クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

7話 あの人のステータス

「私達の意見は、纏まりました。私達の中から、魔王討伐に参加する意志のある人のみが戦い。他の人は、この国に残るということになったんですがいかがですか?エミリア王女」

「そうですか……。あまり気が進まない方に、戦ってもらっても、危険が増えてしまうだけですしその方が良いかもしれませんね。」

「それと魔王を倒すまで戦わない人達もこの城で生活を保証していただきたいのですが。」

「それは、もちろん保証します。流石に戦う勇者様と一緒の扱いをすることは難しいですが、最低限の衣食住は保証します。」
「まあ、それは仕方ないですかね。」

戦わない人も生活は、保証して貰えるようだ。
最低限がどの程度かは、分からないがこれで異世界でいきなり仕事をしろとはならないだろう。

「では、皆様には、ステータスを知っていただきます。」

お待ちかねのステータスだ。さっき早く見てしまいたくてこっそり「ステータス」と唱えてみたがなにも起きなかった。隣にいた美樹ちゃんにも見られてしまった。恥ずかしい。
ステータスをみるには、何か他に条件があるのだろうか?

「まず、皆様は、今の時点ではなんの力も持っていません。ステータスを得るには、ステータスプレートを持ち[ステータス受諾]といって初めて自分だけの力を得ることができます。このステータスプレートは、この世界では五歳になるとすべての国民に与えられるんです。」

「ステータスプレートはかつて、魔族や、魔物に対する力を持っていなかった人類のために神様が授けたものだと言われているのですよ。」

なるほどまだ何も力を持っていなかったのか。そりゃ、ステータスを見るこができないな。

「今からステータスプレートを人数分お配りします。」

ステータスプレートが配られてきた。ちょっと変な模様があるだけで特に変な所はない鉄板って感じだ。

「皆様それでは、[ステータス受諾]と、唱えて下さい。」

「[ステータス受諾]。」

するとステータスプレートは、透明になって自分の体の中にはいっていった。

「これで皆様は、自分の、個性に見あったステータスを手にいれています。」

「ステータスを確認する方法は簡単です。自分の持つ力を知りたい願いながら[ステータス確認]と言うだけですよ。」

まずは、勇義がステータスを確認しているようだ見てみよう。

名前:勇義拓哉     
種族:人族
年齢:18才
性別:男
職業:勇者

level:1
   HP:310/310
   MP:360/360

   筋力値:120
   耐久値:110
   魔力値:100
   魔耐値:105
   敏捷値:115

魔法
   火魔法:ファイヤーボール
   風魔法:ウィンド
   聖魔法:ヒール
   無属性:ブースト
   光魔法:光属性付与

職業スキル
   聖剣装備

スキル
   経験取得値倍加・鑑定・異世界言語翻訳

称号
   聖剣の担い手・異世界人

うわ!うらやましい。絶対に経験値取得倍加は、当たりだろ。

「すごいです。勇者様は、勇義様だったのですね。」

「どうゆうことですか?みんな勇者なのではなかったのですか?」

「すいません。説明が足りてませんでした。異世界から、召喚された方々は、強力なスキルやステータスが与えられますが、勇者は、あくまでも一人なのです。そして勇者様だけが、光魔法と聖剣を扱うことが出来るのです。」

「そうなのか。」

「はい。そして勇義様は、それだけではありません。光魔法のほかにも四属性も魔法が使えて、特に無属性魔法のブーストこれは、攻撃を行う時に威力を強化するスキルです。その他にも鑑定は、珍しいものです。私も一つ格上の高位鑑定を持っていますがこれがあると魔物や魔人のステータスを見ることができます。そして極めつけは、経験値取得倍加は、人より倍早く強くなれるというものです。どれも素晴らし能力です。」

すごいな。王女様がかっこよくて、強いなんて尊敬してしまいます。
って感じの目で勇義のことを見ている。

周りのクラスメイトも。
「すげーかっけーじゃん。」

「流石は、勇義君!!」

「うらやましいしいな、選ばれしものって感じで!」

そして王女様が話しを変える

「さあ皆様もステータスを確認しましょう。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く