転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

閑話 中学生の狐月湊⑦

翌朝

ピピピ

窓から薄暗い光が差し込む部屋に、アラームが鳴り響いた。

先に起きたのは由理だ

「うぅぅん」

由理は重たい眉をあげながら体を起こす

「んふぅ、湊くん寝てる」

由理はほっぺをぷにぷにしたりツンツンしたりしている。

「湊くん起きて」

由理は俺の耳元で何度も言う。

「湊くん好き」

不意に言われたその言葉に愛しさを感じながら、寝たふりをしていた俺は由理の手を引いて抱きしめる

「きゃっ!」

「俺も好きだよ」

まだ俺が寝ていて聞こえていないと思って言ったのか、聞こえてると分かった由理の顔は真っ赤だった

「おはよう由理」

俺はベッドから出て眠い目をこすりながら言った

「湊くんの意地悪……起きてたならそう言ってよ」

「ごめんって」

俺は由理の頭を撫でおでこにキスをする。

「もぉ」

「ほら、早くしないと遅れるよ」

「もぉってば!」

俺の背中をポコポコ叩く由理を笑いながら部屋を出た。







由理side






今日は湊くんと初のデート

それもずっと行きたかったディズニーランド!

張り切って一日中いる気でいた私は湊に無理言って朝5時30分に起きてすぐに向かう予定だった。

そして朝、ピピピ! と大きな音と共に私は起きた。

目覚ましを止め体を起こし、ふと横を見ると湊くんが眠っていた。

とても整った顔に、無防備な湊くん。

少しいたずらをしたかった私はほっぺを突いたりつまんだりと湊くんを体感していた。

それでも起きない

「湊くん好き」

私は起きない湊くんの耳元でそう囁く

すると湊くんの目が開き私を湊くんが自分の方へと抱き寄せる

「きゃっ!」

私は湊くんの腕の中にすっぽりと収まる

「俺も好きだよ」

え! え! えぇぇぇぇぇ!

起きてたの!

は、はずかしい……

私今絶対顔真っ赤だ

「おはよう由理」

眠そうに目をこすりながら言う

「湊くんの意地悪……起きてたならそう言ってよ」

「ごめんって」

湊くんはそう言って私のおでこにキスをする。

またカァァと顔が赤く、暑くなるのが自分でもわかる

「もぉ」

「早くしないと遅れるよ」

少し意地悪そうな笑顔の顔でそう言った彼の背中を軽く叩きながら私も起きた


由理side end






朝起きた俺たちは、朝ごはんを食べる事なく出かける用意をする

ご飯は行きの新幹線で食べる予定だ

そして、由理が洗面所で顔を洗っているのを確認すると、そっと部屋に戻り俺のリュックを開く

「由理ごめん!」

俺はそう言いながら勝手にクローゼットを開け、下着と靴下と制服のカッターシャツを取り出し、袋に詰める

実は今回の旅行、制服なのだ

理由は俺の着替えがないから……

なんてったって急に決まった事だから仕方がない

なら何で由理の着替えを取ってるかと言うと

由理が風呂から上がるのを待ってる間デートの場所としてディズニーを見ていたらたまたま行けなくなったらしく明日の予約が一部屋いていた。

すぐに予約を取り、泊まれるようにしたと言うわけだ。

だが、この事はまだ由理は知らない。

だから秘密裏に動いている。

俺の服は由理が昨日のうちに洗濯しておいてくれたらしく、乾燥機の中に入っていた。

俺は服を着替える。

シャツは出し、ネクタイを少し緩め、由理のお父さんのワックスを由理から借りて、軽くセットする。

といっても、そんなにガッツりするわけではない。

なので、特に時間がかかる訳でもなく俺の用意は終わる。

俺の用意が終わった頃、由理がメイクをして、髪のセットをして洗面所から戻ってきた。

「ねぇ、由理制服で良いの?」

「制服がいいの! わかってないなぁ、制服ディズニーなんて憧れなんだよ!」

「そっか」

そう言って由理が制服をクローゼットから取り出す

「……」

「……」

「どうしたの由理、着替えないの?」

由理が制服を持って止まっていたため尋ねる

「み、湊くん出てってよ!」

そう言って背中を押され部屋から追い出される

「良いって言うまで入って来ないで!」

「あ、うん」

俺は扉にもたれかかって座った

そして少し考えていた

「由理……昔どっかで会ったことある気がするんだけど……」

誰にも聞こえない小さな声で、俺は呟いた








過去編の更新頻度をどうするかがわからない……

どれくらいで更新していこうかな?




2作ともフォローとグッドしてくれると嬉しいです!

お願いします!






「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く