転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

第二章 大進行

「化け物、ここは貴様の様なもののくる場所ではない!」

フルム魔王国から帰ってきたアルト達は、街に入る門の所で、兵士に剣を向けられ囲まれていた。

アルトは困惑していた。

つい先日まで自分のことを跡継ぎの1人として、領主の息子として扱ってくれた兵士たちが、俺に剣を向け''化け物''と呼んでいるのだ

「俺だ、アルトだ。アルト・フォン・クリード」

「そんなことは分かっている! この化け物が!」

剣を持って構えている兵士とは違い、俺から距離をとり、後ろの方で叫んでいる

こいつは衛兵のリーダーだったものだ

そんなやつが俺の顔を忘れたとは思えないし、さっき分かっていると言っていた

アルトの頭は混乱していた

すると、街の中から1台の馬車が出てきた。

この馬車には見覚えがある。俺が王都に向かう時に乗った馬車だ

その馬車は先程の兵士のリーダーの男の近くで止まり、中からミルと父様が降りてきた

「父様!」

俺がそう呼ぶと父様は酷く気分の悪そうな顔でこちらを見て言う

「父様と呼ぶな、汚らわしい! お前は俺の子ではない! メリスとファルを殺した化け物だ!」

ど、どういう事だ?

俺は思考が停止し、その場から動けず、言葉を発することが出来なかった

俺が……母様と兄様を殺した?

「おい、この餓鬼を殺せ」

父様は俺の事を酷く汚らわしいものを見る目でそういう

正面の兵士が剣を構え俺へと斬り掛かる

だが、今の俺にそれを見切り、躱すほどの思考ができない。俺の頭の中は父様の「殺せ」や、「息子ではない」等と言う言葉でいっぱいだ

「悪魔の七装 暴食の左腕さわん

ネメスがそう唱えると、自身の左腕は黒くなり、白のラインが肩から中指に掛けて1本通っている

''悪魔の七装''それはネメスの最高奥義である。

傲慢の右腕うわん暴食の左腕喰らった力を1.5倍の威力で放つことが出来る。

暴食の左腕さわん 相手の攻撃を喰らうことが出来る

嫉妬の左足さそく 半径30センチ以内の無機物を破壊する

強欲の右足うそく 半径30センチ以内の無機物を30キログラムの範囲で自由に創造する

怠惰の翼  空を飛べる。使用時には微量だが、体力が必要

憤怒の躯幹くかん 受けたダメージの半分を魔力に変換する

色欲の隻眼せきがん 魔力を使用して、相手の思考を読み取ることが出来る

これらの能力がネメスの力だ。

だが、これには弱点がある。

それは、これら全てを同時発動した際の最高保有時間は10分だ。要は時間が短い

部分使用なら1時間程度は持つが、それでは効果が薄く、強敵や、数の不利は凌ぎにくい

だが、今回暴食を発動したのはアルトを守るため。全ての攻撃を喰らう為だ

斬撃は弾き返され、兵士の剣は上へと跳ね上がる

「失礼します」

ネメスは一言そう言い、その兵士の鳩尾を蹴り意識を奪い取る

「なっ! クソっ! 化物の仲間は化物かよ」

1人の兵士がそう叫ぶ

ネメスはこれ以上ここに居てはアルトへの負担が大きいと思い撤退を決める

「キウン、主様を乗せて森の中へ走れ! 撤退する!」

「主よ、失礼する!」

キウンはアルトの服の襟を噛み、持ち上げ背中に載せるとスーリヤと共に兵士を飛び越えて走り出す

「砂塵!」

土属性Nランク魔法ー砂塵ー

砂埃をおこし、視界を奪う魔法

ネメスが言うと、その辺には砂埃が舞い上がり視界を奪う

本来この魔法は、使えば周りの迷惑になる為嫌がられるのだが、このような場合はとても有効で使い勝手がいい

ネメスは今だと、キウン達の後を追う

ネメス達は、隠れられる場所を探して10分ほど走り続け、ようやく隠れられる場所を見つけた。

「ネメス、ここはどうだ?」

キウンがひとつの洞窟の前で足を止める

そこは、ある程度奥まで続いていて近くには川もありネメスの察知できる範囲では魔物も下級のものばかりで危険が少ない

「よし、ここにしましょう」

「ネメス、ご主人様は寝てるわ……」

スーリヤが気づいて伝える

「そうですか……お疲れなのでしょう色々と」

そう言っていつの間にか腕が元に戻っているネメスは、自身のボックスから厚めの毛布を2枚取り出す。

1枚を床にしかそこにアルトを寝かせ、その上からもう1枚をかける

洞窟の中は外より少し気温が低く、静かで声が良く響く

「スーリヤ、キウン、主様をお願いします。私はアルト様が起きられた時のために果物や、魔物等の食料を集めてまいります」

「わかったわ、ご主人様は任せてちょうだい」

スーリヤはアルトの近くに腰を下ろしす。

「ではこの洞窟の警備は我が行おう」

キウンは立ち上がり入口の前に立つ

「貴方がたも少しはお休みくださいよ」

そう言ってネメスは森に入っていった












突然ですが、BLの短編を書きました。
夫夫ふうふの過去物語」です
理由は本編に書いてあるので是非読んでください
(エロなどが苦手な方はやめたほうがいいですよ)

あと、これだけは言っときます!!
俺にこういう趣味はない!!








「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く