転生貴族の異世界チートハーレム無双

guju

幼少期④

「おいおい、俺達を無視するなんていい度胸だなぁ!」

僕に突っかかるガラの悪い冒険者を受付嬢さんが手を伸ばし、必死に止めようとする

「バッケさん! 新人の、それもこんな子供に突っかからないで下さいよ!」

受付嬢の静止をとめず、バッケとやらは下劣な笑みを浮かべ言う

「俺たちは街を守るCランク冒険者様だぜ? そんな俺たちに歯向かっていいと思ってんのか?」

止める受付嬢を無視して、僕の肩を小突く

アルトはフラフラと後ろに下がり、壁に壁にぶつかる。

テンプレもここまでテンプレ通りだと少し面白みが無いな。等と場違いな事を考えながらヘラヘラとした表情で顔を上げる

「まあまあ、落ち着いてください。そんなに怒るとストレスで禿げますよ?」

アルトは心配そうな目で見る受付嬢を横目にさらに煽る

「って、もう既に禿げてますね。アハハっ!」

バッケはこめかみに血管を浮かべ、顔を真っ赤にすると近くにあった椅子を蹴り飛ばす

「テメェら! この舐めた餓鬼をぶちコロせぇ!」

ポキポキと指を鳴らしながら前へ出てくる取り巻き3人はニヤニヤとしている

「悪いなぁガキ。これもおめぇがいけねぇんだぜ?」

そう言うと、男は大きく右腕を振りかぶり力いっぱいアルトを殴る

「遅い」

俺はそれをひらりと左にかわし、半身の状態になる。

男がバランスを崩し前に躓く。

「糞ガキが、一丁前に避けやがって!」

そう言うと、体制を立て直しこちら側に振り向き、またアルトに拳を向ける……

直前に、アルトが放った回し蹴りが顔面に直撃し、大きく後ろに吹き飛び、机を破壊して壁にぶつかり気を失う

「お、お前、くそがァ!」

ふたりの男が同時に剣を抜き、左右から斬りかかってくる

右から来た剣を手元を蹴って軌道をずらし、左から来た剣を右に避け腹部を殴って気絶させる

切り返してきた右の剣を後ろに反って避け、その勢いで後ろに一回転し、右足で顎を蹴り上げる

その間本の数秒。

2人は気絶していた

ひと段落がつき、本題のバッケを見ると、さらに血管を浮かべ、歯をギシギシと鳴らし怒り狂っていた

「ちっ、くそが……俺を怒らせたな。死を持って償え!」

如何にも雑魚敵が言いそうなセリフを吐いて背中に背負っていた大きな斧を振りかざしてきた。

俺はそれを真正面から右手の親指と人差し指で挟むように受け止める

「分かりましたか? 貴方は……弱いんです」

掴んでいた指に力を入れ、斧を粉々に砕くと、トドメをさそうと、右足で顔を蹴り飛そうとすると……

バタンっ! と二階の部屋のドアが開き、怒声が鳴り響く

「辞めやがれぇ!」

部屋から眼帯を付け、立派な髭を生やした大柄な男が出てくる

「マ、マスター!」

受付嬢がそちらを向き大きな声で叫ぶ

「へぇ、貴方が」

ギルドマスターは2階の柵に手をかけ、飛び降りると、やれやれと言った表情でこちらに向かって歩いてくる

「おいおい、こりゃどういう状況だ?」

目の前には気絶した二人の男、砕けた斧、口からヨダレを垂らし股を濡らしている厳つい男、その男に、回し蹴りを食らわそうとしている5歳くらいの子供

誰だってそのようになるだろう

「マスター、私が説明致します」

「助かる、なら部屋を用意しよう。そこのガキ、お前もこい」

「強制ですか?」

「強制だ」

少し殺気の篭った声が帰ってきたので僕は素直に返事をしついて行くことにした

俺は受付嬢について行き、2階に上がる。その傍ら倒れている男と放心状態のバッケに縄を巻き、拘束している職員。

そっちに目がいっていると、直ぐに部屋に着いた

「ではこちらに」

部屋に入ると、まず目に入ってきたのは山積みの資料で、あたり一面そんな感じだ。

