転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

幼少期⑲

部屋に戻った俺はお風呂の準備が整うまで少し本を読もうと、この間父様から借りていた本を手に取った。


【世界の十英傑とえいけつ

これはこの世界に伝わる10人の優れた人間の英雄譚のようなものだ。

これはほとんどのものが知っているほど有名な書物で

一部のものは彼らは存在すると

一部のものは彼らは神話の存在だと

そう言う

俺が本を読みたいと父様に言ったら勧められた本だ。

俺は読もうと一ページ目を開いた途端、激しい頭痛に襲われた

「ウゥッ!」

本を閉じ、机に肘をつき頭を抱える

頭がゴーンゴーンと、響くように痛い

そして

プツン……

俺の意識は途絶えた

目を開くとどこか見たことのある景色だった

「ホホホ、やっときたか」

「ぜ、絶対神様!」

「様はよせ、お主はここの誰よりも強い存在なのだから」

そう言って近くにあった椅子に座る

「お主も座れ」

「はい」

俺も椅子に腰掛ける

「して、読んだ理由なんだがな

お主に少し話しておきたい事と別の力を授けようと思ってな」

「力! もうありますよ……後話したい事って?」

力なんてこれ以上いるのかな?

「話はな……私達が捕獲して投獄していた罪神ざいしんが牢から逃げ出してしもうた。

わし以外ここにおらんのも、その時の戦闘での傷を癒すのに時間がかかっておるからなんだ」

かなり深刻そうな顔をして頭を抱えている神に、俺はそれほどのことなのかと思っていた考えを訂正した

因みにだが、罪神とは元は神だったものがその名前を失い、罪を犯した神としてそう呼ばれている。

「で、俺にその罪神とやらを討伐しろって事ですか?」

「そうなるな、だからその為に少し別の力を与えようと思ってな」

「その力とは?」

「魔眼だ」

<魔眼> それは目に宿った様々な力

一つ目

絶望の眼

効果は眼を合わせればそのものが自分より格下である場合に恐怖を抱かせる。

二つ目

魅了の眼

効果は眼を合わせれば格下の相手に自信を主人と認識させ、絶対の服従を誓わせる。

三つ目

予知の眼

3秒先の未来が見える(発動回数は、自身の魔力量に比例する)

四つ目

時の眼

2秒間、相手の動きを止める(発動回数は、自身の魔力量に比例する)

これらの能力を総称して魔眼と呼んでいる。

魔眼をもって生まれる者は少なく、さらにどの能力かは完全に運である。

これらの知識は全て、本で読んだ物だ。

「で、どの魔眼を?」

「全てだ。そもそも魔眼に種類など1つしかないわい

人々が勝手に名前をつけているだけで、魔眼持ちは全ての能力を支える。」

「なら、何故みんな一つなんだ?」

「それは魔力容量が常人では1つ分の能力ほどしか耐えられないのだ。
だがお主は全てに耐えられる。存分に使え」

「ありがとうござ……」

礼を言い終わる前に俺の意識はシャットアウトされた。

毎度毎度俺は思うのだが

意識を飛ばす時は少なくとも一声何かかけてほしい者だと……








アルトが去った後神界では

「今回逃げ出した罪神の力はワシと同等、それより少し上かもしれん。

重荷を押しつけるようだ……って確かあやつ、ワシら全員の力の2倍をもってるんだっけか?」

だとしたら魔眼なんて……

与えてから気づく神は、どこか少し抜けているようだ







俺の意識が戻るとお風呂の用意が終わっていた。

寝ていたと勘違いしていたのであろうミルは俺なブランケットをかけてくれていた

机の上には着替えとメモに

「お風呂のご用意が出来ました。いつでも入れるのでお待ちしてます」

と書いてあった

俺は着替えを持ってキウンを抱いて浴室へ行くのであった









「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー260851

    読んだ理由ではなく、呼んだ理由ではないでしょうか?

    1
コメントを書く