転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

閑話 中学生の狐月湊⑥

俺は来ていた服を脱いで綺麗にたたむ。そして棚の上に置き、風呂に入る。

いつもと少し勝手の違う風呂に新鮮味を覚えながらも頭を洗う。

シャンプーは由理からしてるシャンプーの匂いのいい匂いだ。

トントン

「湊くん! 着替えとタオル、ここに置いとくね」

由理が着替えを持って来てくれたようだ。

俺は「ありがと」と返事をしてシャンプーを流す。

するとカチャッと音を立てて風呂のドアが開く。

何事かと思い後ろを振り向こうとすると何かで拒まれ、後ろから由理に抱きつかれた。

それも布一つ纏わない姿で……

「ねぇ湊くん、ダメ?」

彼女の誘惑に耐えられるほど俺はできた人間ではない。

俺は由理の顔を引き寄せキスをする。

「はぁ」と肩で息をする由理に整える時間も与えずにまたキスする。

唇を離し、頭を撫でる。

「無理しなくてもいいよ、ゆっくりでもって、もうやってるけどね」

フッと俺が笑うと由理はホッとした顔で笑顔を向ける。

あの時は流れとかがあったから出来たのだろうけど、自分からは恥ずかしいらしい。

その後俺は由理に背中を流して貰って湯船に浸かった。

その横で、由理がお風呂に入る。

目線のやり場に困った俺は、お風呂の「おいだき」と書かれたボタンとただひたすらに睨めっこしていた。

ジャぁぁぁぁぁ

シャワーの音が響く。

2人は無言、でも気まずくない、心地よい無言。

いつのまにか由理は体も洗っていて湯船に浸からずにお風呂を上がろうとした。

椅子から立った由理を引き寄せ、そのまま抱きかかえ、湯船に浸からせる。

勿論俺も

俺が後ろから由理を抱きしめる体制で浸かっている。

「ねぇ由理、明日土曜日だけどさ学校休みじゃん」

「そうだね」

「デートしよっか」

由理の耳は逆上せたのか照れたのか真っ赤に染まり俺の手をギュッと握る

「行く」

その一言が聞こえると顔をこっちに向かせてキスをする。

「よし、じゃあ明日に備えてそろそろ寝るか」

俺は湯船から上がり脱衣場に出る。

「み、湊くんのばかぁ」

聞こえたけど聞こえないフリをする

「なんか言った?」

「な、何も言ってない!」

「そ? あ、ごめんねばかで」

少しからかうと湯船には鼻まで潜りぶくぶくとしながら「ばかぁ」と言う。

それが可愛くて仕方がない。

俺は用意された服を着てリビングに向かう。

「カランカラン」

コップに氷を入れ冷蔵庫にあったお茶を注いで飲む。

するとドライヤーの音が聞こえて着た。

俺は洗面所に行き、由理の手の上からドライヤーを持つ。

「由理、俺がやる」

由理はそっと手を離し、少し恥ずかしそうに俯く。

鏡ごしにわかる、由理の顔の表情と赤さに笑みをこぼし髪の毛を解かしながら乾かす。

ブオォォォ

「ねぇ湊くん、明日どこ行くの?」

「この後2人で決めよ」

「うん! そうする。初めてのデート……。ありがとね」

「うん、こっちこそありがと、俺の彼女になってくれて」

そう言ってドライヤーを止め、頬にキスをするとまた、顔を真っ赤に染めて硬直してる。

「行くよ由理、早くしないと俺寝ちゃうよ」

「ばかぁ、今行く!」

俺はお茶と、氷を入れたコップをもう一つ出して由理を待つ。

「おまたせ! じゃあ、早速決めよ!」

「うん」

俺たちは携帯で色んな場所を調べた

「ここもいいじゃん!」
「あ、ここも!」

「そんなに選んだら俺が破産するよ」

「いいよいいよ、割り勘で」

俺は彼女にキスをする。

「いいの、由理は黙って奢られてて」

顔を真っ赤にして俯く。

「うん、ありがと」

「じゃあ、明日はここに行こっか」

由理が一番見ていたけど言わなかった場所、多分交通費とかお金のことを考えて言わなかったんだろう。

ディズニーランド、俺が開いた携帯のページには、綺麗な花火が上がった画像があった。

「いいの? 破産しない?」

「いいの」

「で、でもぉ」

俺はソファに由理を押し倒す

そのままギュッと抱きついて耳元で囁く

「それ以上言うと食べちゃうよ」

俺は彼女のうなじの部分にキスマークをつける。

「う……わかった」

よくできました、と彼女の頭を撫でて起き上がる。

ディズニーランドに行く事が決まって、2人で一つのベッドで眠った。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254283

    つか名前出して大丈夫??

    1
  • ノベルバユーザー264774

    金持ちめ!

    3
  • 真砂土

    中学生で某ネズランドかよ…金持ちかっ!

    2
  • ノベルバユーザー219214

    閑話が多すぎる
    どんどん本編を読みたい

    1
コメントを書く