転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

大進行⑳

「慈悲なき神は 漆黒に誘う 」
''黒き罪神の誘惑''

突如現れた黒いオーラを放つ漆黒の煙は、キウンを包み込むように迫る。

「なっ! 」

キウンはそれを咄嗟に後方に飛び退くことで避けた。

「よく反応出来ましたねぇ。お褒め致します」
「ふむ、そうか。苦しゅうないぞ」

謎の人物の嫌味の篭もった言葉に、キウンは被せて返す。

キウンに迫ってきていた黒い霧は、ある一定を過ぎると止まり、謎の人物の元へと帰って行く。
どうやら、範囲の制限があるよだ。

「彼が、貴方を殺そうとしているのは想定外なのですよ。 」

その者は、唐突に言う。ロッツを冷たい目で見下げ、垂れている頭を掴む。

「おい! 何をする! 」

キウンが言うと、その者はニヤリと気味の悪い笑顔を浮かべて謎の液体を彼に飲ませた。

「これを使うつもりは無かったのですが……仕方ありませんねぇ。
ここで彼に死なれるのは、不都合ですし」

試験管のようなものに入っていた薬をロッツが全て飲むと、数秒して直ぐに異変が起きた。

「うぅっ! 」

口をパクパクと開かせ、尾を地面にうちつけ、足をもがくように動かす。

「ロ……ロッツ、ロッツどうした! 」

キウンはロッツに駆け寄る。
その時既に、謎の者はその場を離れ、少し離れた辺りでこちらを見ていた。

「ロッツ! 」

そして、ロッツの近くにまできたキウンが体に触れようとすると、何かに弾かれた。

「な……なんだこれは?  」
「ハァハハッ! それは私達が作った強化剤です。罪神の魔力を取り込み、更に強くなる」

空になった試験管を眺めながら笑う者に、キウンは怒りの篭もった目で睨みつけた。

「貴様! 我が弟子にふざけた真似をしてくれる」
「お弟子さんでしたか。どうですか? 強くなりましたよ? 」
「貴様ァ! 」

目にも止まらぬ速さで謎の人物の目の前まで来ると、鋭い爪を持つ前足で斬り掛かる。

「ガルゥ! 」
「グハッ! 」

だが、その攻撃はロッツからのタックルによる妨害により届かなかった。

「貴方の相手は彼です。では、私はこれで」
「おい、待て!」

消えかかる謎の者に、攻撃をと思うが、ロッツが放った攻撃が邪魔になり思うように動けない。

「ギザマハ……ゴロズ……」

目を真っ真っ赤に染め、舌をだらりと垂らし唾液をまき散らすその姿は、完全に正常ではない。

突如、フラフラと歩いていたロッツはキウンの前に現れる。
紫に変色した鋭い爪で、ロッツはキウンを切りつける。

「グッ! 」

そのスピードは凄まじく、キウンですら反応が遅れ右足に傷を作った。

だが、それだけでは終わらない。
右、左と、交互に連続して続く攻撃に、キウンは対処が間に合わずかすり傷程度だった傷は、段々と深い切り傷に変わり行く。

「おい、ロッツ! 目を覚ませ! 」

だが、そんな事ではロッツに声は届かない。
あの薬を飲む前から、キウンに恨みを持っていたロッツだ。更に薬を飲み、狂気に満ちている彼に声など届くはずが無いことなど、キウンは理解していた。

それと同時に、自分がロッツに勝てない事も、容易に認識できていた。


それに……


キウンは自らの右足を見る。

「この傷が開きおった」

キウンの右足は真っ赤に染まっていた。
だが、その血の量は先程の攻撃だけではありえない程だ。

可能性が考えられるのは、血管が酷く損傷したか……或いは、古傷が開いたか。

答えは後者である。
この傷は他でもない、ロッツの弟、あの時見殺しにしたとされる弟に付けられた傷だ。

あの時、ロッツの弟はロッツに較べて幾分か劣っていた。
キウンの弟子に着いてからも、キウンや周りのものから比べられ、時に蔑まれていた。

そんな中でも、ロッツは弟を愛していた。いつもと変わることなく、蔑むものが入れば庇い……。

その行為が、逆に弟である彼の心を傷つけた。惨めになり、そして……彼はロッツを殺そうとした。

それを知らないロッツは、彼がしくんだ襲撃事件の中で人間に裏切られ、彼が死んだこと。
その時の傷で、狙われているロッツを守りながら、彼を救うことが出来なかったこと。

全てを知らない。

彼のことを考えると、易々とロッツに打ち明けられない。

キウンは、長年頭を悩ませていたのだ。

だが、そんなこともいざ知らず、ロッツはキウンに猛攻を仕掛ける。

迫り来る爪、飛び交う魔法。
薬により増幅された力に、キウンがなす術はなかった。












話が進展すると言ってから多分結構経ちました。

どうでしょう? 皆さんから見てどの程度進展のスピード感でしょうか?

遅い? 速い?  丁度いい?

まぁ、意見は様々でしょうが、これからもマイペースで進もうと思ってます。

っと……まぁこれは一旦置いといて


今回は、個人的に好きな小説を紹介します!
おっと、これ私が本当に好きなやつだからね?

で、その作品なんですが

「こた」さんが書いてる「嫌われもの金田」です!

日常にある現在進行形の「こんな人は嫌だ!」が、体験談とともに書かれています!

おれも、読んで見ると「あれ、こいつ居るぞ!」みたいに共感できてどっぷりハマっちゃいましたw

1話1話がそんなに多くなく、直ぐに読めるので是非、読んでみてください!!




「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く