転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

大進行⑰

ーーと、言うことだ。



張り詰めた空気の応接室に、トールスの声が響き終わるとしばらくの静寂が訪れた。

王城の応接室に迎えられた国士騎士のアルトとハヴェは、国王陛下であるトールスから魔物の進行状況や、簡易的な治癒院の設置状況等を詳しく聞いた。

魔物の発見は早く、今回の戦いにおいて準備する期間が十分とまでは行かないものの、ある程度確保出来た事が不幸中の幸いであろう。

さらに、魔物が進行してくるのは、アジュワの森の方角からのみであり、真反対にあるラジュワからの進行は全く見られない。

これら二つのおかげで、恐らくであるが想定される被害は少ないとされている。

これは、以前ーと言っても50年も前だがー起きた魔物の大進行の時よりも好条件だ。

50年前に起こった魔物の大進行は、アジュワ、ラジュワ両方の森から魔物が進行し、発見と対策が遅れたせいで被害は甚大なものになった。

その頃、生を受けていなかつたトールスであるが、大規模進行として書物に記載され、語り継がれているため把握しているだろう。
故に、この対応の速さなのだ。

「では、私達は遊撃を行えばいいということですね? 」

事情をトールスから聞いたアルトは、訊ねる。
まだ何も言われていないものの、自分達が動くということは、それ以外に考えられない。

「その通りだ。お前達には魔物の殲滅をお願いしたい。」

トールスは首を縦に降りながらそう答える。

「先生、背後は任せた」
「おう、任せろ」

ハヴェはニヤリと口角を上げると、そう言った。
己の背後を相手に信託する事はそうできるものでは無い。
信頼出来る強さと、それまでの積み重ねがあって初めて成立するものだ。

だが、今回は違う。積み重なってきたものはたかが2週間程のものだ。
アルトがハヴェに信託出来たのは、ハヴェの強さと、師という立場がほとんどを閉めている。
と言っても、積み重なりがない訳では無いが……。

「そうか、では宜しく頼む。今回は国士騎士の初陣だ、絶対に成功させろ」
「「御意に」」

2人は椅子に着いたまま手を胸にあて頭を下げる騎士式の礼をする。

「では早速だが、門の方へ向かって欲しい。それとこれ、騎士団の身分証だ。これがあれば思うように動けるだろう。」
「ありがとうございます陛下。貴方様の御期待に添えるよう、全力を尽くす限りです」
「俺もだ。陛下、あんたに貰った恩はしっかり返す。」

アルトとハヴェは、手渡されたトールス王国の紋章と新たに作られた国士騎士を示す紋章の入ったミスリル(魔銀)製の板を、アルトはボックス(本来のボックスではなく神から授かったボックスであるため、本来のものよりずっと高性能である)に、ハヴェは内ポケットに閉まった。

アイテムボックスの魔法を使う程に魔法技術の無いハヴェは、そうせざるを得ない。

そもそも、アイテムボックスの魔法はその有用性から過去に研究を重ね簡略化されているものの、中級程度(魔法ランクD)の難易度である。
中級の中では簡単な方であるが、魔法を、不得意とするものには難しいものだ。

侍女たちに見送られ、国士騎士団の2人は王城を後にする。
街では既に避難勧告が発令されており、本来戦力に回されるはずの兵士達が多人数動員されて、街の地下シェルターへと避難誘導が行われていた。

この地下シェルターも、以前の大進行の時の対策案として挙げられ、実働されたものの一つである。

兵士達が多動員されたのは、トールスの気遣いだろう。
恐らく、一般兵であり冒険者ランクで言えばC、B、程度の兵は、役に立つどころか大規模な魔法を使うアルトに取っては、邪魔であろうと判断しての行動だろう。

だが大衆の前故、兵士が全くいないとなっては存在の認知が低い国士騎士だけでは不安を煽る為、少なからずの兵は出るだろうが少しでも少ない方が言いに違いない。

それに、取りこぼして街に来た場合の対処や、火事場泥棒のような対処にも覿面である。

流れゆく人の波に逆らいながらも、足速に街門 を目指す。
人々は、不安を口にしながらも冷静さを失っているものは極少なく、殆どのものが兵の誘導に従い、速やかに、それでもって確実に避難を進めていた。

それと並行して、簡易的な治癒員の設立、治癒の魔法薬の入手がほとんど完了していた。
これも、大方兵士を使った為であろう。

人の波に逆らい、人と人の隙間を駆け抜ける2人は今回の戦いについて話していた。

「先生、アンタの使い魔出すのか? 」
「そのつもりだ。恐らく、2人では手が回らんだろう」
「俺が大規模の魔法を連発すれば大方片付くぞ」
「いや、兵士達も居るだろう。それに、門付近の地形を荒らす訳にもいかない。大規模魔法は離れたところで使う事になる」

だが……と、アルトは続ける

「アンタの使い魔でっかい龍だろ」
「なんか問題あるか? 」

いや、あるだろ……と、アルトは思う。

ハヴェの使い魔は全長10メートル程の大きな龍だ。
大昔に契約を結んだ龍なのだが、あれは繊細な攻撃技術に欠けている。
アルトの大規模魔法とまではいかないものの、あの龍が暴れれば門はおろか、街の中まで被害が行きかねない。

あの龍が咆哮(ブレス)を放てばあたり一帯が更地になる事だろう。
そんな龍を従える彼も彼だが、あれを解き放つのは不味いのだ。

「だがな……そうなると街に魔物が入りかねない」
「なら、俺の使い魔を使えばいい」
「お前の? てか、使い魔いるのか」
「あぁ、門を出たら呼び出そう」

そう言って、迫る危機に備えるべく彼らはスピードを上げた。


「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く