転生して最強の力を手にした俺はチートで無双する!!

guju

幼少期㉖

「ほぅ、メリスとファルが……お主はくだらん冗談を言う奴ではなかろう。信じるとしよう」

俺は事の経緯を全て話した。途中、怒りと悲しみで、強く握っていた手が傷ついてしまったので無詠唱でヒールを使い、治しておいた

「ありがとうございます」

一応第1関門は突破だ

陛下の事だから俺の事を酷く疑うことは無いと踏んでいたがまさか疑いすらされなかったことに感謝だ

「それで、なぜお主一人で来た? グランはどうした」

「父様には、何も言わずに来ました……父様は酷く荒れていたので……」

「そうか……お主は大丈夫なのか?」

悲しそうな、心配する感じでこちらを見てきた

「俺は……大丈夫です。魔王国を潰すので」

「な! 魔王国を潰すだと!」

「と言っても反魔王国のヴィス魔王国の方だけです」

ドンッ! と陛下は机を叩く

そして少し激しく言う

「なぜヴィス魔王国のものの仕業だとわかる! その確証がなければ国はお主を擁護出来ぬし、軍を出すことも出来ない。お主1人では勝てないだろう、今は、しばし待て!」

「犯人なら割れていますし、国からの擁護も軍も必要ありません。軍隊なら揃っています!」

陛下の言葉に俺は直ぐに返す

「犯人がわかっている? それに軍があるとは?」

陛下の眉間にしわがよる

「犯人は俺の使い魔、ネメスによって先程判明しました。そして軍は使い魔たちが協力してくれて85000の軍が用意できます」

「使い魔が居るのか? それに「達」とは……」

陛下は驚きの連続に頭を抱えた

「うむ、強いとは分かっていたがな……その使い魔たち、今ここに呼べるか?」

「はい。ネメス、スーリヤ、キウン、出てきて」

空中に黒い穴が開き、そこからみんなが出てくる

今回は召喚ではないので光ったりはしない

「みんな、こちらは国王陛下だ。自己紹介をして」

「はっ! 私は神級悪魔ネメスでございます」

「神級悪魔だと!」

「私は神級天使のスーリヤです」

「我は皇狼のキウンだ」

「神級天使に皇狼様……お主は何者だアルト」

「……」

俺は何も言わなかったいや、言えなかった

この正体は言えない

生きる神や、真の超越者など……

「まぁ、今はいい。侵攻できる軍を持っていることも、理由もわかった……仕方がない。」

「ほんとですか!」

「まだ何も言っとらんわ……うん、フルム魔王国には侵攻理由などを含めた書状を書く。それを持っていけ」

「ありがとうございます!」

俺はホットした

もしかしたら進行を認めないと言われるかもしれなかったのだ

俺は一礼をして、陛下が書いた書状をもって部屋を出た

「はぁ、グラン……お前の息子は動いているぞ。お前はどうする」

アルトが部屋を出たあと、誰もいない部屋に1人、バーズは声を漏らした

書状を貰った俺はネメス達使い魔を連れてフルム魔王国の国境まできていた

魔王国だからといって暗闇に包まれているわけでも、霧が濃いわけでもなく、外側だけ見れば人間が住んでいても何らへんなことはないような場所だ

「そこの人間止まれ!」

恐らく下位であろう歪んだ顔の魔人が走ってきた

顔は人とかけ離れていても、言葉や仕草は同じようだ

「何用だ」

「俺はアルト。フルム魔王国魔王に逢いに来た」

魔人たちは笑った

「馬鹿な人間だ……我らでも会えない魔王様に人間が容易く会えるとでも?」

「会えるさ。国王陛下からの書状を持っている」

俺はボックスから先程もらった書状を取り出した

「な! これは確かに人間国の王国の王家の紋章である」

「これを我々が拝見するのは犯罪に当たる。よってアルト……いや、アルト様をフルム魔王国最上位客人としておもてなしをさせていただく」

そう言うとその場にいた門兵は剣を抜き地面に剣先を付けて膝を立てる

「北の国王国の国王陛下の使者アルト様、ようこそおいで下さいました」

「あぁ、おじゃまする。早速だが魔王の所へ案内してほしい、俺はお前達について行く」

「承りました」

魔王国では自分より身分の上と位置されるものを案内する時は、「自らついてきてください」と言うと、それは不敬になる。

何故なら、上のものが下の物などについて行くことになるからだ

だから、上のものが下のものに「お前について行く」と口にしない限りは、決して案内されない

そんなこんなで俺は、魔王との面会が許された


「転生して最強の力を手にした俺はチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    カインって誰やねん

    0
コメントを書く