クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

2話 プロローグ2

翌日、学校に登校すると僕の机があるはずの場所に机がなかった。
家に帰ったあとに、美樹ちゃんをイジメていた二人がやったのか?なぜそんなことをやったのか分からなかった。

「今日まで来なかったから、いらない机かと思ったよ。」

「そうだぜ!じゃまだから、外に捨てちゃったごめんねー。」

「まあ、校庭に置いてあるから拾ってこいよ。」

意味がわからなかった。
机を捨てたのは、昨日ケンカした二人とは、違う別の三人組の男子だったからだ。

「何でこんなことするんだよ!」

しかし三人は、まともに相手をしてくれなくて、朝のホームルームも近づいてきて仕方なく机を取りにいかざるおえなかった。
先生に言っても机を取りに行ったあとで証拠もなく、昨日ケンカを起こしたばかりの自分は、相手をしてもらえなかった。
そして次のイジメの標的は、僕になった。
僕は空手をやったことはあっても達人じゃない。
5人のクラスメイトに交代交代に殴られた。先生に相談しても以前のケンカの件で校長先生や教頭先生に怒られたらしく、

「お前にも悪いことがあるんじゃないのか?」
「相手の意見にも耳を傾けてみたらどうだ?」

とイジメをなかったことにしようとする。

相手の意見に耳を傾けてと言われて、相手がまともに話をしてくれないのにどうしろというんだ。
クラスメイトも去年同じクラスだったやつらも、五人組が怖いらしく、仲良かった友達さえイジメられている現場を見ても見て見ぬふりをした。
イジメは、徐々にエスカレートしてついには、美樹ちゃんさえも巻き込まれた。
美樹ちゃんは、五人に脅され泣きながら僕の教科書を燃やした。
僕は、1ヶ月もしないうちに、人間不信になり、クラスから逃げて家で引きこもり、不登校になった。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252836

    よくある話だな

    0
  • いーちゃん

    人間不信では?

    2
コメントを書く