転生して最強の力を手にした俺はチートで無双する!!

guju

幼少期㉛

「ネメス、スーリヤ良くやった」

転移魔法で帰ってきたネメスとスーリヤにアルトは褒めの言葉をかける

「勿体なきお言葉です、主様」

褒めの言葉に嬉しさを隠せず笑みを浮かべたスーリヤとは対照的にネメスは恐縮の言葉を口にする

「これで敵の戦力は残すところ魔王と四天王共だ。恐らく城の中に居るだろう。

俺とネメスの2人で乗り込む。キウンは引き続き雑魚共の処理と警戒、スーリヤは兵士達の傷を癒してやれ」

「「「御意に」」」

ネメスとスーリヤ、キウンは頭を下げる

「よし行くぞ、ネメス!」

ネメスは立ち上がり俺の後ろへ、キウンは足早に残党の処理に、スーリヤは回復魔法の発動に取り掛かる

俺は無言で転移を発動し、城の中に魔力が集合している場所へと転移する

「良く来たな、人の子よ」

「あぁ、糞野郎が」

アルトは怒りから少し殺気を放ち、魔王を睨みつけて答える

漏れた殺気に慌てるネメスであったが、その異様に少ない量(一般的には多い)の殺気で、アルトが理性を保っている事を察した

アルトは音を立てず、気配を殺しいきなりその場から消える

その瞬間、アルト辺りは血の海とかした

魔王の横に並ぶように立っていた四天王の4人の首が、その体から離れていた

「な……四天王達を一瞬で」

「おい魔王! 貴様の四肢を全て斬り落としてしてこれまでにない苦痛を与えて


殺してやる」

四天王達の返り血を浴びたアルトの白い髪は所々真っ赤に染まり、恐らく進化したのであろうその赤い目は、狂気に満ちていて

腰の辺りから10本の尻尾が生えている

「ふぅー」

アルトは息を吹き出し地面を強くける

約10メートルの距離をその1歩で詰めたアルトは、魔王に右手に持った氷刀で斬りかかる

椅子に座っていた魔王はそれを何処から取り出したのか両刃の剣で受け止め、いつの間にか立ち上がっている

「なっ!」

まさかアルトはこの速さについてこられる事を想定しておらず、僅かな動揺を見せる

「その程度のスピードならば、俺より遅いな」

魔王が突き出した右足をアルトは1歩退いて回避する

だが、その衝撃はすざましく、余波が襲いかかり大きく吹き飛ばされる

空中で回転しバランスを整えたアルトは先ほどより少し近い8メートルの辺りに着地した

「身体強化」

アルトは自身に身体強化魔法を掛ける

「左手」

そう言うと先程とは比べ物にならないスピードで魔王に斬りかかる

恐らくその速さを魔王が捕えることは困難であろう

右手の氷刀をおおきく振りぬく

途端、魔王の左手は宙に浮き、赤い血が飛び散る

「ぐぁぁぁ!」

「右手!」

アルトが少し声を大きくして言うと瞬時に右手が飛び上がる

また赤い血が吹き出る

その血がアルトにかかり、先程まで少し残っていた白の髪の毛は完全に真っ赤に染まり白の面影も無い

「水の癒し」

魔王の両腕の切断面から吹きでる血は止まる

「失血で死なれては困るからな、痛みは残るが血は止まる程度に癒させて貰った」

「くっ……」

魔王は痛みから歯を食いしばり、声が出せない

「次は左足だ!」

先ほどよりも大きい声で言った

これまた直ぐに左足が宙に舞う

だが、赤い血は吹き上がらない。魔王の足は氷刀で斬られて、その能力により断面が凍りついている

「右足」

低く、思う声で呟かれた。

左手に握られた雷刀の刃は赤く濡れ、ポタポタとその剣の先から地面には血が垂れている

雷刀できられた魔王は、雷に痺れ四肢のないその体は不安定に震えている

「こ、ころせぇ……」

最後の力を振り絞り言った魔王の言葉に見向きもせずアルトは致命傷となるが直ぐに死なない腹を突き刺そうと、剣を突き立てる

だが、その刃は届かずアルトはその場から消える



吹き飛ばされた

アルトは頬に鈍器で殴られたような重い痛みを感じる

「僕の餌に手を出さないでほしいねぇ」

魔王の前には自分と同じ程度の歳の頃いや、少し上くらいの男の子が腕を組み、笑みを浮かべて立っていた

だが、顔は笑っているが目は、笑っていない

「お、お前は誰だ!」

剣を杖に立ち上がり、無詠唱で光属性XSランク魔法ー天使の慈愛ーを発動し傷を完全に癒して立った

天使の慈愛とあるが、天使が何かをする訳では無い。そもそも魔法の名前を考えたのは古代の人とされている。

その先人が魔法で癒される光や、効果を勝手に天使の慈愛としているだけだ。

無論、スーリヤもこの魔法を使う

「僕はねぇ、フィダー・カント! 罪神さ!」

「なに?」

目の前の可愛らしい男の子は、自身を罪の神、罪神ざいしんと言う

一体信じられるだろうか

だが、アルトは信じられる

自分が察知しきれなかった攻撃、一撃で自分の骨を粉砕して何メートルも吹き飛ばすその力が、何よりの証拠だと……

「そいつを庇うなら、お前も殺す!」


「転生して最強の力を手にした俺はチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空白

    罪神,ようやく
    アルト,死ぬなよ(死なないと思うけど)

    2
  • レッD

    まさか神殺しの称号がここで……

    3
コメントを書く