唯一片付いてるのは対面のソファーと机だけだ。

「まぁ、そこらへんに座ってくれ」

ソファーへと腰掛ける。それに続いてギルドマスターも腰掛け、シェルはギルドマスターの後ろで立っている。

「さて、早速本題に入ろうか……、お前、何もんだ?」

「何もんだかなんて酷いですね、普通の5歳児ですよ。」

僕は笑顔で答える。

すると先程より殺気の篭った声で言われた

「そういう話ではない、身元の話だ。見たところさっきの奴もお前がやったんだろ? アイツらを無傷で倒す5歳児なんてそう易々と居るか。」

「まぁ、そうですよね……。仕方ない。

僕はアルト・フォン・クリード、この街の領主の次男です。」

ギルドマスターははっ、と驚いたような顔をするが、すぐに元の顔に戻る。

「ハッハッハ! そうかそうか、それなら安心だな。疑って悪かったな、俺はギルドマスターのリセツナだ。よろしく頼む。」

さっきとは全然違う印象の笑顔で自己紹介をしてくれた。

「はい、よろしくお願いします。」

「ところで、あれはどっちが悪いんだ? 詳しい話は後で聞くとして……」

「あれはですね、先に殴ってきたので自己防衛をしたらああなったんです」

内容を掻い摘んで大雑把に答えた

「シェル、本当か?」

後ろに控えている受付嬢に問う。彼女はシェルという名前らしい

「はい、間違いありません。必要ならば後程真偽の水晶で確かめましょう」

真偽の水晶……初めて聞いたものだな。後で調べよう

「そこまで言うか、なら良かろう。ここは問題を起こして物を壊したり損害を与えたら、悪い方に全額負担してもらうことになってるからな。」

そう言われてホッとした。これから少しは自重しようと心に決めたのであった。

「そうですか、よかったです。」

それから他愛もない話を少しした。

そこではこれから僕の受付はシェルが専属で付くということや、冒険者ランクをDから始められる事、それと簡単な冒険者の説明も受けた。

説明は纏めると

ランクに応じて依頼を受けて成功するとその成功報酬が支払われるが、失敗すると違約金が発生する。

特に受けるランクに指定は無いが基本的には自分の冒険者ランクと、依頼のランクに見合った物を受ける。

そして、現在世界にXランクは1人もいない事などなど……

(ランクなどについては設定をご参照下さい)

どれほど時間が経っただろう、ふと窓を見るとオレンジ色が綺麗な夕焼けだった。

これはマズイ、時間内に帰れない! と思いすぐに部屋を立ち去る。

「ごめんなさい! もう帰らなければならないので! それと、ありがとうございましたシェル」

そう言ってギルドマスターの部屋を出る

すると一斉にこちらに視線が集まる。

「みんな! さっきは騒々しくしてごめんなさい。お詫びと言っては何ですが、これでみなさんで飲んでください! では!」

と言って机の上に金貨1枚を置きギルドを後にした。

そして僕は真っ直ぐ家に帰るのであった。

登録をしていない事に気づいたのは、屋敷に戻ってからだった








「転生貴族の異世界チートハーレム無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    ……登録ぅ!!

    2
  • まいな

    流石に5歳児がギルマス相手に「ふっ、まあいいでしょう」は違和感バリバリ 厨二どころじゃないでしょー

    2
  • guju

    こちらのミスです、すみません。
    修正しました

    2
  • Diva

    「そうですか、そかった」のそかったってわざとですか?わざとならすいません

    4
  • guju

    金貨一枚に修正致しました

    2
コメントをもっと見る / 書く