転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

幼少期㉜

「僕を……殺す? ふふっ、おかしなことを言うものだねぇ」

フィダー・カントは相変わらずの薄気味悪い笑顔のまま言う

「そもそも、君は気づいていないかもしれないけどそこに転がってる僕の餌が君のお父さんを人質にしてる筈だよ?」

「あぁ、その事か……それならさっき''害虫を駆除した''と部下から連絡があったが」

そう、アルトは自分の領地にネメス、スーリヤの軍の四天王達を2人ずつ置いてきたのだ。

「な、何故……四天王は揃っていたはずだ……」

四肢を失い倒れている魔王が言う

「あれは俺が作った分身だ、だから今回4人何もしていなかった奴がいただろ」

アルトが作った分身は形、魔力を本物と似せる物であり、力までは模範できない。だからその4人は何もせず立っていただけだったんだが気づかれていなかったようだ

「まぁ、それはいいとして魔王はそろそろ死にそうだし……僕がいただくよ」

そう言うとフィダーの口から5本の触覚のようなものが出てきて、四肢を失った魔王とその手足を掴み、食べ始めた

「ボリッ! グチュグチュ……ガリュ!」

魔王の骨を噛み砕く音と、肉を噛みちぎる音が鮮明に聞こえる

「お、お前……」

アルトはその光景に言葉を失い、気味悪さから1歩さがる

「ふぁ、美味しかったぁ! これで僕は完全体になれるよ」

フィダーは相変わらず恐ろしく、不気味な笑顔を浮かべている

「完全体?」

「そう、この世界に居る邪神と、悪の王魔王。このふたりを吸収することが条件でさ、魔王はまだ弱かったから君の家族を潰すように仕向けて憎悪を魔王に向けて強くしたってわけ!」

家族を潰す?……俺の……?

「お前が……お前が!」

アルトがその場から消えると同時にフィダーへと右手に持った氷刀で斬り掛かる

フィダーはそれを手刀の形にした右手で軽く受け止める。

2つがぶつかった余波で死体となった魔王の四天王達は吹き飛ばされる。

だが、氷刀の能力でフィダーの右手は手首のあたりまで凍りついている

だが、アルトは構わず左手の雷刀で斬りあげる

それをフィダーは状態を後ろに少し逸らし回避する

その刃は掠りすらせず宙を切り裂く

当たれば能力でダメージを与えられたが当たってない為、雷は空気を伝い城の天井へ直撃する。

アルトは右足でフィダーを蹴り、自身は後へ飛び退く

その時、雷があたり崩れた天井の石がフィダーのいる、アルトが元いた場所に落ちてきた

「はっ! 色々と吸収した割には呆気なかったな」

アルトは仕留めたと思い、体の力を抜き少し舐めた感じで言う

だが、石の山の中から声が聞こえた

「そうかなぁ?」

その来ると思っていなかった返答にアルトは動揺を隠せず、抜いた力を再び入れる

瞬間、物凄い量の魔力が拡散され、フィダーを押し潰したはずの石は、砂のようにサラサラになり、風に乗って飛んでいった

「な……なんだ今のは」

「僕の魔力をほんの少しだけ放出しただけだよ!」

あれでほんの少しだけだと……

俺はその時こいつの危険性を身を持って思い知った

恐らく俺は神からの力に踊らされ天狗になっていたのだろう

「ネメス! 全軍をこの場からすぐに引きあげろ! 最低でもフルム魔王国の国境辺りまでは引き下がれ!」

俺は大声を出してネメスに伝える

「出来ません! 主様を置いて下がるなど……」

「引け! これは命令だ!」

「ですが!」

それでも引かないネメスにアルトは少し嬉しくなった

おそらくネメスも危険だと判断しているだろう。自分の身がどうなってもアルトに使えると言うその姿勢にだ……

だが、アルトはそれを呑めない。絶対下がらせるつもりでいる

「ならば仕方がない! 俺が転移で全軍強制的に飛ばす」

「なりません!」

「ネメス……スーリヤとキウンにありがとうと言っておいてくれー転移ー」

「ダメ……」

ネメスの声はアルトに届かずネメス含める全軍は国境の山のフルムま王国側の麓へと転移させられた。

「主様……それはご自分でお伝え下さい……」

その遺言にも捉えることのできた言葉はネメスは伝えなかった

アルトが生きて帰ると信じて……


「あっれれ? 仲間を返しちゃっていいの?」

その舐めたような言い方と笑っている顔にアルトは苛立ちと恐怖を感じる

「お前なんか俺一人で十分なんだよ」

そうは言っているが正直大分とキツい

恐らくこのまま行けば俺の命を掛けても奪えるのは右手程度だろう

なにか策を考えなければ……

「いや、あるぞ」

「何があるのぉ?」

勝つではないが一時休戦にさる方法が……

それは対物理結界、対魔法結界、オリジナル魔法で魔力吸収結界を貼り、自分の武器を媒体に封印のような形にすることだ

恐らくだが今俺の体には全ての力が宿っていない

まだ年齢が5歳だから、得た能力に体があっていないのだろう

これが成長し、完全に扱えればこの程度の相手ならば勝てる。

だが、今の体力ではこの結界を貼るとほとんど動けないだろう

確実に当てなければならない

アルトの魔力は無限だが体力は無限ではない

魔法を発動するのには魔力が主となるが別に体力も必要となる。アルトは魔力こそ無限だが子供なため体力は少ない。(と言っても一般的には化物クラスに多いが)

魔法を無限に連発できる訳では無いのだ

確実に当てるなら動きを止めて隙を作らなきゃならない……

ならばこちらもタダでは済まないな……

「よし! 行くぞ罪神!」



「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く