クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

14話 メイドさん仮面が外れそう!

「仕方ありません。では、軽く仮想の相手、今回は人間と思ってやりましょう、その相手に攻撃する感じでいきますよ。」

「お願いします。」

リリア(シェシリー)さんの仮想の人間に対しての攻撃が始まる。
攻撃の瞬間リリアさんの目は変わった。
小学生のころにやった空手とは、空気感が違う
相手を殺すという明確な意識を感じた、この時点で今までの格闘技とは、別物と考えるべきだろう。
まずは、足で相手の足を取るような回し蹴り、そして流れるように相手の心臓に撃ち込む、そして怯んだ所にまた回し蹴りだ。
一つ一つの動きに隙や無駄がなく、仮想の相手が見えた気がした。
正直感動した。
この人に、教えて貰えてもらいたい。
ここまで、技を高められる人が人を弄ぶようなことはない!と信じてる。

「師匠、僕に是非ともその技術を教えてください。」

「なっ!なにを急に師匠なんて!やめてください。」

「感動したんです。師匠に教えてもらってから本気のあなたがを見てみたいんです!」

「私は、ただのメイドです!昔、冒険者をやっていたこともありましたが、そこまでランクは高くないです。もっとすごい人はたくさんいます。」

大分最初と雰囲気が変わった。
素のリリアさんが出ているように感じる。
少なくとも動揺はしているし、チャンスだここは攻め時だ!

「それでも、さっきのリリアさんの技を見てから一目惚れしたんです!もっとリリアさんを(その技を)一番近くで見ていたいんです!お願いします。」

「ふぇっ?ひっ、ひとめぼれ?そっ、そんな事急に言われても困るというか……。嬉しいというか……。」

「どうしたんですか?」

「私は、情報隠密部隊で監視人、彼は私のターゲット。禁断の関係じゃないの~。」

大丈夫かな、急に一人だけ別世界に行ってしまったように感じる。
さっきからぶつぶつ喋ってるし、どうしよう?
いや!ここで弱気になってはいけない。
更に倍プッシュだ。

「貴方の技に惚れました。貴方の弟子にしてください。」

「えぇ~!そこまでいわれたらもう……………。?……え?貴方の技?私の技に惚れてくれたの?」


あれ?何か急に冷めてしまった?
しかし、僕の願いは弟子にしてもらうこと、真摯にお願いしないと!

「はい、貴方の技を、私に教えてください。」

「………………。あー……。何かどうでも良くなってきました。技でもなんでも教えますよ……。はぁ~。」

何か、リリアさんが落ち込んでしまったったが、これで弟子になれた。
これでリリアさんに近付けるぜ!

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く