転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

幼少期㉓

「う、うわぁぁぁぁぁ!」

グチャ!

「きゃぁあ!」

シュッ!

左手には握りつぶされた男の頭部、右手には血塗れた剣

とても美しいその男は、狂気の笑みを浮かべ、血がベトリとついたその剣を舌で舐めた

「ひゃァァァ! クっハハ……。はぁぅっひゃは!」

真っ暗なある一室に、男の狂った笑い声が響く

そして、首のない死体が2つ

片方は白の服をまとった女性、もう片方は10歳位の子供

バタバタバタと足音がなる

「こっちだ! 奥様のお部屋からだ!」

武装した5人の男が駆け足で向かってきたようだ

男はそれを足音だけで察知することの出来る強者だ

「ふひゃ〜、主には2人だけと言われたが、襲ってきた奴は殺していいとも言われたんだよなぁ……」

バタン!

銀色のフルプレートの鎧に剣を構えた男が勢いよく扉を開ける

ヒュゥゥと窓からカーテンを揺らしながら風邪が吹き込む

男は血なまぐさい臭いに顔を歪めた

「な、何者だ!」

「さぁ? 名乗るとするならば……<デスト>とでも名乗っておきましょう」

男の舐めた態度に騎士達はイライラとした様子で舌打ちをする

「お、おい……そこに転がってるのは」

「ふふ、楽しかったよ」

「クソがァァァァァァァ!」

笑顔でそういう男に騎士が全力で襲いかかる



ーーー辺りは明るくなり小鳥のさえずりが聞こえてくる

部屋で寝ている複数の人にことりが止まる

たが反応はない

ーーーそして

                        首もなかったーーー










一方、アルトは領地に帰るべく父様と馬車に揺られていた

「アルト、お前は前に商売をしたいと言ってたな」

道中で父様が言った

「はい、店を開きたいと思っています」

「ならばその白金貨500枚、全てそっちに当てたらどうだ?」

なんとも嬉しい提案だ

俺はお金を陛下から頂いた時点で父様に半分ほどそちらに回していいか聞く予定だったのだ

それがどうだ、父様からの提案でしかも半分でなく全額使っていいと言われた

とても嬉しいことだ

「い、良いのですか! 是非、是非そうさせて下さい!」

「その金はお前が作った金だからな。やりたい事に全て使うといい」

そう言って俺の頭を撫でた父様のゴツゴツした手にさ何故か俺は嬉しくなった

その後は特にこれといった会話は無く、ゆらゆらと馬車に揺られながら家に向かって進んで行った




その頃、辺境伯地では


「どうなっているんだ! クソ!」

ドンッ! と机を叩く大きな音が、会議室に鳴り響いた

「お、落ち着いてください団長! 」

「こんな時に落ち着けるか!」

団長と呼ばれた男は、落ち着けと言った男の胸ぐらを掴んで叫ぶ

「団長!」

その声に男は手を離す

「団長、貴方がそうなれば俺たちは終わりです……」

「わ、悪かった。」

団長は椅子に腰掛け、頭を抱える

「な、何故なんだ……我々が居ながら何故こうなった、こんなの……閣下に合わせる顔がない」

街中では何人もの衛兵が、昨晩の犯人を見つけるべく、街の見回りをしている

街の外では、いつも以上に街に入る審査が厳しくなり、商人たちが苛立ちを見せている

門兵は何があったか分からないように、その苛立ちを咎める為に苦労している

バタン!

会議室のドアが勢いよく開けられた

「報告! 先程、閣下とアルト様がお帰りになられた。今馬車にてこちらに向かわれている」

その報告を受けて団長は立ち上がる

「よし、この屋敷の警戒レベルを最大限に引きあげ、何としてでも閣下とアルト様には傷一つ付けさせるな!」

「「「はっ!」」」

敬礼をした男達の声には覚悟が見られ、行動にも、緊張が見られる

ブルル!

馬の鼻の音がなり、閣下とアルトの帰宅が分かった

団長たちはすぐさま屋敷の門に向かう









「なんだなんだ、少し騒がしいぞ」

馬車からおりた父様は屋敷の騒がしさに違和感を覚える

俺もだ。街を通っているあいだ、いつもとは比較にならない量の兵たちが見回りをしていた。それに門がいつもより混雑していた

「閣下、アルト様!」

「フェイ、何故お前がここに?」

この領地の騎士隊長のフェイが出迎えることは基本的にはない。

騎士団の最高責任者とも言える彼は、日々仕事に明け暮れているはずだ

「閣下、アルト様。緊急でお話が……
この場でよろしいでしょうか?」

片膝をつき頭を下げるフェイ

「お前がそこまで緊急とな、良いだろう。何があった?」

フェイは頭を上げた

「さ、昨晩の夜、何者かの襲撃により我が兵の特別部隊が全滅」

「何!」

父様は声を荒らげた

俺も驚いている

特別部隊は、一人一人が高戦力を所持している強者の集まりだ

俺と父様がいない間の屋敷の護衛任務を下していた

「それと……」

「なんだ、申せ」

フェイと周りにいた執事やメイド、他の兵士達が涙を流す

「それと……メリス様、ファル様が……」

「メリスとファルがどうした?」

「メリス様とファル様が……その襲撃者の手によって……殺害されました」







「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空白

    アルトの家族がとうとう死んだ⁉️
    もしかして邪神?それとも,罪神?

    1
  • guju

    母と兄

    3
  • レッD

    メリスとファルって誰だっけ?

    3
コメントを書く