔽したことにしてしまった。
本当は、ただのうっかりなんだけど。

「なるほど、やはり[高位鑑定]と[高位遮蔽]を持ってらっしゃったのですね。
過去の文献を見ても異世界人は高位のスキルを授かると言われてます。アイテムボックスは確かに珍しいですが、探せば持っている人は良くいますから、それだけということはないと思ってました。
ですが、なぜ明らかに怪しい人物であるメイドの弟子になったのですか?」

僕のステータスが低すぎて怪しまれたか。

「リリアさんの弟子になったのは、単にこの国が僕達に害意がある可能性が有るので出来るだけ強くなろうとした結果ですよ。
リリアさんも僕を監視するなら僕の信用を得ようとしてある程度のお願いは聞いて貰えると思ったので。」

本当はリリアさんの技を見て単に自分もこの技術が欲しいと思っただけで、なおかつリリアさんがチョロそうと思ったからなんだけど。

「なるほど、では貴方の質問を聞きましょう。そこまで深く周りを見ている貴方がここまで私に秘密を話してくれたのですから、出来る限りの事を話しますよ。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く