転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

中学生の狐月湊⑤

ありがたいことにフォローが70になりました!

タイミングもよく、質問期間を1日伸ばすことができます。質問の回答待ってます!

それでは本編参りましよう!





チャリンチャリン

「キャッ!」

俺は由理を俺の方へ引き寄せた。

直後、「ガッシャャャン!」という音とともに、俺たちにぶつかりかけた自転車がド派手にこけていた。

何があったかというと、学校を出た後由理の家に向かって2人で歩いていると、後ろから猛スピードで自転車が走ってきた。

乗ってたのは男なんだが、スマートフォンを操作しながらの運転だったから、俺たちにぶつかりそうになった。

そこで、俺はすぐに由理を寄せたからぶつからなかったものの、片手運転で、バランスを崩した相手がこけたという事だ。

「由理、大丈夫?」

「うん、だけど……自転車の人が……」

自転車の人は痛そうに腰をさすりながら起き上がり、凄い剣幕で俺たちの方に歩いてくる

「おい、クソガキどもが! 危ねぇだろうがよ、余裕持って避けろや!」

「あぁ、ごめんなさい。」

俺は面倒ごとを避けるために素直に謝った。

それを察したのか由理も頭を下げてくる。

こういう所が良いとこだ。

何素直に謝ってんの? ダッサ! とかいう勘違い野郎より何億倍も良い

それは置いといて、どうやらお兄さんはまだご機嫌ななめなようだ。

「おい、慰謝料払えよクソガキ!」

「ごめんなさい、お金ないです」

「あぁ、なら女、体で払うか?」

そう言って由理の肩に手を置こうとする

俺はすぐにその男の手首が百合に触れる前に掴む

「あの、触れないでいただいて良いですか?」

「あぁ? ならお前が金払ってくれんのかぁ?」

この理不尽な要求に少しずつイライラしてい俺。つい言い返してしまった

「いや、携帯いじりながら運転してぶつかりそうになってこけただけですよ? 自業自得でしょ」

「あぁ? 舐めてんのかクソガキ? あんまり大人舐めない方がいいぜ」

そう言って胸ぐらを掴んでくる。

「離してもらっても?」

「だから舐めんなよって!」

さらに胸ぐらをつかむ手に力がこもる。

俺はその手を掴み、腕を曲がらない方向に曲げながら膝の裏を蹴る

男はバランスを崩してしゃがむ体制になり、腕を俺に捻られ拘束されている状態になった。

「なぁ、これ以上騒いだら警察呼ぶけど?」

「くそッ! 覚えてろ!」

男は全力で走って行く。勿論、サドルの曲がった自分の自転車を持って……

「ありがとう湊君。助かったよ」

「大丈夫だった?」

「うん! さぁ、帰ろ!」

由理は何事も無かったかのように歩き始める。

それから由理と、話しながら家に帰った。

「ただいまぁ」

「お邪魔します」

俺と由理は家に入った。

「まぁ、適当にその辺座っててよ」

由理の家は綺麗で、少し海外を彷彿させる白を基調としたお洒落な家だ。

俺はソファーに腰掛ける。

制服のいつも緩めて着崩しているネクタイを外し、カバンにしまう

「はいどうぞ」

「ありがとう」

由理がお茶を出してくれた。有り難く一口口に含む。

キンキンに冷えた麦茶は暑い夏で温まりきった体を冷やす。

「由良、今日は俺がご飯作ろっか」

「え! 本当? ありがとう。」

「うん、色々使うけどいい?」

「なんでも自由に使って、調味料はそこの棚、フライパンとか包丁はそこね」

丁寧に場所を教えてくれた後、ソファーに座る


「じゃ、テレビ見て待ってる!」

そうあってソファに座る

さて、何作ろっかな

冷蔵庫を開けると牛肉のミンチとじゃが芋、があった。

俺はそれらを取り出し作り始める。

肉とパン粉、微塵切りにした玉ねぎ、その他の調味料を入れて混ぜる。

それと並行して皮を剥いたじゃが芋をホクホクになるまでレンジでチンする。

肉は一口サイズに丸める。

丸め終わった頃にじゃが芋が出来たので、ボールに移し潰していく。

それが終わったら、フライパンに油を敷き、丸めた肉を焦げないように焼く。

別のフライパンにじゃが芋を牛乳、バター、塩胡椒を入れ、混ぜるように焼く。

お次はソース作り、生クリームにコンソメを水で溶いたものと小麦粉、調味料を入れて火にかける。

俺が作っているのはミートボールだ。

どっかの大型の家具とかの店で売っているミートボールを家で作ってみた。勿論、大分前に一度作ったことがあるから、今はレシピを見ていない。

出来上がったものをお皿に盛り付け、炊きたてのご飯をお茶碗に入れる。

ふとテレビの方を見ると、ソファーに横たわって寝ている由理がいた。

「まぁ、疲れたんだろうな。あんだけ泣いてたし」

俺は机に料理とお箸、お茶を置くと由理の方へ向かう

「由理、起きて」

耳元で言うも起きない。

その後もほっぺを突くも起きないのでキスをした。

「んんっ……」

キスをされて呼吸が出来なかった由理が目を覚ます

「み、湊君!」

「おはよ、ご飯できたよ」

「お、おはよ」

顔を真っ赤にしてる由理を見て笑みがこぼれる

「わ、笑わないでよ!」

ぽかぽかと胸を叩く由理の頭を撫でおでこにキスをする。

するとまた顔を赤くする。

「も、もぉ! 湊君のばかぁ」

そう言いながらも抱きついてくる由理を可愛く思う

「由理、そろそろご飯食べよ。冷めちゃうよ」

「うん、いい匂いしてる。美味しそう!」

2人とも席に着き「いただきます」をして食べる。

「う〜ん! 美味しい。」

「そ? よかった」

「本当に美味しいよ! プロみたい」

そんな会話をしながら食べ進め、1時間ほどで食べ終わった。

「ご馳走さま、美味しかった!」

「本当? 良かった。」

「後片付けしとくから先にお風呂はいって来なよ! あ、着替えはお父さんのでいい?下着も未使用のあるから」

「うん、ありがと、じゃあお言葉に甘えて」

こうして俺はお風呂に入った。

この後、物凄いことが起こるなんて知らずに……




「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く