転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

大進行19.5

「ウグッ」

口から肺に溜まった空気が吐き出される。
ロッツはその痛みに耐えながらも、身体を回転させ綺麗とはいえないが無事着地する。

「ほう、耐えよるか。昔よりは強くなったのだな」
「うるせぇ……クソ野郎が」
「クソ野郎……か」

キウンは悲しげな目でロッツを見る。
また戻ってきて欲しい。未だキウンが思う事だ。
彼は、優秀な弟子であった。
無愛想な自分に懐き、数多くいた弟子の中で唯一残った大切な弟子。

だが、それは叶わないだろう。現に、今もこうして彼はキウンを殺そうと迫ってきているのだから。

「死ねぇ! 」

鋭く尖った彼の爪が振り下ろされる。
だが、それはキウンにかすることもせず地面に大きな傷跡を残して行くだけだ。

「やろう! 」

直ぐに方向を変えたロッツは自らの身体で体当たりをする。
キウンは避けること無くその攻撃を受け、流れるままに飛ばされるとこで威力を減少させた。

ーー少しでも攻撃を受けて納得してくれればいい。それで、彼が戻ってくる可能性が高まるならば

そんな甘い考えを、キウンは持っていた。

いつも冷静で、正しい判断を下すキウンだが、誰しも大切な人の事になると判断能力が低下してしまう。
狼だとしても意思あるものとして例外ではないようだ。

「何で反撃してこねぇ! 貴様なら容易だろう! 何を思ってるかは知らんが、俺が貴様の元に戻ることは絶対にないからな 」
「そこまで言うならば致し方ない。こちらも反撃といこうではいか」

一蹴りでロッツの目の前まで距離を詰めたキウンに、彼は反応できずにいる。

「なっ! 」
「遅いぞロッツ」

一回転し、尻尾で彼を叩き上げる。
綺麗に顎に入ったその攻撃は、ロッツを数メートル上空に飛ばすのには十分であった。

「我はは魔を司る精霊なり。我が声に答えろ」

''精霊達の舞踊''

精霊王のみが使える精霊魔法。この魔法は、彼の声を聞いた精霊達が一斉に敵に魔法を放つというものである。

彼の声は、空間魔法によりあらゆる場所へ響き、その声を聞いた精霊は転移でこの場所までくる。そして、魔法を放って元に帰る。

これほどのことを成す魔法は、当然使用魔力量は多いだろう。

キウンでさえ、3発程度しか撃てない。
だが、それを行えばそれ以外は何も出来ない。
そのため、もうこの戦では放てないであろうものだ。

「死してはいないか……」

感じる魔力からキウンはそう呟く。
煙をまとい、力の抜けたロッツは地へ向かって落ちてくる。
それをキウンは風属性魔法で優しく受け止めた。

「ロッツよ……」
「クソ……クソが……」

キウンに情けをかけられたと、弱々しい目で精一杯に睨む。
そんなロッツに、事実を話してしまおうと口を開いた時異変が起きた。

「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く