転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

幼少期㉔

「き、貴様! その冗談は見逃せんぞ!」

「冗談では御座いません! 事実で……御座います」

しばらくの沈黙が続く

俺が初めて手に入れた暖かい家族

優しい、いつも俺の味方だった母様

少し面倒臭いけど、弟の俺の事を一番に考えてくれてた兄様

「2人が……殺された?」

俺は自然と殺気を放ちながら静かに呟いた

「我々が居ながら……申し訳ございません!」

涙を流しながらフェイは俺たちに土下座を
する

「だれ?」

「へ……」

俺の問いにフェイは間抜けな声を返す

「だから、母様と兄様を殺った奴だよ!」

俺の大きな声にビクッと肩を揺らす使用人達とフェイ

「ま、まだ人物の特定は……」

「ちっ! 役立たずが……」

俺の口振りの変わりように父様含む屋敷の皆が驚いた

「ア、アルトどうした?」

「どういう事です? 父様」

「いや、その口振りは……」

「これが素だよ」

父様は頭を抱える

確かに転生者とは言ったが口調はこれが素と思われていたらしい

愛するものの死、息子の変貌

父様の頭の中はキャパオーバーらしい

「ネメス」

「なんでしょう」

後ろで控えていたネメスは頭を下げる

「命令だ、今回の犯人とそれに携わったもの……1時間以内に調べ上げろ!」

「御意!」

ネメスから魔法の発動が感じられた後、消えた

恐らく転移だろう

「召喚、スーリヤ」

続いてもう1人使い魔のスーリヤを呼び出した

「アルト様、なんでしょう」

片膝をついて現れたスーリヤに、フェイとその部下は驚いた

屋敷の使用人等には存在を教えていたが、騎士団には特に教えていなかった

「ネメスは今動いている、俺の護衛として傍にいろ」

「御意」

頭を下げたスーリヤは、俺の後ろにつく

俺と父様は、一旦休息ということで、それぞれ部屋に戻った

それから数分後

コンコンとノックがされ、ドアが開く

張り詰めていた俺は音に敏感になりすぐに振り向く

「アルト様……大丈夫ですか?」

「あ、あぁミルか……大丈夫……」

「じゃないですよね? さっきから泣きそうな顔をしていますよ」

そう言って俺のそばまでくる

「アルト様、私には甘えても良いのですよ」

「ミ、ミル……母様が、兄様が……」

ぐすんと俺が泣くと、ミルは背中をさすって優しく抱きしめてくれた

「かぁさま……にぃさまぁ……」

俺は数十分泣き続けた

ミルは俺が泣き止むまでずっと傍に居てくれた。

俺は泣き止んで、魔法で目の腫れを治す

直後、ネメスが帰ってきた

「アルト様、ただ今帰りました」

「早かったな。まだ30分しか経ってないぞ……それで?」

「はっ! 今回の犯行はヴィス魔王国の四天王が一人、ユール・ライヒアの犯行です。それを指示したのは現反魔王国魔王アルファードです。」

確か魔国は2つあってヴィスは反魔王派の国だったな

反魔王派の残党達が新たに国を作ったのはもう昔の事だ。昔は組織だったのだが、度重なる人間への襲撃と、魔国から奪い取った戦力の元、反魔王組織は国となっていた

でもなんでそんな国の四天王が?

「ネメス、犯行理由は?」

「……」

「ネメス! 言え」

ネメスは重い口をゆっくりと開いた

「理由は……先日の上級魔人の……報復でございます」

先日といえば……あいつか!

あいつさえ殺さなければ……母様と兄様は

「アルト様! 貴方様のせいではございません」

「ネメス?」

「貴方様の……せいではございません」

俺のせいでない? いや、俺のせいだろう

俺があの時殺さなければ……

俺が……

俺は両手を握り締める。爪が手にくい込んで血が垂れる

「アルト様、血が」

「あ、あぁ悪い……ヒール」

俺の手の怪我は無属性魔法Eのヒールを使って跡形もなく消える

「ネメス、相手の最高戦力は」

「四天王の最上位魔人が4人、十傑の上位魔人がアルト様が1人倒したので9人、その他合わせれば総数5万の兵は存在するかと」

多いな……俺一人で倒せないこともないだろうが周りへの被害と人質を取られることを考えると無理だ。それに俺もタダではすまん

「ネメス、スーリヤ、キウン!」

俺は後ろについていたスーリヤとキウンを呼ぶ

「アルト様、なんでしょう」

「如何しましたアルト様」

スーリヤとキウンは俺の後ろからネメスのいる位置まで移動し膝を立てて頭を下げる

「悪魔軍、天使軍、精霊軍を俺の権限で動かせる軍は幾らある?」

「我が悪魔軍、命とならば、悪魔界の防衛戦力を省いた4万の軍を」

「我ら天使軍、防衛軍を省いた3500の軍を」

「精霊軍は、属性精霊王、最上位、上位、中位の精霊達で、今手の空いているもの1万です」

全軍で行く予定だったが……

総数8万5000……

それに精霊王や最上位精霊、ネメスやスーリヤの四天王まで動くならば

これは明らかにオーバーキルだ








現在アルファポリスにてファンタジー大賞に応募してます

現在60位くらいです。

100位いない目標なので宜しければ投票お願いします!



「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    素が出た時おもちろいぃぃぃ!!!

    0
  • ノベルバユーザー260851

    最後の軍勢の計算間違ってね?

    0
  • 真砂土

    戦争かぁ

    1
  • ノベルバユーザー238997

    蘇生魔法とか使えないの?

    17
  • ノベルバユーザー

    早く続き読みたいです!!

    10
コメントをもっと見る / 書く